法要とは?流れや準備について紹介

法事・お墓
法要とは?流れや準備について紹介
法要は亡くなった人の霊を慰めるためにおこないます。ここでは、法要と法事の違い、法要の準備や当日の流れ、必要な費用など、法要の基本についてご紹介します。法要のことでお悩みの方はぜひご覧ください。

法要について

まずは混同されることの多い法要と法事の違いや、忌日法要・年忌法要の定義などを解説していきます。

法要とは?

「法要」とは、亡くなった人の霊を慰めるためにお坊さんに読経をしてもらうことで、「追善供養(ついぜんくよう)」とも呼ばれます。故人の霊が極楽浄土へいけるように、と定期的に祈る儀式のことです。

法要には種類があり、亡くなってから100日目までにおこなうものを「忌日法要(きじつほうよう)」、死後1年目以降におこなうものを「年忌法要(ねんきほうよう)」といいます。また似たような言葉に「法事」があり、「法要」と混同されがちです。法要は供養をすることで、法事はその後の会食までを含めた行事のことをいいます。

忌日法要

忌日法要とは、故人が亡くなった日から7日ごとにおこなう法要のことです。初七日(しょなのか)から七七日(なななぬか)まであります。具体的には、初七日、二七日(ふたなのか:14日目)、三七日(みなのか:21日目)、四七日(よなのか:28日目)、五七日(いつなのか:35日目)、六七日(むなのか:42日目)と続き、遺族のみでおこなうのが一般的です。最近では、お坊さんの読経や焼香は省略することもあります。

七七日は「四十九日」とも呼ばれ、この法要には遺族や親族、知人も参列します。お坊さんの読経の後、焼香などを済ませ、その日のうちに納骨までをおこなうのがもっぱらです。七七日の次は、百箇日法要(ひゃっかにちほうよう)となります。遺族のみでおこない、お坊さんの読経や焼香については省略されることもあります。

年忌法要

年忌法要とは命日の節目の「年」におこなう法要のことです。一周忌、三回忌(満2年目)、七回忌(満6年目)、十三回忌(満12年目)、十七回忌(満16年目)、二十三回忌(満22年目)、二十七回忌(満26年目)、三十三回忌(満32年目)、五十回忌(満49年目)、百回忌(満99年目)、百五十回遠忌(満149年目)まであります。

また、没後長い期間を経ておこなう仏事を遠忌(おんき)といいます。百回忌や百五十回遠忌は、遺族のみでおこなうのが一般的です。

一周忌、三回忌では、遺族や親族、知人が参列し、読経のあとに焼香をします。七回忌は一般的に遺族や親族のみでおこないます。十三回忌以降は法要の規模が縮小され、遺族のみの実施が一般的です。二十三回忌は省略されることもあります。

最近では、三十三回忌で最後の年忌法要を意味する「弔い上げ」をする方が増えてきました。五十回忌で弔い上げをおこなう場合もあります。百回忌以降は省略されることがほとんどです。

もし年忌法要を命日におこなえない場合は、命日を過ぎないように調整しましょう。

法要の準備

法事まで含めた法要の準備で、押さえておくべきポイントがいくつかあります。ここでは施主の務めや案内状の用意、法要の服装についてご紹介します。

施主の務め

施主(せしゅ)とは、法要をおこなう代表のことをいいます。一般的には、葬儀の喪主を務めた人が施主を務めます。施主はまず、菩提寺(ぼだいじ)の住職に誰の何回忌法要かを伝え、日時を相談しましょう。

日時が決まったら、法要をする場所や招待する人数を決めます。法要後の会食である「お斎(とき)」の場所まで決まれば、あとは案内状を作成して送付します。出欠の連絡を待ち、会食の料理や席順など細かい部分を決めましょう。御布施やお供え物、参列者への引き出物などの準備も忘れずに。

法要の案内状

法要を営む際は、案内状を送付するのが基本です。近親者だけの法要ならば、電話連絡でもかまいません。ただし、四十九日法要や一周忌、三回忌などの大きな法要を営むときは、はがきや封書での案内状送付が望ましいです。

案内状は、参列者が出欠の返事をしやすいように、往復はがきまたは封書に返信用はがきを同封して送ります。返信用はがきの表に返送先の住所・氏名を書き、裏には出欠に丸がつけられるようにしましょう。

