戒名の意味や歴史とは。付け方やお布施の相場も紹介

法事・法要
戒名の意味や歴史とは。付け方やお布施の相場も紹介
仏式の葬儀では、人が亡くなると位牌やお墓に新たな名前を記します。これが「戒名(かいみょう)」と呼ばれるものです。死後、名前を改めることにはどのような意味があるのでしょうか。本記事では、戒名の歴史や意味、さらには付け方やお布施の相場などを紹介します。

戒名とは?

仏式の葬儀では、生前の名前(俗名)ではなく、死後にいただいた戒名が使われます。戒名とはどういったものなのか、まずは基本的な理解を深めましょう。

仏の弟子になったことをあらわす名前

本来「戒名」とは、俗世を離れて仏の弟子となったときにいただく名前です。葬儀では白木の位牌にその名を記し、祭壇に置きます。

昔は、仏教の戒律を守り仏の教えに帰依した人のみが、戒名を授かることができました。現在の仏式の葬儀では、出家の有無にかかわらず戒名を授かるのが一般的です。

古来より日本では、「亡くなってからでも出家した方が、故人は極楽浄土に行きやすくなる」との考えが広まっています。そのため、人が亡くなると俗名の代わりに仏の弟子としての名前を授け、迷いなく極楽浄土へ旅立てるよう祈るのです。

仏教以外の宗教ではどうなのかといいますと、戒名はありません。ただし、戒名と近いものとして、神道ならば「霊号」という「亡くなった人の御霊としての名前」があります。

一方キリスト教の場合は、洗礼時に授かる「洗礼名」があります。とはいえ、こちらはあくまでもキリスト教者としての名前であり、戒名と同義というわけではありません。

戒名の歴史

現在の戒名の原型となるものは、仏教に道教や儒教が合わさった「中国仏教」に遡るといわれています。ただし、当初の戒名は死後に授かるものではなく、あくまでも出家した人が授かるものでした。

戒名が現在のように葬儀に欠かせないものとなったのは、江戸時代に入ってからです。江戸幕府によって「檀家制度」が実施されると、人々は必ずどこかの寺院に属さねばならなくなりました。これにより庶民の葬儀も僧侶が執りおこなうのが当たり前となり、「死後戒名を付ける」という習慣が、広く一般にまで根付いたのです。

宗派によって付け方が異なる

同じ仏教でも、宗派によっては「戒名」という言葉を使いません。たとえば、浄土真宗の葬儀で使われるのは戒名ではなく「法名」です。また、日蓮宗でも戒名ではなく、「法号」が授与されます。

なぜ戒名の呼び名が異なるのかというと、それぞれの宗派の教えや考え方の違いによるものです。

まず浄土真宗は、阿弥陀如来を絶対的なものとして尊重しています。真の救いは仏によってのみ得られるとの思想から、仏から賜る名前を「法名」と呼ぶのです。

一方、日蓮宗の場合は「日蓮上人の教え」を尊ぶという意味から、「法号」といいます。

使われている文字で、宗派がわかる!

戒名に使われている文字には、その宗派ならではの特長があります。

・真言宗:戒名の初めに「ア号の梵字(大日如来を表わす梵字)」を記す
・天台宗:戒名の初めに梵字が入ることがある(大日如来を表す「ア号」、または、阿弥陀如来を表す「キリーク」)
・浄土宗:戒名の中に「誉」の文字が入る
・浄土真宗:法名の前に「釋(釈)」の文字が入る
・日蓮宗:日号に「日」の文字が入ることが多い。道号に「法」や「妙」が用いられる
・曹洞宗:対句熟語の戒名が多い

葬儀に招かれた際、位牌の戒名をよく見てみましょう。そこに特定の文字が書かれていたら、故人がどんな宗派を信仰していたのかがわかります。

戒名の構成

戒名は、日本式の「名字+名前」とはまったく異なる構成をしています。位牌に書かれている漢字の一部が戒名です。中には見慣れない漢字も使われており、一目見ただけではどれが戒名なのか分からない人も多いのではないでしょうか。ここでは、戒名がどのように構成されているのかを紹介します。

院殿号・院号(いんでんごう・いんごう)

「院殿号・院号」は、戒名の頭部分に付けるものです。

最も位が高いとされる「院殿号」を付けるのは、もともと天皇や身分の高い貴族などに限られていました。しかし、足利尊氏が院殿号を使用して以降、武士なども院殿号を付けるようになったといわれています。

