覚えておきたい香典袋の正しい書き方を解説

一生のうち葬儀へ参列する機会は限られています。そのため、葬儀でのルールやマナーがわからないという方も多いのではないでしょうか。そのなかのひとつが香典袋の書き方。香典袋の書き方にもさまざまなルールがあってわかりづらいというのが正直なところ。この記事では、香典袋の正しい書き方や注意点をご紹介します。

目次

香典の基本

机に並べられた香典袋

香典袋に記入する内容と、どんな道具を使って書くべきなのかをご紹介します。まず香典袋は黒白、または銀一色の水引のものを選びましょう。二度と不幸が起こらないようにとの意味合いから、香典袋では結びきりの水引が使われています。

香典袋に記入する項目

まず、基本的なこととして香典袋に何を書いたらよいのでしょうか。一般的な香典袋は「外袋」と「中袋」に分かれており、外袋で中袋を包みますが外袋だけでなく中袋にも記入する項目があります。香典袋には以下のような項目を記入してください。

外袋:表書きと名前
中袋(表):香典の金額
中袋(裏):郵便番号と住所、氏名

また、これらの書き方は、故人の宗教や宗派によっての違いや、会社団体のように複数人でまとめて香典を出す場合によっても、外袋や中袋の書き方が変わってきます。

どんなペンを使って書くのがよいか

香典袋に記入する際に使うペンにおいても、何を使っても構わないという訳ではないため注意が必要です。原則、香典袋には薄い墨を使って記入します。わざわざ薄い墨を使用するのには理由があり、「涙によって墨が薄れてしまった」「突然の訃報のため、濃い墨を用意することができなかった」などの、お悔やみの気持ちを表現しています。

最近では、わざわざ薄い墨を使用しなくても薄墨の筆ペンが売られていますので、そちらを使用するのがおすすめです。また、中袋に書く金額や住所、氏名に関しては、受付の人がわかりやすいように、薄い墨ではなく通常の濃い目の筆ペンやインクペンを使用するようにしましょう。訃報というものは突然やってくるものですので、どうしても薄墨のものが用意できなかった場合は、サインペンで記入しても問題ありませんが、黒以外のサインペンやボールペン、鉛筆などは失礼にあたります。

香典袋の正しい書き方

机に並べたれた香典袋とペン

ここでは、香典袋の外袋、中袋の詳しい書き方をご紹介します。故人の宗教による書き方の違いや、香典袋の種類によっても書き方が異なるため、既に香典袋の書き方は知っていると思っている方でも注意が必要です。

表書きの書き方(外袋)

最近の香典袋の中には表書きがあらかじめ印刷されているものが多くあります。悩まずに記入できるため、そういった香典袋を選ぶのがおすすめですが、表書きが印刷されていない香典袋の場合は自分で記入しなければいけません。一般的には「御霊前」「御仏前」という文字を水引の上部に記入します。

仏教の世界では四十九日の法要までは、個人の魂が御霊となってこの世にいらっしゃると考えられているため、通夜や葬儀、告別式では御霊前と書かれることが多くなっています。四十九日を過ぎると故人が成仏したと考えられていることから表書きは御仏前となります。ただしこれらは仏教の場合であって、その他の宗教や宗派によって表書きは変わります。

仏教:御霊前、御仏前
浄土真宗:御仏前
神道:御霊前、御榊料、御玉串料、神饌料
キリスト教:御霊前、御花料、御ミサ料
プロテスタント:御花料、献花料、忌慰料

無宗教や故人が信仰している宗教がわからない場合は「御霊前」と書くのが無難です。ただし、浄土真宗やプロテスタントでは御霊前は使用できませんので注意しましょう。また、キリスト教の場合は水引のないキリスト教専用の香典袋を使用します。

名前の書き方(外袋)

