仏壇はどう処分すべき?処分の基礎知識や処分方法を徹底解説

法事・法要
仏壇はどう処分すべき?処分の基礎知識や処分方法を徹底解説
墓じまいや仏壇の買い替えなどをおこなう場合、現在家にある仏壇を処分することが考えられます。しかし、実際仏壇の処分に際し、どのような手順で処分すべきなのか、具体的な方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、仏壇処分をする際の基礎知識や、処分の方法などについて詳しく解説します。

仏壇処分の基礎知識

まずは仏壇処分に関する基本的な事項を紹介します。仏壇処分を検討する際、必ずチェックしておきたい事柄なので、はじめに確認しておきましょう。

仏壇を処分するタイミング

仏壇を処分するタイミングはさまざまです。例えばお墓の世話ができる人がいなくなり、墓じまいと一緒に処分をする場合があります。また、家を引っ越すときや取り壊すときのタイミングにあわせて仏壇を処分する人もいます。新しく仏壇を買い替えるのにともなって、古い仏壇を処分することもあるでしょう。

仏壇は「設置していた場所の住環境が変化する」、あるいは、「新しい仏壇を設置する」際に、処分を検討することが多いようです。

仏壇処分の相場

仏壇処分にかかる費用は、処分方法によって大きく異なります。例えば、菩提寺に依頼し処分してもらう場合は基本的に有料になりますが、具体的な費用は宗派や依頼するお寺によって異なります。お布施という形で、おおよそ10,000~50,000円が相場といわれていますが、「お気持ちで」としているお寺もあるため、直接相談するのも良いでしょう。

仏具店に依頼する場合の費用相場は20,000~80,000円ほどが一般的。ただし、仏具店に仏壇を運搬してもらうなら、仏壇の大きさや運搬にかかる距離などにより、送料部分の変動もあります。

粗大ごみとして処分する場合は、自治体の定める粗大ごみ処理手数料を支払うことになります。手数料の相場は500~2,000円ほどです。処分するもののサイズで手数料が変わるため、仏壇のサイズによって料金も変わります。

開眼供養・閉眼供養

仏壇を処分する際、忘れてはいけないのが「閉眼供養(へいげんくよう・へいがんくよう)」です。仏壇に魂を宿すことを「開眼供養(かいげんくよう・かいがんくよう)」といいますが、魂が入ったままの状態で仏壇を処分することは避けなければなりません。そこで必要になるのが、魂を抜くための閉眼供養です。菩提寺に依頼するほか、仏壇の処分を請け負う業者で閉眼供養の手配をしてくれる場合もあるので、処分の依頼先に確認してみると良いでしょう。
魂は目には見えないものですが、ご先祖様への感謝の気持ちを込めてしっかり供養をおこなうべきです。

仏壇を処分する方法

ここでは具体的な仏壇の処分方法を解説していきます。それぞれの処分方法にメリット・デメリットがあるので、しっかり押さえておきましょう。

菩提寺・仏具店に依頼する

主な処分方法としては菩提寺・仏具店に依頼するという流れがあります。中でも菩提寺に依頼する方法は最もポピュラーです。メリットは、日頃法要など供養に関する依頼をしているお寺なので頼みやすく、一緒に新しい仏壇に関する相談もできます。デメリットとしては、檀家として、さまざまなお付き合いをしなければならない点があげられます。

仏具店に処分を依頼するメリットは、処分に関する段取りが明確で、テキパキと処分してもらえることがあげられます。また、運搬をお願いすれば自分で仏壇を運ばなくても良いので手間がかかりません。新しい仏壇を購入すると、一緒に割引きサービスなどをしてもらえることもあるので、費用をお得にできるケースも多いでしょう。ただし、新しい仏壇を購入せず古い仏壇の処分だけとなるとなかなか依頼しづらい点や、費用が少し高額な傾向にあることはデメリットといえます。

買取業者に引き取ってもらう

仏壇を買取業者に引き取ってもらうという処分方法もあります。その場合は、買取業者に連絡し査定を依頼します。店舗に直接持ち込むほか、出張買取をおこなっている業者なら自宅まで来てその場で査定してもらえることもあります。査定金額が納得できるものであれば、受け渡しの手続きをして買取金額を受け取り、仏壇を引き取ってもらいます。

メリットとしては、買取金額が手元に入ってくる点でしょう。希少な素材が使われていたり、精巧な細工が施されていたり、美術品としての価値も高いものであれば、高額で買い取ってもらえる可能性もあります。ただし、希望の金額で買い取ってもらえない場合や、運搬費や人件費が買取価格を上回る場合もあるので注意しましょう。

自分で不用品回収や粗大ごみに出す

自分で不用品回収に出す場合は、不用品回収業者に連絡し、日程調整をした上で回収してもらいます。メリットは、自宅まで来て引き取ってもらえるので、自分で運ばなくて済むという点です。デメリットとしては、仏壇のサイズや地域によって処分にかかる料金の幅が大きいため、安く抑えるためにはさまざまな業者を確認しなければならない点が挙げられます。

粗大ごみとして処分する方法のメリットは、ほかの方法に比べて費用が抑えられるという点です。また、粗大ごみの回収依頼は電話1本で済む場合が多く、回収方法も指定の場所に回収物を出しておくだけなので非常に簡単です。ただし、閉眼供養を済ませていても仏壇をごみに出すという行為を避けたいという人も多く、親族からあまりよく思われない可能性があるため、その点はデメリットといえるでしょう。

仏壇の処分に関する注意点

最後に、仏壇の処分に関して注意すべきポイントを紹介します。大きなトラブルに繋がる場合もあるため、忘れずチェックしておきましょう。

粗末に扱わない

仏壇はこれまでご先祖様を祀ってきたものです。例え閉眼供養を行い、魂を抜いた後であったとしても、ご先祖様の魂が長らく入っていたものを、粗末に扱うことは大変失礼な行為にあたります。処分の最後まで心を込めて丁寧に扱うことは大事なマナーです。

引き出しなどの中身をチェックする

仏壇には引き出しや小物入れなど、収納できるスペースがついていることがよくあります。そしてこのような収納スペースには、小物が残っている場合があります。数珠や経典、古い位牌、遺影など、仏具に関する小物入れとしてや、あるいは通帳や印鑑などの保管場所として使われている場合もあります。

普段なかなか開ける機会がないため、入れた本人もすっかり忘れてしまっていることが多いでしょう。そのまま処分してしまわないよう、必ず中を確認するようにしてください。

宗教ごとにルールがある場合は従う

仏壇は宗教ごとに処分のルールが決められている場合もあります。例えば、浄土真宗では、仏壇に関してはほかの宗派と同じ処分方法ですが、位牌に関しては異なります。ほとんどの宗派で、仏壇の処分時、位牌も同じく魂抜きの供養をします。浄土真宗は位牌に魂は宿っていないと考えるため供養をしない、また、位牌を必要としないので元々ないというケースもあります。

このように、処分の仕方ひとつでも、宗派による違いがあります。わからない場合は菩提寺などに処分の流れやルールを確認した方が確実です。

正しい知識と最適な方法で仏壇を処分しよう

仏壇の処分は必要な手続きをとり、正しい手順でおこなうことが大切です。また、さまざまな処分方法があるため、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。また、家族の意向も加味し、最適な処分方法をみつける必要があります。どのような方法で処分するのか、じっくりと検討してみてください。