百箇日法要とは。概要から施主がすべき準備についても解説

法事・法要
百箇日法要とは。概要から施主がすべき準備についても解説
故人が亡くなってから、100日目に執りおこなう儀式の百箇日法要(ひゃっかにちほうよう)。近年は、百箇日法要をしないことも珍しくありませんが、忌明けから初めておこなう大切な供養の日です。本記事では、百箇日法要の概要や当日の流れやマナーなどを詳しく解説します。

百箇日法要とは

昔から大切な節目の儀式とされてきた百箇日法要。ここでは、百箇日法要の概要について解説します。故人の旅立ちと向き合うための参考にしてください。

遺族が悲しみに区切りをつける法要

百箇日とは故人が逝去してから100日目を指します。四十九日の忌明け後初めて執りおこなう法要のことを百箇日法要と言います。出苦忌(しゅっくき)や卒哭忌(そっこくき)と呼ばれることもあります。「卒」は「卒業」、「哭」は「声を出しながら涙を流す」状態を指します。
つまり、百箇日法要は大切な人を失った悲しみや苦しみに別れを告げ、前に進むための大切な儀式と捉えられます。しかし、四十九日の法要と異なり、近年は百箇日法要が省略されることは珍しくありません。

故人の魂を救済する法要

百箇日法要の起源には諸説ありますが、中国の慣習を日本に持ち込んだものではないかとされています。多くの仏教宗派では、逝去から49日目に、故人が地獄と極楽浄土のどちらに向かうのか決まります。極楽浄土が選ばれなかった場合、逝去から100日目に法要をして供養することで、再び10人の裁判官(十王)の1人平等王(びょうどうおう)の審判が可能になると伝えられてきました。ただし、宗派によってはこの十王審判と百箇日法要は無縁とするところもあります。
いずれにしても百箇日法要は、故人と残された人たちがともに幸せな道を歩むための大切な儀式と言えます。

百箇日法要の準備

ここでは、施主として百箇日法要に用意しておくべきものや、当日の流れ、挨拶例を紹介します。問題なく当日を迎えられるよう、事前に知識を身につけておくと安心です。

百箇日法要の日程の決定

故人が逝去してから100日を経過すると、百箇日法要はできなくなります。逝去後、100日目より前の日程でスケジュールを調整してください。親戚・家族で法要をおこなう場合は平日でも問題ありませんが、親しい知人を始めとした身内以外の人を呼ぶ場合は、相手の仕事・学校のことも考えて休日を中心に日程調整をするのがおすすめです。

法要後の会食(お斎)の準備

お斎(おとき)法要でおこなわれる会食のこと。法要後に別会場でお斎をする場合は、あらかじめ会場の予約と料理の注文をします。お斎の会場を用意せず、自宅や法要会場を利用するときには、お弁当を準備するのが一般的です。

新型コロナの流行で会食を避けて、持ち帰りのお弁当やグルメギフト(カタログや金券)を用意する人も増えています。

参列者への案内

最も小さな規模で法要をおこなう場合、参列者は家族のみです。さらに参列者の範囲を広げるときは、親族を呼びます。
逝去から49日の節目となる四十九日法要は、家族・親族の集まりがほとんど。百箇日法要も同様で、身内以外の人を呼ぶことは少ないです。ただし、百箇日法要を重要視する風習がある地域では、たくさんの人を招くケースもあります。

百箇日法要当日の流れ

家にある仏壇の前や、日頃から懇意にしている菩提寺(ぼだいじ)で法要を営みます。僧侶に読経してもらい、すべての参列者によって焼香をささげるのが百箇日法要の主な流れです。
法要後には会食の席を設け、故人について語らいます。故人の逝去から少し時間が経ち、葬儀の時に比べると平静な心持ちで故人と向き合えるのではないでしょうか。

百箇日法要の施主の挨拶

基本的に、百箇日と四十九日の法要で挨拶の仕方に大きな違いはありません。参列者への感謝と、これから僧侶に読経をお願いすることを簡潔に告げ、法要の始まりの挨拶とします。
「本日は、ご多忙の中、故人のためにお越しいただきありがとうございました。これより読経を始めさせていただきます。(僧侶の方を向いて)それでは、よろしくお願いいたします」
上記のように、長くならないように挨拶をしてください。

