禅宗(ぜんしゅう)とは何ですか?

仏教における宗派のひとつで、大きく「臨済宗(りんざいしゅう)」「曹洞宗(そうとうしゅう)」「黄檗宗(おうばくしゅう)」の3つに分けられます。

南インド出身で中国に仏教を伝えた達磨大師を初祖とし、念仏を唱えることよりも座禅をすることを重視します。
禅宗は鎌倉時代に中国から日本に伝来し、栄西が臨済宗を起こしました。その後、臨済宗で学んだ道元が中国から帰国した後に曹洞宗を起こし、臨済宗から派生する形で黄檗宗が生まれました。
中国では衰退したものの、日本では鎌倉時代以降に武士や庶民の間で広まり、五山文学や水墨画などの文化芸術にも大きな影響を与えました。
そして、明治以降に鈴木大拙の著書などにより世界中に紹介され、さらに広く知られるようになったのです。

【禅宗】曹洞宗のお葬式。
葬儀概要や参列マナーを知りたい

臨済宗とは?葬儀マナーと
お経をあげる時に「喝」と叫ぶ意味



★いざという時に備えて「お葬式の疑問を解決」できる パンフレット+冊子を無料で進呈中!★
※葬儀会社とわからない封筒もお選びいただけます。

request.png

▶オンラインでお申込み(無料)はこちら

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。