神式のお葬式こそ日本の伝統儀式!? 神社でお葬式をしない理由とは

わたしのお葬式
神式のお葬式こそ日本の伝統儀式!? 神社でお葬式をしない理由とは
外国の方から見ると、日本人は「信仰心が薄い」という印象があるそうです。たしかに「あなたの信仰している宗教は何ですか?」と聞かれて、答えに困る方は意外に多いのかもしれません。しかし、日本人の多くはお正月や七五三になれば、「神道」にもとづいて神社へお参りをするように、宗教として意識していなくても信仰が根付き、慣習が暮らしの一部となっているのです。今回は神道(神式)のお葬式についてご紹介します。

古事記にも登場した神式(神道)のご葬儀

私たちが一般的にイメージし、執りおこなっているお葬式は仏式です。その違いを比較しながら、まずは神道のご葬儀の歴史や考え方など、基礎となる部分から紐解いていきましょう。

古事記から見る神式葬儀の歴史

神式の葬儀は「神葬祭(しんそうさい)」とも呼ばれています。ご葬儀といえば仏式が大半を占めていますが、神式のご葬儀の歴史は古く、その存在は古事記にも記されています。

古事記によると、アメノワカヒコという神が亡くなった際、飲み食いをしながらアメノワカヒコを弔った描写が記されています。古代におけるこの葬儀の様子は、まさしく神葬式の源流となるものです。その点でも神葬祭は、日本固有のお葬式であると言えるでしょう。

しかし、飛鳥時代の終わり頃から仏式のご葬儀が浸透するにつれ、神式のご葬儀は次第に収縮していきます。神式のご葬儀が見直され、一般的に広まったのは明治時代と、ごく近年の話なのです。それまでは神仏習合(しんぶつしゅうごう)が唱えられつつも、檀家制度の導入などもあり、仏式が圧倒的でした。

神道における考え方と仏教との違い

もともと神道は、生物はもちろん、山や川などの自然、自然現象も含め、存在あるものすべてに八百万(やおよろず)の神が宿るという考え方です。基本的に神式のご葬儀では、仏教でいうところの極楽浄土へ御霊(魂)をお送りすることを目的としていません。神葬祭は亡くなられた方の御霊をその家にとどめ、家の守護神となってもらうために、神社の神職によって執りおこなう儀式なのです。

一方仏教では、お釈迦様などをはじめとする仏様を崇拝することで、死後は人の世の苦しみから逃れて自らも仏となり、極楽浄土へ行くことができると考えられています。仏式のご葬儀では、故人が迷わずあの世へ行けるよう送り出す意味が込められているのです。

神道と仏教には、崇拝する対象や故人の魂の考え方などに大きな違いがあるといえるでしょう。

神式のご葬儀/神葬祭をおこなう場所は?

実は、神式といえど一般的なご葬儀は自宅か斎場、葬祭ホールなどでおこないます。仏式のご葬儀も寺院ではなく、自宅や斎場でおこなうことが多いため、この点は神道も仏教もあまり違いはないと言えるでしょう。また、神社が穢れを嫌う場所であるため、神社でご葬儀はおこないません。

神道の葬儀を神社でおこなわない理由

仏式のご葬儀は、寺院でおこなわれますが、神葬祭は神社でおこなわれることはありません。なぜ神道のご葬儀は神社でおこなわれないのでしょうか。その理由は神道における「死」の考え方にあります。

神道において死とは「穢れ(けがれ)」を指し、「不潔」「不浄」を意味します。これは物理的なものというより、精神面によるところが大きいでしょう。しかし、これは亡くなった人の死、それ自体を穢れとするのではありません。肉親や近親者の死によって、気力が枯渇してしまった人々の状態(気枯れ)を指すものです。

神葬祭が神社でおこなわれない理由は、神聖な場所である神社にこうした穢れを持ち込んではならないとされているためです。

神式のご葬儀に欠かせない玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法

神式の葬儀の流れを知る前に、神式のご葬儀には欠かせない「玉串奉奠」について押さえておきましょう。

玉串奉奠とは

神式ではお線香は用いず、代わりに「玉串奉奠」があります。仏式でいう焼香のようなものといえるでしょう。玉串とは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)といわれる紙片をさげたものをいいます。焼香はご葬儀の途中で参列者が焼香台の前に進みおこないますが、玉串奉奠も順番が来たら前に進み、作法に則っておこないます。

