神道の通夜や告別式はどんなことをするのでしょうか?

神道では通夜を「通夜祭(つやさい)」、その翌日に行う葬儀・告別式を「葬場祭(そうじょうさい)」といいます。儀式の前には「手水の儀(ちょうずのぎ)」を行い、手や口を清めます。

・通夜祭(つやさい)
神職が祭詞(さいし)を奏上(そうじょう)し、仏式の焼香にあたる玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。

・遷霊祭(せんれいさい)
暗闇の中で神職が仏教の位牌にあたる「霊璽(れいじ)」に故人様の御魂を移します(御魂移しの儀)。これにより、故人様の霊は家に留まり、守護神になるとされています。

・葬場祭(そうじょうさい)
祭詞奏上や弔辞・弔電奉読、玉串奉奠などが行われます。

・出棺祭/後祓いの儀(あとばらいのぎ)
出棺祭は本来、夜に松明をかかげて参列を組むものでしたが、近年は省略されつつあります。棺が火葬場に向かったあとは、残った親族や世話役は家の内外を片付け、神職に祓い清めてもらいます。

・火葬祭
棺を炉の前に安置したあと供物などを供え、祭詞奏上や拝礼、玉串奉奠などを行います。骨上げは仏式と同じです。

・埋葬祭
神式では火葬後すぐ遺骨をお墓に埋葬するのが正式ですが、最近では遺骨をいったん自宅へ持ち帰り、亡くなられた日から数えて50日目の五十日祭(忌明け)に納骨することが一般的になっています。

・帰家祭(きかさい)
火葬または埋葬を終えたら自宅に戻り、仏式でいう「還骨法要(かんこつほうよう)」を行います。家に入る前に身を清め、仮祭壇に遺骨と霊璽などを安置します。神職が祭詞を奏上し、一同が玉串奉奠、拝礼をして終了です。

・直会(なおらい)
神職やお世話になった人を慰労するために、食事やお酒をふるまいます。仏式の「精進落とし」にあたる宴です。

ファミーユなら神式のご葬儀実績も豊富です。神式のご葬儀をお考えの方は、ぜひご相談ください。ご相談は、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321もしくはメールフォームで承っております。