位牌とは。その必要性や種類、購入の手順を紹介

法事・法要
位牌とは。その必要性や種類、購入の手順を紹介
位牌(いはい)は故人との大切な接点であり、位牌を通じて故人を偲び心のより所にする方も多くいます。この記事では、位牌の持つ役割や扱い方、購入する際のポイントなどをお伝えします。

位牌とは

位牌とは、亡くなった方の魂が宿る象徴、供養に用いられる依代(よりしろ)のことです。

位牌の必要性

「仏壇があれば位牌は必要ない」と考える方もいらっしゃいますが、仏壇は本来、ご本尊を祀(まつ)るための祭壇です。しかし、仏壇があるのに、位牌を祀らないというお家はほとんどありません。

その仏壇に故人の名を刻んだ位牌を、死者の依代(よりしろ)として、また礼拝の対象として安置すると、「仏様になった故人にも見守られている」という気持ちをより強く持つことができます。お墓と同じように、故人やご先祖と向き合い、語り合い、感謝の気持ちを伝えるために、位牌は欠かせない存在です。

位牌は霊が宿る依代(よりしろ)としての意味合いが強く、位牌がなければ宿るところがなくなってしまうため、各宗派で必要とされています。

位牌を作る時期

通常、故人が亡くなった直後は白木の位牌を作ります。
これは葬儀社が用意してくれる「仮の位牌」であり、四十九日までには黒塗り、唐木(黒檀や紫檀など)、金箔塗、朱塗りなどのいわゆる「本位牌」を作ります。本位牌は、自分で仏具の専門店などに注文し、四十九日の法要までに用意します。
法要では、僧侶に魂入れ(開眼供養)をしていただき、はじめて故人の魂が宿った位牌となるのです。その後は、仏壇や菩提寺の位牌壇などに安置され、三十三回忌や五十回忌の後にお墓やお寺に納められます。

位牌の種類

位牌には様々な色やデザインがあり、宗派ごとの決まりは特にありません。大きさは、一般的に先祖や先代のお位牌の高さを超えないものを選びます。初めて位牌を作る時は、仏壇の大きさに合わせることをおすすめします。
位牌は故人の魂が宿る大切な依代(よりしろ)ですので、選ぶ時はよく考えて慎重に選びたいものです。
一般的に広く使用されているのは「塗り位牌」という、シンプルなデザインの位牌です。価格は塗りの工程、回数によって様々です。
塗り位牌の中でも、漆の塗面に蒔絵が施されているものを「蒔絵位牌」といい、現代型の仏壇にも合わせやすいデザインです。蒔絵の絵柄によって印象が異なるため、故人のイメージに合わせて選ぶことができます。
ほかには紫壇や黒壇などの高級銘木の木目を活かした「唐木位牌」、故人が多い時や仏壇が小さい時に使う「回出位牌(くりだしいはい)」という箱型の位牌などがあります。

位牌の価格

位牌の値段は、製造工程や塗りの回数によって異なり、特に漆塗りの場合は価格に大きな差が生じます。
漆を重ねて塗っていく一般的な位牌と、「本呂色位牌(ほんろいろいはい)」という漆表面に木地目が出ない高級位牌などがあり、価格は1万円未満から10万円以上するものまであります。

位牌のサイズによっても価格は変わります。一般的にはご先祖様のサイズにあわせますが、取扱店の専門スタッフに尋ねてみることをおすすめします。

位牌の数

通常、位牌は故人1名につき1基用意し、喪主(多くは本家の跡取り)の自宅の仏壇に祀られます。
それに対して、故人の子供の人数分の位牌を準備し、それぞれの家に持ち帰って供養することを「位牌分け」といいます。位牌分けは、北関東や中部地方の一部に残る慣習で、「本家から遠い」「心のよりどころにしたい」という理由から今でも行われています。

位牌の取り扱い

位牌は、先祖や亡くなった方を供養するための大切なもの。普段のお手入れ、処分する方法など、どのようにしたらよいか迷う方も多いことでしょう。ここでは、位牌の取り扱いや、処分の方法、増えすぎた場合の対処の仕方などについてお伝えします。

