喪主の心得

ひと口に「お葬式」といっても、やるべきことがたくさんあります。深い悲しみの中にありながら、最期の儀式を取り仕切る喪主の方のご負担は、心身ともに計り知れないものです。つつがなく、温かく、悔いのないお見送りのために必要な知識をお伝えします。

いざという時のために今からできる準備

  • 費用

    費用

    「総額でいくらかかるの?」「自分に合うプランは?」などわかりづらいご葬儀費用について、基本を押さえておきましょう。

  • 場所

    場所

    万一のことがあってから慌ててご葬儀場を探すのでは、希望の日時に予約が取れない可能性があります。今から候補を絞っておきましょう。

  • 流れ

    流れ

    当日の進行は葬儀業者がフォローしてくれますが、ある程度の段取りを把握しておくだけで、不安や心配が解消されます。

もしもの時が来たら…喪主がやるべきこと

  • ご逝去直後

    ご逝去直後

    どこでご逝去されたかによっても、とるべき対応が変わってきます。故人様と向き合う時間をつくるために冷静に進めたい部分です。

  • 納棺・お通夜

    納棺・お通夜

    宗教者や参列者の方々への謝辞を伝えつつ、大切な方をしっかりお見送りできるよう、押さえておくべきポイントを確認しましょう。

  • 告別式・火葬

    告別式・火葬

    お通夜を無事終えると、喪主としての緊張感も和らぐ時です。故人様に感謝し、集まってくれた方々に十分なおもてなしを。

大切なご家族のために─ご葬儀後の喪主の務め

  • 法要・法事

    法要・法事

    定期的な法要の場を取り仕切るのも喪主の務めです。親族や菩提寺との良好な関係を保つためにも、基本的な知識は必要です。

  • 納骨・お墓・供養

    納骨・お墓・供養

    お墓だけでなく、納骨堂、散骨など納骨の場所や形式も多様化しています。供養の形についてもご家族間での早めの相談を。

  • 相続・手続き

    相続・手続き

    ご葬儀が終わっても手続きに追われ、気持ちの整理がつかないものです。どんな手続きが必要か目を通しておくとよいでしょう。

急なご逝去でお困りの方、心配な人がいる方今すぐ、ご葬儀のプロにご相談ください。