案内状では、必要なことを簡潔に伝えることが大切。時候のあいさつ、誰の何回忌か、日時や場所(必要な場合は地図や電話番号を添える)を必ず記載し、平服でよい場合はその旨を明記します。

法要の服装

法要に参列するときは、七回忌までは通夜や葬儀で着用するような服装にしましょう。遺族は正礼装が基本です。男性の参列者はブラックスーツに黒の靴や靴下を履きます。女性の参列者は、黒の長袖のワンピースやスーツを着て、黒いストッキングやバッグを身につけましょう。

七回忌以降は準礼装などで良いとされています。男性の場合は、ダークスーツとシャツに派手すぎない色のネクタイなどを合わせれば問題ありません。女性はグレーや紺、ブラックスーツや黒のアンサンブルを着用します。靴やバッグも派手でなければ問題ないでしょう。近親者のみが出席する法要の場合は、平服で良いケースもあります。

七回忌以降の法要は、三回忌までの形式ばった儀式と違い、ざっくばらんに故人を偲ぶ行為です。親族が集まり、懐かしい話などをする場ととらえられることが多いようです。

法要当日の流れと費用

法要当日の流れと、法事も含めた費用についてご紹介します。

法要当日の流れ

法要当日は、①住職の読経、②参列者による焼香、③住職の法話、④墓参り、⑤施主の挨拶、⑥会食の流れが一般的です。焼香の順番は、施主が最初に、その後故人と関係の深かった順におこなっていきます。

法要の後は、会食であるお斎(おとき)です。一般的に法要はお寺や自宅、霊園で営まれますので、お斎は仕出しを依頼して引き続き同じ場所でおこなう場合と、ホテルや料亭などへ場所を移す場合とがあります。

また、法要は家族や親族のみでおこない、故人と縁の深かった友人や知人はお斎の会場に直接来るケースもあります。開始と終了の際は、施主が列席者に挨拶をします。なかには、住職や縁の深かった友人から挨拶をいただいたり、献杯(けんぱい)の発声をお願いしたりすることもあるでしょう。

住職やお寺にお渡しする費用

法要後のお斎に住職が欠席をする場合は「御膳料」を渡しましょう。御膳料はひとり10,000円程度。2人に来てもらった場合もひとりずつに渡しましょう。

その他、御車代や塔婆供養料(そとばくようりょう)が必要なときもあります。住職に自宅や墓地まで出向いてもらった場合は、送迎の有無にかかわらず御車代を渡しましょう。御車代の相場は5,000円~10,000円程度。塔婆供養料は、法要で卒塔婆を立てる場合に包みます。寺により卒塔婆料は決まっていますので確認をしましょう。相場は1本3,000円〜6,000円ほどです。

さらに御布施をするケースもあります。御布施とは、自分の持っているものをできるだけ他人に施すことで、表書きには「御布施」と記します。御布施の金額はお寺に詳しい檀家や親戚に相談するか、お寺に直接確認してみましょう。一般的な御布施の目安は、20,000円~50,000円といわれています。ふさわしい額を包みましょう。

その他、法事の費用

会食(お斎)代は、ひとり3,000円~10,000円の範囲内が一般的ですが、地域や出す料理、会場によって金額が異なります。

参列者への返礼品は、ひとりあたり3,000円~5,000円を目安として選んでいきましょう。タオルやカタログギフトなどの返礼品が一般的です。タオルは、品質にこだわったものや有名ブランドのものがよく選ばれています。

この他にも、案内状の印刷代や送付代、送迎の車代などの費用がかかります。

参列者の御供物料(おくもつりょう)

法要に参列する場合は、御供物料を包みましょう。御供物料は不祝儀袋に入れます。一般的に、表書きには、四十九日までの忌日法要は「御霊前」、年忌法要のときは「御仏前」と記入します。

包む金額は、故人や喪主と参列者の関係性や年齢によって異なるといわれています。親族・親戚関係の場合は10,000~50,000円程度、友人・知人は10,000~30,000円程度が相場のようです。

法要は故人を偲ぶ場

法要は、通夜や葬儀ほど決まりごとが多くはありません。しかし、忌日法要や年忌法要など定期的におこなわれるものなので、当日の流れやマナーを押さえておくと安心です。そして、故人を偲ぶ場であるということを心に留めて参列するようにしましょう。