一日葬(1日葬)で叶える温かい家族葬

忙しい現代の世相を反映してでしょうか、最近ではお葬式を一日で済ませる一日葬(1日葬)のニーズが増えているようです。ここでは、ワンデーセレモニーともいうお葬式について、当日の流れやデメリットなどをご紹介していきます。

一日葬に必要なものやご葬儀の流れは!?

一日葬は、通常はお通夜から告別式まで2日間でとり行うご葬儀を、通夜式を行わず1日で済ませる形式のお葬式です。
一日葬には、次のようなメリットがあります。
・会葬者の方へのおもてなしにかける時間や、斎場までの移動時間が省略できる
・会葬者の方への接待が少なくてすむので、ご家族の体力的負担が軽減できる
・お通夜の飲食(通夜ぶるまい)や式場の使用料など、経済的な負担も軽減できる
当日の流れは、お通夜や通夜ぶるまいを行わない以外は、 葬儀式・告別式・出棺〜火葬・お骨上げまで、 通常のご葬儀の流れと変わらないことがほとんどです。祭壇や棺、枕飾りなど必要なものも、通常のご葬儀とほぼ同じです。

一日葬のデメリットとは

一日葬には、次のようなデメリットもあります。
・日数が1日省略される分、会葬者の方のスケジュールがとりづらい
・お通夜と違い告別式は日中の場合が多いため、会社勤めの方は参列しにくくなる
・菩提寺がある場合、事前に僧侶に一日葬で行う了承が必要になる
・1日で済ませるため、慌しく過ぎ、悲しみにくれる時間がもてない
特に、多くの会葬者が考えられる場合は、一日葬にするかどうかを早急に決めないほうがよいでしょう。関係者の方々とよく相談してから選択するようにしてください。

家族葬での一日葬が理想的!?

メリットもデメリットもある一日葬。決める際にどのような点を重視したらよいでしょうか。
ご葬儀を1日で済ますとなると、故人様に寄り添う時間も短くなってしまいます。お通夜は近年では一般の方も弔問するようになりましたが、本来はお葬式の前夜に一晩中故人様に付き添い、別れを惜しむ儀式です。お通夜を行わない1日葬では、ご家族と最後に過ごす時間が短くなるので、できるだけ長く故人様との時間を取れるようにしたいものです。
親しい間柄の少人数で行う家族葬であれば、段取りにとらわれることなく、本来のお通夜のようなあたたかいお式が実現できるでしょう。家族葬での一日葬を指名される方はこの点を重視しているとおっしゃいます。

一日葬は比較的新しい形式のご葬儀です。それだけに喪家側の希望も取り入れてもらえる柔軟さがあります。ご家族の負担を減らしつつも、最後に故人様との思い出や感謝をじっくり振り返られるご葬儀にしたいもの。家族葬、一日葬について改めて考えてみてはいかがでしょうか。