三回忌とは?法要の流れと招かれた時のマナーも紹介

法事・法要
三回忌とは?法要の流れと招かれた時のマナーも紹介
一周忌の次には三回忌がきます。三回忌は故人の冥福を祈り、その霊を慰めるためにおこなう年忌法要の一つです。この記事では、三回忌の基礎知識や準備の手順、三回忌に招かれた際のマナーについて紹介します。

三回忌の意味と流れとは

まずは三回忌の意味と、法要の流れについて説明していきます。

三回忌とは?年忌法要の基礎知識

三回忌は、故人が亡くなって満2年目におこなう年忌法要(ねんきほうよう)です。
年忌法要は決められた年の祥月命日(しょうつきめいにち)に営まれます。祥月命日とは故人が亡くなったのと同じ月・同じ日のことを指します。

三回忌は一周忌と並んで特に大切な法要とされ、親族や故人と縁の深かった人を招いて盛大におこないます。

三回忌以降の年忌法要は、故人が亡くなった年も含めて数えます。三回忌の後は、6年目に七回忌、12年目に十三回忌とし、以降、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続きます。三十三回忌をもって、それ以降は法要をおこなわない「弔い上げ」とするのが一般的です。宗派によっては五十回忌で弔い上げとすることもあります。

三回忌の流れ

三回忌法要の一般的な流れを紹介します。

まずは菩提寺または自宅で僧侶に読経してもらい、参列者が焼香をします。焼香は施主から始まり、血縁関係が近い順に親族、友人・知人と続きます。その後、お墓が近いときはお墓参りをし、参列者へのお礼として食事をふるまいます。この会食をお斎(おとき)といいます。

三回忌は自宅やお寺ではなく、斎場でおこなう場合もあります。斎場での法要は会場設営の手間がなく、食事の手配もできるなどのメリットがあります。

三回忌に誰を呼ぶ?

多くの場合、三回忌までは家族に加えて、親族や故人と親しかった人を招きます。もし三回忌をごく内輪だけでおこなうならば、前もって親族へ丁寧に話をし、理解してもらうことが大切です。七回忌以降は家族と近い親族だけなど、招く人を絞る場合が多いようです。

三回忌の準備はいつ何をする?手順を確認

三回忌の法要は招待客が多くなることから、準備も早めに取りかかりたいものです。では、準備はいつ何をすればよいのか、手順を確認しておきましょう。

日時を決める

まずは法要の日時を決めます。
三回忌を含む年忌法要は故人の祥月命日におこなうのが基本です。ただし、平日では都合のつかない人が多いため、休日を選ぶことが多いようです。その場合、法要の日時は命日より前に設定します。

僧侶の都合もあるため、まずは候補日をいくつか挙げて、菩提寺に相談します。2ヶ月前までを目処として早めに連絡しましょう。

案内状を送り出欠を取る

案内状は、招かれた側が日程調整できるように余裕を持って手配します。1ヶ月前までを目安に発送するとよいでしょう。

案内状には「誰の三回忌か」「日時と場所」を明記し、会食があるかどうかも記載しておくと丁寧です。出欠を取るには返信用はがきを同封するか、往復はがきの返信欄を使います。近親者には電話連絡でもよいでしょう。

会食の手配をする

法要に集まってくれた人へのお礼として、食事(お斎)の手配をします。
食事の内容に特に決まりはなく、予算や人数に合わせて会場を選びます。法要の会食には鯛や伊勢エビなど慶事の食材を避けるため、あらかじめお店に「三回忌法要で利用する」ことを伝えておくと安心ですね。自宅で会食をする場合は、仕出し弁当や寿司などが便利です。

返礼品の手配をする

三回忌に招かれた人は、お供え物、もしくは香典(御仏前・御供物料)を持参するのが一般的です。そのお礼として、返礼品を手配しておきます。

返礼品には「不祝儀が残らないように」という意味合いで、食品や消耗品などの「消え物」がよいとされます。持ち帰る際に重くないお茶や海苔、菓子類などが主流です。避けた方がよいものとしては、お祝いに贈られるお酒や、殺生を連想させる肉・魚などがあります。

僧侶への謝礼「お布施」の相場とは?

三回忌で僧侶にお布施として包む金額は、特に決まっているものではありません。法要の規模や寺院によって異なるため、まずは寺院に問い合わせてみるとよいでしょう。

寺院によっては「お気持ちで」と言われることもあります。一般的な相場は、30,000円~50,000円程です。表書きは「御布施」とし、不祝儀袋ではなく白い封筒や奉書紙に包みます。

また、寺院以外の場所に僧侶を招く場合は、送迎のあるなしに関わらず「お車代」を渡すのが一般的です。僧侶が会食を辞退したときには「御膳料」も包みます。お車代は5,000円~10,000円程、御膳料は5,000円~10,000円程が相場です。

三回忌に招かれたときのマナーと香典の相場とは

三回忌に招かれたときに迷いがちな、マナーと香典相場について紹介します。

三回忌に参列するときの服装マナー

三回忌以降は喪服ではなく略礼服で参列するのが一般的です。招かれた側は施主よりも平服に近い装いにします。

男性は黒、紺やグレーのダークスーツを着用します。シャツは白、ネクタイは黒、靴下と靴は黒でまとめるのが無難です。
女性は黒、紺、グレーのワンピースなどを着用します。アクセサリーは必須ではありませんが、つける場合は華美過ぎないパールかオニキスがよいでしょう。
子どもは制服があれば制服を、ない場合はシャツに黒や紺のパンツを合わせます。女の子ならブラウスに黒または紺のスカートを合わせるか、地味な色のワンピースを着てもよいでしょう。子どもでも裸足は避け、靴下をはきます。

三回忌の服装でマナー違反とされるのは、皮革の素材や光り物です。サンダルやミュールなどつま先の出る履物、露出の多い服装も避けます。また、数珠を忘れずに持参しましょう。

香典相場と表書き

三回忌法要に出席するときは、「御仏前」や「御供物料」としてお金を包むのが一般的です。会食のあるなしで相場も変わります。

<父・母または義父・義母の三回忌>
会食なしの場合で10,000円~100,000円程、会食ありの場合で20,000円~100,000円程。
<祖父・祖母の三回忌>
会食なしの場合で10,000円~30,000円程、会食ありの場合で20,000円~50,000円程。
<兄弟姉妹の三回忌>
会食なしの場合で10,000円~50,000円程、会食ありの場合で20,000円~100,000円程。
<友人・知人の三回忌>
会食なしの場合で5,000円~10,000円程、会食ありの場合で10,000円~30,000円程。

夫婦で出席するときは、香典を連名にします。会食も2人分であることを考慮して金額を増やします。

表書きは「御仏前」「御供物料」とし、筆または筆ペンで記入します。薄墨ではなく、普通の墨を使うのがマナーです。

三回忌に出席できないときはどうする?

やむをえず欠席する場合は、案内が届き次第、おわびの言葉を添えて欠席の返事をします。その際、出席できない代わりに供物料または供物・供花を手配します。供物や供花は、三回忌法要の前には届くよう送ります。

供物料の表書きは「御仏前」とし、不祝儀袋に入れて現金書留で送ります。出席できないおわびと、追悼の言葉を記した手紙を一緒に送るとより丁寧です。

三回忌は事前の準備をしっかりと

一周忌と並ぶ大切な年忌法要とされる三回忌。規模が大きくなることも多いので、準備は余裕を持って計画的に進めたいものです。宗派や地域によってルールやマナーが異なる場合もあるため、事前によく調べてしっかりと準備しましょう。