夏至は6月のいつ?地域ごとの風習や食べ物とは。

お葬式のマナー・基礎知識
夏至は6月のいつ?地域ごとの風習や食べ物とは。
夏至とは、1年で最も昼の時間が長い日・時期のことです。毎年同じ時期に訪れますが、夏至の日付は毎年異なります。本記事では夏至の日付と時期を始め、地域ごとに伝わる風習や夏至に食べるものを紹介。その他、夏至の頃に咲く花や夏至時期におこなわれる葬儀に参列する際の注意点も併せて紹介します。

夏至の時期と日付の決まり方

夏至の時期は毎年同じですが、「日付」はその年によって異なります。まずは2021年の夏至の日付と、毎年1~2日変わる理由を紹介します。

2021年の夏至の日付

2021年のカレンダーでは6月21日に“夏至”と記載されています。例年6月21日頃とされることが多いですが、20日であったり、22日であったりもします。昼の長さが最も長くなる日とされており、夏のどまんなかに当たる季節の始まりを指すものです。

夏至の日付が毎年異なる理由

夏至は、1年間の季節を24に別けて考える「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つです。太陽の動きを基準に、季節の変化を予測するために作られています。そのため、夏至の日付・期間は毎年異なり、国立天文台が発表しています。

夏至の意味と有名なお祭り

続いては、夏至の意味と日本でおこなわれる有名なお祭りを紹介します。

夏至の意味

「夏に至る」と書く夏至。読んで字のごとく、「これから本格的な夏が始まります」という意味です。
夏至は、1年のうちで最も昼の時間が長い日・時期でもあります。反対側に位置する南半球の夏至は、1年で最も昼の時間が短い日・時期、すなわち北半球における冬至となるのです。

二十四節気から見る夏至の意味

1年を春夏秋冬の4つに分類し、さらにそれぞれを6つに分けたものが二十四節気です。夏至は「立夏」から「立秋」まで6種類の期間のうち、4番目に当たります。夏至は「夏の真ん中」ということにも当てはまります。

三重県の夏至祭が有名

日本を含む北半球の国々では、夏至にお祭りがおこなわれています。日本では、三重県伊勢市の二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)でおこなわれる「夏至祭」が有名です。これは、神社にある夫婦岩の間から太陽が昇る時刻に合わせ、日を浴びて体を清めるお祭り。夏至は太陽のエネルギーが強いと考えられているため、この日が選ばれているそうです。

夏至にまつわる風習と地域ごとの食べ物

冬至の「かぼちゃ」のような全国的な風習は、夏至にはほとんどありません。しかし昔から土地によって特定のものを食べる習慣がありました。こちらでは、地域ごとの風習と食べ物を紹介します。

関東

かつての関東平野には、米と小麦の両方を作る農家が多く存在しました。当時は、夏至を迎える頃に小麦の栽培と収穫を終え、夏至から数えて11日目にあたる半夏生(はんげしょう)が訪れる前に田植えを終わらせていたそうです。
この時期には、小麦粉で半夏生餅を作って田んぼに供え、その後に食べていました。現代においても、関東地方を始め河内地方・奈良県でも半夏生餅を食べる風習が残っています。

関西

関西では、夏至の時期に旬を迎えるタコを食べる風習があります。タコには、田植えをした稲に対する「根がタコの足のように強く広く根付いて欲しい」「タコの吸盤のように稲穂も大きくなって欲しい」という農家の願いが込められているそうです。
関西の中でも、京都では夏至の時期になると水無月(みなづき)という和菓子が府内の和菓子店で販売されます。水無月はういろうの上に小豆を乗せ、三角形にカットしたものです。夏至の時期に水無月を食べるのは、先人が無病息災を祈願して食していたのが由来と考えられています。

