お通夜に持参する香典袋の書き方は?「御霊前」と「御仏前」の違い

お葬式のマナー・基礎知識
お通夜に持参する香典袋の書き方は?「御霊前」と「御仏前」の違い
「香典(こうでん)」は元来、仏前に香(線香)をお供えするというものでした。現代では香の代わりに金銭をお渡しするようになりましたが、これは喪家の急な出費を互いに助け合う相互扶助の考えから来ています。
香典は不祝儀袋に包むものですが、宗派によって種類が異なる場合があります。突然の訃報に際して失礼のないように、基本的なマナーをいま一度、確認しておきましょう。

宗教で変わる香典袋の種類と表書き。お通夜ではどの表記が適切?

香典袋と一口にいっても、「御霊前(ごれいぜん)」「御仏前(ごぶつぜん)」など表書きもさまざまで、どれを選べばよいか悩んだ経験もあるのではないでしょうか。ここでは、香典袋の表書きの書き方と、その注意点についてご紹介します。

一般的仏教のお通夜では「御霊前」

香典袋の表書きのなかで、最も多く見られるのが「御霊前」もしくは「御仏前」でしょう。仏教では、人は亡くなると「霊」として存在し、亡くなってから49日目に成仏して「仏」になると考えられています。そのため、お通夜や告別式で持参する場合は、「御霊前」を使用するのが一般的です。そして、49日の法要を過ぎてからは、「御仏前」を用いることで明確に使い分けます。

香典袋の外包みは白無地が基本ですが、蓮の花の印刷や透かし柄が入ったものもあります。蓮の花模様の不祝儀袋は仏式専用ですので、他の宗教では使わないように気をつけましょう。

浄土真宗などはお通夜・告別式から「御仏前」

「御霊前」は、ほとんどの宗教・宗派で共通して使える表書きです。ただし、「浄土真宗」や「真宗大谷派」といったいわゆる「真宗系」の宗派の場合には、お通夜や告別式の段階でも「御仏前」を使います。

喪家側が仏教というのは分かっていて、宗派までは把握していない場合は「御香典(おこうでん)」を用いることが多いでしょう。「御香典」とは「お香の代わりにお供えするもの」という意味なので、仏式の葬儀であれば宗派を問わず使えます。

キリスト教は「御花料(おはなりょう)」神式は「玉串料(たまぐしりょう)」 

キリスト教のなかでもプロテスタントでは「御霊前」を使うと失礼にあたることも。キリスト教葬では宗派に限らず「御花料」が基本的な表書きですが、カトリックでは「御ミサ料」も使用します。
外包みは白無地の封筒、または十字架か白百合が印刷されたものを用意しましょう。これはカトリック・プロテスタントどちらにも使えます。

一方、神式では「玉串料」「御榊料(おさかきりょう)」となりますが、「御霊前」でもマナー違反にはあたりません。神式の場合、外包みは白無地を使います。
また、最近増えている無宗教式のお葬式で香典を持参する場合も「御霊前」で通じるでしょう。

表書きだけでなく香典袋の水引(みずひき)の意味・色の選び方を知ろう

香典袋について、表書き以外にも押さえておきたいマナーが「水引」です。ここでは水引の形状や色について、宗教ごとにご紹介します。

水引の意味

香典袋の特徴として挙げられるのが「水引」です。お悔やみごとでは、「二度と繰り返すことのないように」と固く結ばれた「結び切り」を使います。

仏式・神式では共通して黒白あるいは双銀(銀一色)の水引となりますが、神式では双白(白一色)も一般的です。黄白の水引は仏式での法事のほか、関西の一部地域で用いられる場合があります。
キリスト教では水引は不要なので、気をつけましょう。

水引の色の選び方

香典袋の水引は、袋に印刷されている簡易的なものから、銀色の豪華なものまでさまざま。どんなものを選べばよいか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

水引の色は香典の金額によって異なる場合もあります。一般的に、5,000円程度までなら印刷されたもの、10,000円以上なら実際に水引が付いたものを使用します。

双銀は目安として30,000円以上の場合、それ以下では黒白が一般的です。

香典袋は外包みに氏名、中包みに金額を。書き方と注意点

表書きは外包みに印刷されていますが、その下には自筆で名前を書く必要があります。外包みの名前の書き方や、中包みの金額の書き方、その他のマナーもご紹介します。

外包みには薄墨の筆書きで氏名を書く

場所は、水引のちょうど真下あたり、筆書きや筆ペンでフルネームを記載します。薄墨色で書くのが正式な形で、涙で文字がにじむことに由来しているという説も。ただし、薄墨が用意できない場合は、普通の筆ペンでも許容範囲内です。