位牌のお手入れ方法

位牌が新しいうちは毛ばたきなどで、ほこりを払うだけで十分きれいになりますが、年数が経つと、札板(戒名などが記された縦長の部分)に、手の油汚れなどがついてしまうことがあります。
位牌は、木材なので濡れた布などで拭かず、専用のクロスや乾いた柔らかい布などで優しく拭き取ります。
お仏壇や位牌の専門店では、そのようなお掃除用のクロスも販売されているので、毛ばたきなどと一緒にひと通り用意しておくと便利です。

複数の位牌をひとつにまとめるには

位牌が増え、全てを仏壇にご安置出来ない時は、「先祖位牌」「夫婦位牌」「回出位牌」などを用いて位牌をまとめる方法があります。
位牌まとめは、宗派やお寺によって用意する位牌の形や文字が異なる場合があり、なかには位牌まとめをとり行わない宗派もあります。詳細は、菩提寺や仏具の取扱店などに相談してみましょう。位牌の用意ができたら、菩提寺などに古い位牌の閉眼供養とお焚き上げ、新しい位牌の開眼供養をお願いします。

位牌の処分の時期や方法

・仮位牌(白木の位牌)の場合
一般的に親族が亡くなった時は、白木位牌を用意し故人の魂の依代(よりしろ)とします。その後は本位牌を用意し、四十九日の法要の際「開眼供養」(故人の魂を入れる儀式)を行います。

・本位牌の場合
一般的に、本位牌を処分する時期としてあげられるのが、「三十三回忌」「夫婦位牌をつくるとき」「傷んだ位牌のつくり直し」などです。位牌に故人の御霊を入れる「開眼供養(かいがんくよう)」などを行っている場合は、お焚き上げ前に閉眼供養(へいげんくよう)を行う必要があります。

三十三回忌や五十五回忌で、「〇〇家 先祖代々霊位」という一つの位牌にまとめる地域もあります。

納骨堂やお寺に位牌は置けるか

何らかの事情で自宅に位牌を置けない場合は、お寺に預かってもらうという方法があります。お寺によっては、納骨堂を備えているところもあり、「仏壇式」「ロッカー式」「マンション型」など様々な形があります。納骨堂のタイプによっては位牌を置けない場合もありますが、「仏壇式」「ロッカー式」であればご安置が可能です。

位牌を購入する際の注意点

位牌を作る機会は、親族が亡くなった時や、三十三回忌の法要など一般的にはごく限られています。故人をお祀りする大切な位牌は、信頼出来る店舗を見極めて購入しましょう。

位牌を注文するにあたって決めておくこと

位牌を注文する時は、事前に次のことを決めておきましょう。

まずは、仏壇に合うサイズ、お好みのデザインを選んでおきます。次に位牌に記す文字や色を決めます。通常位牌には、戒名を記しますが、宗派によっては「梵字(ぼんじ)」を入れる場合もあります。文字の色は、表が白か金色、裏は白・朱色・金色などが一般的で、書く方法と彫る方法とがあるので、好きな方法を選びましょう。

文字の彫り方には、機械彫りと手彫りとがあり、手彫りの場合は機械彫りより時間がかかります。四十九日の法要に間に合うよう、余裕をもって注文しましょう。

位牌をネットや通販で購入する場合は

ネット注文は自宅にいながら位牌を選べるのがメリットですが、注意が必要な点もあります。梵字の入れ方などは宗派によって異なる場合があります。実店舗であれば注文時に店員さんが直接教えてくれますが、ネット店舗ではそうもいきません。サイトの情報のみで必要事項を知らずに作り、後からつくり直さなければいけない、ということも考えられます。ネット注文する場合は、サイトの情報量が多く、不明な点を電話などで質問できる店舗を選んだほうが安心です。また、葬儀社の担当者であれば、正確なアドバイスをしてくれるでしょう。

位牌は故人を偲ぶ大切な心のより所

位牌は、先祖や故人のご供養を行う上で大切なもの。故人を偲ぶのに相応しい位牌を選びたいものです。お仏壇の大きさを調べてデザインなどのお好みを親族で話し合い、しっかりとした専門店で購入することをおすすめします。なお、家族葬のファミーユでは、ご葬儀後のサポートとして位牌に関する相談も受け付けています。ぜひお問い合わせください。