その他の地域

愛知県の一部の地域では、半分に切ったイチジクに田楽味噌をかけた、無花果田楽(いちじくでんがく)が夏至の時期に食べられています。イチジクは旧約聖書に「知恵の実」として登場している他、日本では江戸時代頃に薬としても使用されるなど、不老長寿の象徴と考えられている果物です。一方の田楽は、豊作祈願の踊りが由来とされています。そのため、無花果田楽を食べることは「健康祈願」と「豊作祈願」の2つの意味があるそうです。
また、福井県の大野市周辺には、半夏生の日に焼き鯖を食べる風習が残っています。大野市では「半夏生鯖(はげっしょさば)」と呼ばれています。

「うどん県」として有名な香川県。夏至の時期にもうどんが食べられてきました。これは、小麦の収穫が終わる夏至~半夏生の頃にうどんを振る舞っていたのが由来だそうです。
その他、熊本県では収穫したばかりの新しい麦を使って、饅頭や団子を作って食べる風習が残っています。饅頭や団子には、神へのお供え物という意味も込められています。

夏至の頃に咲く花

その時期にだけ咲く花からは、日本の四季を感じられます。仏花(ぶっか)などに季節の花を取り入れて、故人を偲んではいかがでしょうか。こちらでは、夏至の時期に咲くアジサイとセンニチコウを紹介します。

紫陽花(アジサイ)

「団らん」、「家族」、「辛抱強い愛情」といった花言葉を持つとされるアジサイ。6月~7月頃に咲くため、夏至時期の花祭壇に用いられることも。アジサイが好きな故人だったとき、または季節の花を取り入れたいときに選ばれる傾向にあります。
ただし、アジサイには毒があるため仏式葬儀の祭壇には適しません。とはいえ、故人や家族の気持ちを尊重することも大切です。アジサイを使用したいときは、まず導師となるお寺に確認することをおすすめします。

千日紅(センニチコウ)

センニチコウは5月~11月に咲く花で、「情の豊かさをなくさない」という花言葉を持ちます。種類が多く、ピンクや白、紫など色が豊富なところが特徴です。花期が長いため、長持ちする仏花として好まれています。「千日」と付く名前も、花期の長さが由来だそうです。

夏至時期の葬儀に参列する際の注意点

夏至の時期は梅雨と重なるため、雨が降る日が多い傾向にあります。お葬式に参列する際に、突然の雨に悩まないよう、傘と靴に焦点を当てて注意点を紹介します。

傘は黒色が無難

葬儀の場で着用する喪服を始め、弔事における身だしなみは黒で統一するのがマナーです。そのため、傘も黒色を選ぶのが無難。黒色であっても刺繍が目立つ、もしくは華やかな柄が入っている傘は避けます。
黒色の傘がない場合は、暗いグレーや紺などの落ち着いた色合いの傘であれば問題ありません。どちらもない場合は、透明または白色のビニール傘を使用します。黒や落ち着いた色合いの傘は、冠婚葬祭などの場で使えるので1本持っておくと便利です。特に、折り畳み傘は持ち運びに便利なので重宝するでしょう。

革靴は防水加工をすると安心

雨が降ると、葬儀会場との行き来で靴が濡れてしまいます。選択肢の1つとして、葬儀会場に到着するまでレインブーツを履く方法があります。ただし、レインブーツは弔事の場にふさわしくありません。そのため、会場に到着後は葬儀用の靴と履き替える必要があります。

合皮やゴアテックス素材の防水シューズの中にはフォーマルタイプも販売されています。晴雨兼用の防水パンプスも一足あれば重宝します。
革靴を履いていく場合は、前日から革靴に防水加工をしておくと安心です。防水スプレーと靴用のクリームを用意しておくと、いざというときに役立ちます。防水加工をする際は、初めにクリームを塗り、乾いたらスプレーをかけると防水性がアップするそうです。
葬儀から帰宅後は、乾いた布で革靴の表面と内側をしっかり拭いて水分を取ってください。ひどく濡れている場合は、乾いた新聞紙を丸めて中に入れ、つま先を上げた状態で風通しの良い場所に1~2日ほど干して乾かします。

夏至には古くから伝わる風習が根付いている

夏至には数々の風習が残されています。冬至に比べると目立った風習はありませんが、お住まいの地域には独特の何かがあるかもしれませんね。