院殿号、院号ともに、戒名としては最上位です。それゆえに院殿号・院号が付いた戒名は、社会や寺院に多大な貢献をした人、社会的地位の高い人に限られます。一般庶民の葬儀において、目にする機会は少ないといえるでしょう。

道号(どうごう)

道号は戒名のすぐ上に付けられるものです。ルーツは中国仏教にあり、もともとは僧侶に使われる尊称だったといわれています。戒名と調和するよう付けられるのが一般的で、戒名の上につく「別名」と考えればよいでしょう。

一般的には、特技や性格、趣味、雅号(がごう)、家名など、故人をあらわしたり称えたりする文字を選ぶのが習わしとなっています。

ただし、未成年者や幼児、水子には使われません。

戒名

道号の下2文字が、本来「戒名」とよばれるものです。故人の俗名にちなむ文字を入れたり、経典からふさわしい文字を取ったりなどして付けられます。

位号(いごう)

位号は、戒名の一番下につける尊称です。「様」のようなものと考えればわかりやすいでしょう。性別や年齢によって違いがあるほか、社会貢献度や信仰の篤さによっても異なる位号が使われます。

男性なら「居士・信士(こじ・しんじ)」、女性なら「大姉・信女(だいし・しんにょ)」などが一般的です。ただし、居士・大姉の方が位は高く、社会的貢献度の高い成人男女に使われます。このほかにも「童子・童女(どうじ・どうにょ)」など、位号の種類はさまざまです。

戒名をつける際覚えておきたいこと

死後の名前となる戒名は、適当に付けてよいものではありません。自分の死後、あるいは家族の死後に適切な戒名をいただけるよう、戒名の付け方や必要性についてよく理解しておきましょう。

戒名は菩提寺の僧侶からいただくもの

戒名は、葬儀を執りおこなうお寺の住職から授かるのが一般的です。故人が亡くなり、葬儀をお願いする時点で戒名も一緒にお願いしておきましょう。そうすれば、枕経を唱えてもらう折やお通夜の前までにいただけます。

戒名をいただいたら位牌への記入もお願いし、葬儀の前までには祭壇に置けるよう準備しておきましょう。

ただし、浄土真宗の場合は、位牌を使用しません。その代わりとして、「法名軸」や「過去帳」などに記してもらうのが一般的な習わしです。

お布施の相場

戒名をいただいたら、「お布施」として戒名料を納めます。料金は、お寺や戒名の位号(ランク)によって異なります。以下は、当社がご葬儀をおこなう際に、首都圏のお寺をご紹介したときの参考金額です。

〇院号・法院号:200,000円~300,000円
〇居士・大姉 :170,000円~200,000円
〇信士・信女 :100,000円~150,000円

当社のご紹介するお寺では比較的リーズナブルに戒名をいただけるのではないかと思われます。お寺による違いや、地域差も大きいので、金額はあくまでも参考程度にお考え下さい。

お世話になっているお寺がありましたら、同じ檀家の方に聞いてみたり、住職に遠回しに確認してみたりするのがよいでしょう。

戒名を付けなかったらどうなる?

檀家で仏式に則った葬儀をおこなう場合、戒名なしではできません。どうしても戒名を付けたくない場合は、仏式以外での葬儀となるでしょう。

ただし、檀家があるにもかかわらず仏式以外で葬儀をすると、家族の墓に入ることもできなくなります。実際のところ、家族の墓に入るのなら「戒名を付けない」という選択肢はほぼないといえるでしょう。

生前戒名という選択肢もある

生前戒名とは、生きているうちに自身で戒名を付けることです。死後に戒名を付けるよりは、費用が安くおさえられます。

ただし、自身で戒名を付けるときは、葬儀を執りおこなう予定のお寺に相談することが大切です。檀家に入っているお寺以外で戒名をいただいても、認められるとは限りません。せっかくの生前戒名を無駄にしないよう、まずはお世話になっている住職に相談しましょう。

また、戒名をいただいたら、家族にもきちんと伝える必要があります。自身の死後、葬儀をおこなうのは家族です。戒名があることを知らなければ、二重戒名となってしまいます。

仏式の葬儀を望むならば戒名は必須

戒名は仏の弟子となることをあらわした名前です。通常は、葬儀やお墓でお世話になるお寺にお布施を払ってお願いするのがよいでしょう。

「死後の名前も自分で決めたい」という人には、生前戒名という方法もあります。死後の段取りまで徹底したいと望むならば、戒名についても考えてみてはいかがでしょうか。