ご葬儀の流れ火葬・お骨上げ

ご葬儀の流れ

棺を霊柩車に乗せたら、ご家族や僧侶、関係者の方々は火葬場へ移動します。到着したら、仮祭壇に遺影などを飾り、故人様と最後のお別れをします。
ご火葬の終了までは約1時間~2時間程度でその後、その場にいらっしゃる全員でお骨上げ(拾骨)をします。

死体火葬許可証を持参する

「死体火葬許可証」は役場に死亡届を申請したら交付されます。これがないと、火葬することができないので忘れないようにしましょう。葬儀社のスタッフに渡しておくと安心です。

ワンポイント

死体火葬許可証は、火葬が終わると埋葬許可証として返却されます。納骨の際に必要となりますので、大切に保管しておきましょう。

火葬中は僧侶や関係者をもてなす

火葬炉の前で故人様を前にお寺様から読経と皆さまから最後のご焼香をいただき、火葬へ移ります。火葬終了まで待合室で待機し、喪主様やご家族の方々は僧侶や関係者にお茶や軽食をふるまいます。火葬にかかる時間は大体1~2時間が一般的です。火葬場や時間によっては故人様を偲んで精進落としを行うこともあります。

ワンポイント

軽食や飲み物はファミーユのスタッフが用意いたしますのでお申し付けください。火葬場によっては売店が併設されている場合もありますので、事前にお知らせいたします。火葬の間は故人様との思い出を語ることも多いでしょう。故人様がお好きだった食べ物や飲み物をいただきながら語り合うご家族もいらっしゃいます。そのようなご希望もファミーユのスタッフに遠慮なくお知らせください。

二人一組でお骨上げ(拾骨)をする

火葬終了の呼び出しが来たら収骨室へ移動し、故人様と縁の深い方から二人一組で遺骨を骨壺に入れるお骨上げ(読み方「おこつあげ」)の儀式を行います。このとき箸を使って骨壷に収めますが、これは故人様が三途の川を渡って、あの世に無事たどり着くように橋渡しをするという想いが込められています。お骨上げの儀式は日本独特のもので、灰になるまで火葬する海外の国では見られない慣習のようです。お骨上げの作法には地域差がありますが、火葬場の係員が指示してくださいます。一般的には二人一組で足から順に上半身へと移り、頭と骨壷へ収めていき、最後に喉仏を収めます。骨壺は喪主様が持ち帰ります。

ワンポイント

拾骨には他にも一人づつ箸で渡して収める「箸渡し」のような方法や、利き手とは逆の手で拾骨を行う地域もあります。作法に関しては火葬場の係員もしくはファミーユのスタッフがご指導しますのでご安心ください。

お客様の声

火葬の待ち時間でスタッフさんが父の好きだった和菓子を用意してくれました。感激しました。

埼玉県 S.K.様