百箇日法要の服装と持ち物のマナー

つつがなく法要を終えるためには、基本的なマナーを把握しておくことが大切です。ここでは、服装や持ち物を中心とした百箇日法要のマナーを紹介します。

施主・遺族の服装

ほかの法要と同じように、百箇日法要の服装は喪服(準喪服)が基本です。ほかの法要でもそうですが、略喪服でも差し障りありません。

施主・遺族の持ち物

お寺や葬儀場で法要を執りおこなう場合は、故人の本位牌や、個人で使用する数珠、ハンカチを持参します。お線香や焼香などはお寺や葬儀社が準備してくれている可能性が高いです。
自宅の法要の場合は、線香などの道具類も準備します。お布施と返礼品も忘れずに。

百箇日法要の返礼品にまつわるマナー

百箇日に限らず、法要では参列者からいただく香典のお返しとして、返礼品の用意をおこないます。ここでは、返礼品の相場やおすすめの品、マナーを紹介します。

返礼品の相場

香典の返礼品は、法要に参列していただいた方へのお礼として必要となるものです。一般的に、香典の金額の半分〜1/3程度が目安。身内からの香典の相場が10,000円〜50,000円なので、返礼額は5,000円~20,000円が相場と考えられます。即返し(当日に渡す返礼品)として3,000円~5,000円ほどのものを用意し、残りは会食費や追加の返礼品にあてます。
なお、法要後に会食を用意するか否かで、お返しの金額は変わります。会食を用意しないのであれば、通常の返礼品の相場より高めの金額に設定するのがおすすめです。ただし、返礼額は、地域や家族ごとの価値観によるため、よく検討する必要があります。

おすすめの返礼品

お返しとして参列者に渡す品物は、消えものが良いとされています。具体的には、日持ちするスイーツや缶詰、海苔、洗剤など。近年は、持ち物が増えないようカタログギフトを渡すことも多いです。

表書きや渡す際のマナー

返礼品は、参列者の数に合わせて準備します。夫婦や家族で来た場合は、夫婦や家族ごとに1つの返礼品を渡してください。もし、夫婦それぞれから香典をもらったときは、返礼品も別々に渡します。
かけ紙は、黒白・双銀・黄白の結び切り水引を使用するのがマナーです。仏教の場合は「粗供養」や「志」と表書きを記載し、下に施主の名前を入れます。

百箇日法要のお布施の相場や渡し方

自分が施主として法要を開くときは、僧侶に渡すお布施を用意します。場合によっては、お布施とは別に「御車料」や「御食事料」が必要となることも。ここでは、お布施の金額相場やマナーを紹介します。

百箇日法要のお布施の相場

僧侶への感謝を伝えるために渡すお布施は、金額に決まりがありません。ただし、目安となる相場はあります。地域や宗派によって大きく相場が変わることはほとんどないですが、念のため確認しておくと安心です。
一般的なお布施は、30,000円~50,000円が相場です。自宅での法要の場合、お布施とは別にお車代(御車料)を渡すことが多く、相場は5,000円~10,000円程度。僧侶が法要後の食事会を辞退したときは、5,000円~20,000円を食事代(御食事料)として渡します。

お布施を入れる封筒

お布施には、手書きした無地封筒か、必要事項が印刷された市販の封筒を使います。地域によっては、黒白・双銀・黄白の水引が付いた不祝儀袋を用いることも。
封筒の表書きには「御布施」と書き、下に自分の名前を記入します。名前は苗字のみでもかまいません。裏面にはお布施の金額を記載します。必ずではありませんが、金額だけでなく住所や電話番号も併せて記載するとより丁重になります。

お布施の渡し方

法要前に僧侶へ挨拶をするときや、法要後にお礼を言うタイミングでお布施を渡します。この時、気をつけたいのは渡す方法です。手渡しはマナー違反に当たるため、冠婚葬祭用の切手盆(きってぼん)や、ふくさの上に乗せて渡します。
もし切手盆がない場合は、小さなお盆で代用しても差し支えありません。封筒に記載した文字が僧侶から読める方向でお盆やふくさに乗せて渡します。

故人を偲ぶ百箇日法要で、悲しみに区切りを

百箇日は、故人が逝去してから100日で節目とされる時期です。大切な人の旅立ちから3ヶ月以上の時を経て、気持ちが落ち着き始める頃とされています。百箇日法要の準備は、故人を偲んで寂しくなりつつも、深く重い悲しみとは別れを告げる一因になるかもしれません。

この記事の監修者

瀬戸隆史 1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定・葬祭ディレクター技能審査制度)
家族葬のファミーユをはじめとするきずなホールディングスグループで、新入社員にお葬式のマナー、業界知識などをレクチャーする葬祭基礎研修などを担当。