互助会を途中で解約することはできますか?

互助会は法律上、自由に解約できます。

入会している互助会に加入者本人が連絡をし、解約の手続きを申し出ます。その後、送付される解約書類に記入の上、返送します。最初の連絡時に、解約手数料や返金額について確認しておきましょう。その際の対応が、ご葬儀のときのそれとお考えいただければ、葬儀社を選ぶ一つの基準になります。

私ども「家族葬のファミーユ」も積立制度はないものの、葬儀費用の優待が受けられる会員サービスがあります。登録は無料で行え、退会手続きも一切不要です。もしものときにお役立てください。

覚えておきたい互助会のポイント

積立金は葬儀費用の2~3割が普通
満期まで積み立てても、葬儀費用の全てがまかなえる訳ではありません。
最終的には、総額が積立金の、4~5倍までふくれあがるケースもあります。
また、長期間積み立てても、利息は一切付きません。

積立金は返金可能
互助会を解約すれば、積立金は返金されます。解約時には手数料がかかりますが、金額は法律で定められています。
高額な解約手数料が無効になった判例もあるので、既に契約済みの方も、疑問があればファミーユにご相談ください。

互助会の確約手数料を差し引いても、ファミーユのほうがお得
積立金中の方も、満期になった方も、絶対に互助会で葬儀しなければ行けないというわけではありません。
他の葬儀サービスと比較し、ご自身が納得できる選択をするべきです。
互助会に加入しているかたが、ファミーユを、お選び頂き、加入していた互助会を解約した場合でも
解約手数料を差し引いても、ファミーユのプランを選んだほうが、総額を抑えられるケースが多い為、
その積立金をスライドして、家族葬の代金に充当する事も可能です。

g01_03[1].gif