玉串奉奠の作法

【1】自分の順番がきたら祭壇へ進み、ご家族に一礼をする。
【2】神官に一礼し、右手で玉串の根元を上から持ち、左手は葉の部分を下から添えるように受け取る。
【3】玉串を目の高さまで上げて持ち、右(時計回り)に90度回転し、根元が手前に来るようにする。
【4】左手を手前に、右手は葉の部分を下から支えるように、左右反対に持ち替える。
【5】【4】の状態から玉串の根元が祭壇に向くように時計回りに180度回転する。
【6】玉串を玉串案に置く。
【7】数歩後ろに下がり、二礼二拍一礼する。(※二拍は音を鳴らさない「忍び手」でおこなう)
【8】数歩下がって、神官とご家族に一礼をし、席に戻る。

神式のご葬儀の流れを知ろう

それでは実際のご葬儀の流れを詳しく解説します。

①枕直しの儀

まず、ご臨終となったら仏式と同じく死に水、清拭、死に化粧を施します。故人様には白の小袖を着せ、北枕に寝かせます。前面に祭壇を設けたあと、お米・お塩・お水・お酒、そして故人様の好物などを供えます。

②帰幽奉告(きゆほうこく)

神棚、祖霊舎(それいしゃ)に故人様の死を奉告し、神棚の前に白紙を下げます。

③納棺の儀

お通夜の前に棺を祭壇の前に安置し、喪主から順番に拝礼(二礼二拍手一礼)します。二拍手の際は、音を立てて拍手を打たないのが神式の拝礼です(忍び手)。

④通夜祭(つやさい)

通夜祭は仏式のお通夜にあたるもの。主に神職が祭詞を奏上し、ご家族様は玉串(たまぐし)を奉って拝礼します。仏式と同じく柩に納める儀礼です。神葬祭では仏式でいう仏衣(経帷子)ではなく神装衣を準備します。

⑤遷霊祭(せんれいさい)

神職が故人様の御霊をご遺体から霊璽(れいじ)に遷(うつ)し留める儀式です。この「御霊移しの儀」を執りおこなう際は、夜を象徴するために部屋を暗くしておこなうのが通例です。

⑥葬場祭(そうじょうさい)

葬場祭は仏式のご葬儀・告別式にあたります。故人様に対し、最後の別れを告げる神葬祭最大の重儀です。弔辞奉呈(ちょうじほうてい)、弔電奉読(ちょうじほうどく)、神職による祭詞奏上(さいしそうじょう)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)がおこなわれます。

⑦火葬祭(かそうさい)

火葬場へと移動し、ご遺体を荼毘に付す前におこなうのが「火葬祭」です。神官が祭詞を奏上、ご家族様が玉串を奉って拝礼します。火葬後は、墓地に遺骨を埋葬する儀式(埋葬祭)が通例ですが、近年では五十日祭までに納骨するという場合も多いです。

⑧直会(なおらい)

火葬・埋葬を終えてご自宅へ戻った際には、塩・手水で祓い清めてから家に入ります。霊前にご葬儀終了の奉告をし、その後、神官や世話役を労う宴「直会」でもてなします。直会は仏式の「精進落とし」にあたります。

ご葬儀後の法要はいつおこなうのか

神道ではご葬儀後、一定期間ごとに「霊祭」または「式年祭」と呼ばれる儀式をおこないます。これは、仏教でいうところの法要にあたるものです。

ご逝去から1年以内におこなうものが霊祭で、翌日祭・10日祭・20日祭・30日祭・40日祭・50日祭・合祀祭・100日祭があります。式年祭は1年後の命日以降おこなうものです。1年祭、3年祭、5年祭と続き、10年祭以降は10年ごとになります。

神式のご葬儀に参列するなら覚えておきたいその他のマナー

神式のご葬儀では、特別な作法・マナーがあります。例えば、仏式においてもご葬儀マナーとして代表的な香典。神道のご葬儀に香典を持参する場合、表書きは「御神前(ごしんぜん)」や「御玉串料(おたまぐしりょう)」などになります。「ご供養」「ご冥福」なども仏教的な言葉にあたるため、神道のご葬儀では使用しません。

香典袋の水引は黒と白の結び切りです。蓮の花は仏教にまつわる絵柄なので注意してください。また、ご葬儀の持ち物として一般的な数珠も、仏教にまつわるものなので使いません。

服装に関しては神道も仏教と特に違いはなく、喪服を着用します。

神式のご葬儀で迷ったらご相談ください

ご葬儀への参列は突然です。神式のご葬儀は仏式と異なる点も多いため、事前の知識がなければ、参列の際に少し戸惑ってしまうことも考えられます。もしものときのためにも、神式のご葬儀に関する知識や作法・マナーなどを身に付けておくとよいかもしれません。

神式のご葬儀は、故人様の氏神となる神社に依頼するのが一般的ですが、「依頼の仕方が分からない」などご不明なことは、ファミーユの葬儀専門スタッフが年中無休で承っております。お電話やメールで、ぜひお気軽にご相談ください。