左手が基本? いまさら聞けない数珠の持ち方・使い方

数珠は念珠ともいい、お葬式や法要に欠かせない仏具の一つです。お守りのようにとらえて大切に持っている方もいらっしゃいますが、果たしてキリスト教や神式のご葬儀に持参してもよいものでしょうか? 今回は、数珠の意味や正しい使い方についてご紹介します。

僧侶が念仏を唱えるときの必需品・数珠

数珠は元来、お坊さんがお経を唱える際に何回唱えたかを数える目的で使われていました。仏教伝来とともに日本に伝わり、基本的に仏教以外では使われないものです。キリスト教や神道の儀式ではお経も唱えませんし、数珠は不要です。
参列するご葬儀が仏式であれば、数珠を持参しましょう。宗派によって種類も異なってきますが、ご自身の宗派のものでかまいません。ただ、参列者自身がクリスチャンであるなど、宗教上の関係で数珠を持ち合わせていなければ、持参する必要はないでしょう。気持ちを込めて手と手を合わせることで、故人様やご家族にも弔意は十分伝わるはずです。

ほとんどの宗派で使える数珠とは

正式な数珠とは、108の主玉(おもだま)をつないだものです。人間の煩悩の数である108の一つひとつが煩悩を引き受けてくれる仏様であり、身につけることで功徳を得るという意味があります。
数珠.png宗派によっても数珠の種類は異なるもので、浄土宗や浄土真宗などのように108という玉数ではない宗派もあります。浄土宗の場合は、数の違う2連の輪違いになっている数珠を使います。1連には玉が27個付いており、もう1連には20個もしくは40個の玉が連なっています。一方、浄土真宗では数が決まっておらず、蓮如結びといって数取りができないような結び方が特徴的です。
玉の数は108個でも、天台宗では平たい形の玉が使われたり、真言宗では振り分け数珠だったりと宗派によってさまざまな特色があるものです。
また、本式数珠に対して珠数が少ない略式数珠(片手数珠)もあります(写真1参照)。一連で持ちやすく、ほとんどの宗派で使えるため、初めて購入する方にも適しています。

数珠の持ち方をマスターしよう

合掌.png数珠の持ち方も宗派によって異なるものの、共通する基本的なマナーはあるものです。
まず数珠を使わないときは、房を下にして左手で持つようにします。長い数珠の場合は二連にしましょう。合掌の際は、親指と人差し指の間にかけて両手を合わせます。この場合も数珠の房が下に向くようにするのが基本です(写真2参照)。長い数珠は、両手の中指にかけて手の平ですり合わせて合掌します。八の字にねじるとかけやすいでしょう。房は中指の外側に出るようにします。
数珠は肌身離さず持つものですが、バッグに入れて持ち歩くときには直にしまわず、数珠袋(念珠入れ)に入れましょう。数珠を購入する際、セットで揃えておくことをおすすめします。

数珠は持ち主の身を守る存在といわれます。そのため、一人ひとり専用の数珠を持っておきたいものです。数珠は仏具店で購入できます。ご自身の宗派を伝えれば、各宗派に合った数珠を選んでくれるでしょう。仏具のご相談も家族葬のファミーユまでお気軽にどうぞ。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321またはメールでのお問い合わせはこちらのフォームから承ります。