香典返しのマナーとは。贈るタイミングや品物選びのポイント

法事・法要
香典返しのマナーとは。贈るタイミングや品物選びのポイント
香典返しは、いつ・どのように行えばよいのでしょうか。基礎知識や贈るタイミングなど、香典返しを渡すうえで欠かせないマナー・ポイントを紹介します。また、香典返しの品物はどんなものでもよいというわけではありません。香典返しの適切な選び方についてもあわせて確認しておきましょう。

香典返しとは

香典返しとは何のために贈るのでしょうか。香典返しを贈る意味、さらには贈るタイミングもあわせてご紹介します。

香典返しの意味

香典返しとは、お通夜や葬儀で頂いた香典への「お返し」です。現金をいただく香典とは異なり、適切な品物を選んで先方に贈ります。

葬儀がつつがなく終わったことのお知らせと先方へのお礼を兼ねているため、品物は失礼のないよう選ばねばなりません。

香典返しを送る時期

仏教の場合、香典返しは四十九日の法要が終わった頃に贈ります。

四十九日の法要とは、「最後の審判を受ける故人が、極楽浄土へ旅立てるように」との祈りを込めて行われる儀式のこと。これが終われば故人は現世から旅立ち、遺族は「忌明け」となります。

遺族は一連の葬儀が終わったことを伝えるとともに、賜った厚意に感謝して香典返しを贈るのが習わしです。

四十九日の法要後は速やかに贈る手配をして構いませんが、香典返しは「不祝儀(ぶしゅうぎ)」に当たることには注意しておきましょう。贈る際は、年始やお祝い事に重ならないようにしなければなりません。

宗教や宗派による違いに注意

香典返しは、宗教や宗派に合わせて贈る時期を考える必要があります。

例えば、神道なら命日から50日目の「50日祭」後に贈るのがマナーです。一方、キリスト教の場合は、カトリックなら「追悼ミサ」から1カ月以内、プロテスタントなら「召天記念日」から1カ月以内に贈るようにしましょう。

故人の信仰により香典返しの時期も異なるため、きちんと確認しておくことが大切です。

香典返しの贈り方

香典返しを贈る際、挨拶状の書き方と掛け紙に注意が必要です。

また、近年は、「当日返し」として香典返しを贈るケースも増えています。こちらを選択する人は通常の香典返しとは異なるマナーがあるので、贈り方には注意が必要です。

香典返しには挨拶状を添えて

香典返しには、挨拶状を添えるのがマナーです。

一連の儀式が滞りなく終わったこと、賜ったご厚意への感謝など伝えましょう。家族葬などで葬儀案内を送らなかった場合は、欠礼についてのお詫びも必要です。

また、挨拶状を送る際は、次のような挨拶マナーを守らねばなりません。

・季語の挨拶、頭語・結語を使わない(または両方とも入れる)
・句読点を使わない

このうち、特に注意したいのが句読点。句読点は「文章が途切れる=葬儀や法事が滞る」と考えられます。「読み手に失礼」ともいわれるので、挨拶状では避けるのが一般的です。

熨斗(のし)は不要

香典返しには、「掛け紙」を使用するため、熨斗は不要です。

熨斗とは、水引の上に配置された「熨斗鮑(のしあわび)」のこと。慶事の際に添える、縁起物です。不祝儀である香典返しに熨斗を付けるのは、不適切といえます。

香典返しには熨斗のついていない「掛け紙」を使用するのがマナーです。掛け紙とは、熨斗がなく水引だけが印刷された紙のこと。赤ではなく黒の水引で、弔事であることを表わします。

当日返しの方法

近年は香典返しの負担から、お通夜や葬儀の時点で香典返しをする人も増えています。ただし、誰からどれほどの香典をいただいたのか確認できないため、すべての人に同じ品物に揃えるのが一般的です。