外袋の名前は水引の下部にフルネームで記入します。また、上司などの代理で香典を出すという場合は、上司の名前を書いて、その左下に「代」という文字を付け加えます。夫の代わりに妻が参列する場合は、代ではなく「内」と書きます。職場の同僚などの2、3人で一緒に香典を出す場合は、一番目の人の名前を真ん中に書き、その左側に続けて名前を書きます。一般的には目上の人の名前を真ん中に書きますが、立場の違いがない場合は五十音の場合もあります。ただし、夫婦や親子などの家族で香典を出す場合は夫の名前だけで構いません。四名以上の連名になるとそれぞれの名前を書くのではなく、「〇〇一同」と書きます。その際に会社や部署などのグループで香典を出す場合は「〇〇会社〇〇部一同」のように、会社名やグループ名も記入しましょう。ただし、企業の取引先などにたいして会社として香典を出す場合は、会社名ではなく代表取締役の名前をフルネームで記入し、その右側に小さめの文字で会社名を書きます。

金額の書き方(中袋)

香典袋のなかには中袋や内袋といったお金を入れるための封筒がついているものがほとんどです。その際、中袋の表側にはなかに入れた金額を縦書きで記入します。一般的に香典の金額は「10,000円」や「一万円」のように記入するのではなく、「金壱萬圓」や「金壱萬円」のような旧漢字で記入します。その理由としては簡単に金額を改ざんできないようにといった理由があります。

3,000円の場合:参仟圓、参阡圓
5,000円の場合:伍仟圓、伍阡圓
10,000円の場合:壱萬圓
100,000円の場合:拾萬圓、什萬圓
※圓は円と書いても構いません。

また、香典袋になかには金額を記入する欄が横書き用になっているものもあります。その場合は、普段から使用している算用数字やアラビア数字で記入します。

住所・名前の書き方(中袋)

中袋の裏側には住所、氏名を記入します。基本的には左側に寄せて右から郵便番号、住所、氏名を書きます。また、連名で香典を出す場合、二人までは裏面に書いても構いませんが、三人以上になる場合は別紙にそれぞれの住所氏名を記入し中袋に同封しましょう。また、香典の種類によっては中袋がないものもあります。その場合は香典袋自体の裏側に氏名と住所、氏名、金額を記入することになります。

香典に関するマナー

香典袋とお札五千円

香典には書き方以外にも、さまざまなマナーがあります。せっかく正しく書いた香典袋を用意したのに渡し方などが間違っているとマナー違反となってしまいます。きちんとしたマナーで故人を偲ぶことが大切です。

金額の相場

香典の金額は故人との関係によって変わりますが、一般的には、親族は一万円から十万円、知人や会社などの同僚の場合は五千円から一万円ほどと言われています。また、二枚や六枚、八枚などの偶数や四枚、九枚などは縁起が悪いとされていますので、それ以外の金額を香典に包むようにしましょう。

香典袋の折り方

お金を入れた中袋やお金そのものを香典袋で包む際、「悲しみを流す」という意味で袋の折り返しの上側が表(上)になるように重ねます。また、中のお札は人物の顔が裏向き、下部になるように入れましょう。お悔やみの際に新札を入れると、いかにもこのために用意していたと思われるということから新札は避けるという風習がありましたが、最近はそこまで気にしなくても構いません。どうしても新札が気になるという方は、一旦折り目を付けてから入れるとよいでしょう。香典をふくさで包む場合は、ふくさを菱型になるように角を上下にして広げ、その中央に香典を表向きに乗せます。それを右、下、上の順にたたみ、最後に左側を折って端を裏側に回して完成です。

香典の渡し方

香典を渡すタイミングは、通夜や葬式に参列した時になります。地域の風習などによってどちらかに決まっている場合もありますが、一般的にはどちらで渡しても構いません。ただし、2回以上渡すことは「不幸が重なる」という意味合いからマナー違反とされていますので注意しましょう。香典を渡す際は「この度は 誠にご愁傷様でございました」や「この度は お悔やみ申し上げます」などのお悔やみの言葉を添えて渡します。香典袋の向きは、相手に文字が読めるようにして係の人に渡してください。

マナーに沿った香典袋の書き方で故人を偲ぶ

机に置かれた香典袋と白い花

葬儀に参列する際には、ご遺族の方に余計な負担をかけないためにも最低限のマナーは守りたいものです。そのためには、香典も正しい書き方で準備をすることが大切です。