24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

法要はいつまで続くのでしょうか?

亡くなられた日を1日目として、7日目ごとに初七日(7日目)、二七日(14日目)、三七日(21日目)、四七日(28日目)、五七日(37日目)、六七日(42日目)、七七日(49日目、一般的には四十九日)まで行われます。

仏教では死後49日間にわたって、7日ごとに生前の功徳による裁判を受けると言われており、故人様が無事に極楽浄土に行くことができるように供養をするのです。

ただ、そのように頻繁に親族が集まるのは困難とされ、近年では初七日と七七日(四十九日)のみ行うのが一般的になっています。また、初七日はご葬儀当日に、七七日(四十九日)は納骨を兼ねて行われるケースが多く見受けられます。

七七日(四十九日)までは忌中(きちゅう)と呼ばれ、その後は忌明けとなり、死後満1年目に一周忌が行われます。以降は年忌法要として三回忌(死後満2年目)、七回忌(死後満6年目)、十三回忌(死後満12年目)と続き、三十三回忌(死後満32年目)または五十回忌(死後満49年目)を弔い上げとした後は、お盆などに先祖代々の供養としてまとめて行うのが通例です。

ファミーユで法要(法事)のご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