当日返しのメリットは、手渡しによって配送料や配送の手間がかからないこと。遠方の人が多ければ配送料がかさむうえ、住所を記入する手間もかかります。このような負担が一切無い当日返しは、忙しい遺族にとっては有益なものでしょう。

ただし、高額な香典を頂いた場合は、先方に改めて香典返しを贈らねばなりません。特に急ぐ必要はありませんが、通常の香典返しと同様に忌明けには贈るようにしましょう。

香典返しの品物の選び方とは

香典返しとして贈る品物は、どんなものでもよいというわけではありません。金額や品物の選び方にもマナーがあるので、きちんと確認しておきましょう。

香典返しの相場

香典返しでは、頂いた香典の半額程度、「半返し」が妥当といわれます。10,000円の香典をくださった人には、5,000円程度の品物をお返ししてください。

香典の金額は人それぞれなので、大体のグループに分けます。このとき厳密に半額にこだわる必要はなく、同グループ内なら一律で同じ物を贈ってもかまいません。

また、故人と親密な人のなかには、数万~数十万円もの高額な香典をくださる人もいるのではないでしょうか。さらに、入院時にお見舞いをいただいたり、香典と同時にお花(供花)をいただくこともあるでしょう。

このような場合には、半返しではお互いに負担が大きくなります。高額な香典に対しては半返しせず、1/3~1/4程度の品物をお返しすれば問題ありません。ただし、先方には丁寧にお礼を述べ、感謝の気持ちを伝えてください。

香典返しにおすすめの品

古来からの習慣で、香典返しには「消え物」がよいとされます。これは不祝儀をあとに残さない、という考えがあるため。海苔やコーヒー、お茶などを選べば無難な香典返しとなるでしょう。

ただし、消え物で注意したいのが消費期限です。チェックを忘れると相手に消費を急がせるため、期限まで1~2カ月程度余裕のある物を選んでください。

食べ物以外では、石鹸や洗剤も消え物として人気です。実用性があり、いくつあっても困らないので有益な贈りものとなります。

また、消え物ではありませんが、タオルも香典返しで人気の品の一つです。タオルを贈ることは、「悲しみを拭い去る」「悲しみを包み込む」という暗喩になります。香典返しの品物としては、意にかなっているといえるでしょう。

このほか、近年特に人気が高いのが「ギフトカタログ」です。受け取った人がカタログのなかから好きな品を選べるため、贈る側が品物についてあれこれと悩む必要がありません。もらう側も不要な物を受け取ることがなく、お互いに満足のいく香典返しとなります。

カタログの金額はいろいろと設定されているので、いただいた香典の金額に見合うものを贈りましょう。

香典返しで避けた方がよい品

香典返しには何を贈ってもよいわけではありません。贈る上ではマナーや禁忌があり、品物選びには注意が必要です。

まず避けたいのが、「四つ足生臭物」と呼ばれるもの。古来より仏教では肉や魚はタブーとされてきました。香典返しとしては、あまりよくないと考える人も多いでしょう。

ただし、近年はこのようなしきたりもだいぶ緩くなっており、故人が特別好きだった物などに関しては贈ってよしとする向きもあります。

また、弔事の贈り物ですから、慶事に使われる物も贈らないようにします。具体的には、昆布や鰹節は香典返しにふさわしくありません。

さらに、タブーではありませんが、金額がはっきり分かるものも避けましょう。

金額や商品券など額面がはっきりしているものは、香典返しとしては品が無く、マナー違反と見なされます。加えて、足が早いもの、明らかに好みに反する物などを贈るのも失礼に当たるでしょう。

香典返しで感謝の気持ちを表わそう

香典返しは、故人を悼んでくれた人への感謝の気持ちを表わすものです。贈る時期や贈り方、品物などを適切に選び、マナーに叶った香典返しを行いましょう。

適切な品物を選ぶ余裕がない、発送などに時間が取れない、という人は葬儀会社に一任するという方法もあります。どこまで行ってくれるかは葬儀会社によりまちまちなので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。