会社関連で社名を添えるときは、まず名前を中央、つまり水引の真下に書き、その右に小さく社名を記します。会社やグループなど複数人で連名にする場合は、右から目上の人間の名前が来るように書いていきましょう。上位、下位の区別がない間柄の場合は五十音順での記入でかまいません。また、4名以上の場合は、代表者の名前のみを書いてその左下に小さく「外一同」と加えます。

中包みには金額と住所・氏名を読みやすく書く

お札を入れる中包み(中袋)には表に金額を、裏に住所と氏名をはっきり分かるように書きましょう。筆記具は筆を使うのが正式ですが、黒インクであればペンなどでもよいでしょう。故人と親しくしていたとしても、ご遺族には分からないこともあります。住所や氏名は省略せず、郵便番号まで書いておきましょう。

金額は「金○萬圓也」のように漢数字で記入します。最近は算用数字で書く人も増えましたが、正式には「壱、参、伍、仟、萬」など、漢数字を使うものとされています。

お通夜に持参する香典の金額を決めるときの注意点

香典の金額に「4」「9」はタブーです。割り切れるという言葉が「縁を切る」という意味を連想させるため、偶数も避けるのが一般的です。ただし、2,000円、20,000円は例外とされます。

もし金額で迷った場合は多めに包むと後悔がありません。仮に、金額が少なかったと後で気づいた場合、追加してお渡しするのは「不幸を繰り返す」ことを連想させてしまい、マナー違反になるからです。

香典の相場は故人との関係性によって変わる

一般的な香典の相場は、親の場合50,000円~100,000円、兄弟は30,000円~50,000円、それ以外の親戚は10,000円といわれています。

友人や会社関係だと、5,000円が相場とされることが多いようですが、日頃の付き合いなどを考慮して決めるのがよいでしょう。

お札の入れ方と新札しかない場合の対処法

香典袋に入れるお札は、基本的には新札以外を使用します。ただし、だからといって皺がよりすぎているのも失礼にあたるので、なるべく綺麗な物を選びましょう。
まっさらなお札しかない場合は、真ん中に折り目を入れるなどして配慮します。お札は、表書きに対して、人物が描かれた面が裏になるように揃えて人物を下向きにして入れましょう。これには「顔を伏せる」という意味があります。

中包み(中袋)を入れたら裏側は先に下を折り、上側をかぶせましょう。慶事とは逆になるので注意が必要です。その後、水引をかけ、弔事用のふくさなどに包んで持って行きます。

香典はふくさに包んでお通夜に参列。選び方とマナーを知ろう

香典はふくさに包むのが参列のマナーです。ふくさの色や参列時のマナーについてご紹介します。

ふくさの種類と選び方

弔事用のふくさは紺やグレーなど地味な色が無難ですが、とっさに準備するのは難しいため前もって用意しておく必要があります。紫色なら、弔事・慶事両方で使用できるので一つ持っておくと便利です。

また、ふくさには色々な形式があります。香典袋を入れやすくしてある「金封ふくさ」、ふろしき状の布に爪のついた「爪付きふくさ」、内側に台の付いた「台付きふくさ」などがその一例です。急なことでふくさが用意できない場合は、紺やグレーの小さな風呂敷か、白いハンカチでも代用が可能です。

参列時のマナーは?

お通夜の受付では、「この度はご愁傷様でした」とお悔やみの言葉を述べてから、香典袋をふくさから取り出し、表書きが相手から読める方向で両手を使って渡します。

香典を辞退されている場合は、故人の意思を尊重しましょう。

お通夜では香典袋のマナーを押さえて気持ちを伝えよう

宗教や宗派によってさまざまな違いがあるお香典のマナー。ご遺族の気持ちに配慮する意味でも、基本的なマナーは確認しておきたいところです。また、思い立ったときに不祝儀袋やふくさなどを一通り用意しておけば、いざという時に慌てずにすむはずです。