通夜振る舞いのマナー

通夜振る舞いとはお通夜が終わったあとに、喪家が僧侶や弔問客を別室に招き、お酒や料理を振る舞うことです。参列者の立場ですとお通夜の場で声をかけられ、そのままごちそうになるというイメージをお持ちかもしれません。ただ、通夜振る舞いには、意味があります。今回は喪家・参列者それぞれの目線でご紹介します。

通夜振る舞いの意味とは? 最近の傾向もチェック!

通夜振る舞いは、単に食事をすることではなく、僧侶や弔問客に感謝の意を伝え、皆で思い出を語るなどして故人様を偲ぶための場です。かつてのお通夜は故人様を夜通し見守るもので、宴も区切りがなく続きましたが、近年では会葬者の都合を考えて1~2時間ほどで切り上げるようになりました。自宅葬が少なくなり、葬議場などで行なわれるようになったのも理由の一つでしょう。
また、通夜振る舞いに出される食事の内容にも変化が見られます。忌明けまで肉や魚を避ける仏式では、通夜振る舞いでも精進料理がメインでしたが、今では鯛や海老などの祝膳の食材を避ける程度となっており、大勢で簡単につまめるサンドイッチやお寿司など大皿料理が一般的です。加えてお清めの意味で、ビールや日本酒などのお酒も用意されます。
仏式だけでなく、神式でも「直会(なおらい)」と呼ばれるおもてなしの場があり、キリスト教では「茶話会(さわかい)」という形でお酒は慎みつつも故人様を偲ぶ場が用意されることがあります。
そのほか地域の慣習によるところもありながら、事情によってはお茶菓子の持ち帰りのみで通夜振る舞いの代わりとするケースも少なくありません。

喪主側が知っておきたい通夜振る舞いの流れとポイント

通夜振る舞いの席へは、喪主からお通夜終了の挨拶でお誘いします。挨拶の内容は、お通夜への参列と生前のご厚情に対するお礼から始まり、「別室にてささやかな酒肴を用意しましたので、故人の思い出話とともにお召し上がりください」と通夜振る舞いのお誘いを、最後に告別式の案内という構成です。
お通夜のあとすぐに酒席へ移動する場合もありますが、喪主や世話役は僧侶とご葬儀の打ち合わせをするのが一般的です。その際、改めて僧侶に通夜振る舞いへとお誘いし、上座へご案内します。もし辞退されたら「御膳料」として5千~1万円程度を包み、お車代と共にお渡ししましょう。
通夜振る舞いの席では、関係者は末席に座り、僧侶や参列者にあいさつ回りをしながらもてなします。頃合を見て、再度お礼を述べつつ「お話はつきませんが、この辺りでお開きにさせていただきたいと存じます。本日は誠にありがとうございました。」といった挨拶で閉会となります。
通夜振る舞いの飲食は葬儀社に手配してもらうのがほとんどですが、ある程度人数を想定して依頼する必要があります。参列者数が明確でない場合は、確定している人数分か、若干プラスした大皿料理にしてもらうと、多少増減があってもご葬儀費用に大きく影響することはないでしょう。

通夜振る舞いに参加するときのマナーって!?

通夜振る舞いは供養の一つですのでお誘いを受けたら、一口でもよいので箸をつけるのがマナーといえるでしょう。途中で退席する場合は、「お先に失礼します」と声をかけてから失礼します。ご家族やご親族に声をかける際は、くれぐれも忌み言葉を使わないように気をつけましょう。具体的には「死亡」「ご存命中」などのストレートな表現や、「重ね重ね」「度々」などの重ね言葉などです。臨終のときの様子や、どこで亡くなったか、なぜ亡くなったのかなどを詳しく聞くのも失礼にあたります。
また、通夜振る舞いはご家族に故人様のことや思い出を語ってもらったり、職場や趣味の場での故人様について話したりして過ごすものです。故人様に関係のない話は控えましょう。そしてお酒はほどほどに、故人様を偲ぶ場としてわきまえることが大切です。

通夜振る舞いに故人様がお好きだった料理を含めると、故人様の思い出話で場が盛り上がりやすいでしょう。ファミーユでは通夜振る舞いの内容も、ご家族のご意向に沿った形でご提供します。通夜振る舞いや精進落としの費用を含むプランもございますので、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。詳しい資料(無料)もご用意しております。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