相続手続きに必要な書類は何ですか?

相続遺産には不動産や預貯金、株式などがあり、それぞれ名義変更をする必要があります。また、財産が基礎控除を超えた場合、相続人は被相続人がお亡くなりになった翌日から10カ月以内に申告しなければなりません。
相続はあくまでも遺言書の内容が優先されます。遺言書の存在で相続の手続きも変わってきますので、まずは遺言書があるかどうか確認しましょう。

【不動産の場合】
・印鑑
・相続人の印鑑証明書
・相続人の住民票
・相続人、被相続人の戸籍謄本(除籍)
・戸籍附票または除住民票
・所有権移転登記申請書
・遺産分割協議書
・固定資産評価証明書 など

【銀行預金・郵便貯金の場合】※金融機関によって異なる場合があります

・印鑑
・相続人の印鑑証明書
・相続人、被相続人の戸籍謄本(除籍)
・依頼書
・遺産分割協議書 など

【株式・社債・国債】※各社によって異なる場合があります

・印鑑
・相続人の印鑑証明書
・相続人、被相続人の戸籍謄本(除籍)
・名義書換請求書
・遺産分割協議書 など

【相続税を申告する場合】※申告内容によって異なる場合があります
・印鑑
・相続人の印鑑証明書
・相続人の住民票
・相続人、被相続人の戸籍謄本(除籍)
・戸籍附票または除住民票
・相続税申告書
・遺産分割協議書
・登記簿謄本
・固定資産評価証明書
・預貯金などの残高証明書 など

借金などの負債も相続遺産に含まれます。相続放棄は相続開始から3カ月以内に行う必要があります。
ファミーユではご葬儀後の手続きもサポートしております。困ったことがあれば、担当にご相談ください。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