誰に頼む? 乾杯と比較して覚える「献杯」のマナー&挨拶文例集

献杯とは、敬意を表して杯を捧げることです。ご葬儀や法事の場で行う献杯は、故人様に向けての杯となります。献杯には、おなじみの乾杯とは異なる作法が多々あるものです。献杯の音頭をとる方はもちろん、参列する側もうっかりマナー違反とならないように、事前に必要な知識を身につけておくと安心です。今回は挨拶の文例などをまじえて献杯のイロハをご紹介します。

参列者も知っておきたい献杯の手順とマナー

献杯は、ご葬儀や法要のあとの会食前に行われます。献杯の発声が精進落としやお斎(おとき)などの食事に箸を付ける合図となります。献杯が終わるまで、食事に手をつけないのがマナーとなっています。
ご葬儀の場合は精進落としが始まる前、喪主の挨拶のあとに献杯の挨拶をする方から一言あり、「献杯」と発声されたら全員で唱和し、合掌または黙祷する流れです。「乾杯」のように近くの方と杯を合わせたり、拍手をしたりしません。「献杯」と静かに声に出して、軽くグラスを持ち上げる程度です。くれぐれも「けんぱーい」などと大声を出さないように。乾杯の習慣はNGと心得ておきましょう。
杯は飲み干す必要はありませんが、故人様に敬意を表してのものですので、少しだけでも口をつけるようにしたいものです。お酒を嗜まれない方やお車でお越しになっている方は、前もってソフトドリンクなどを希望するとよいでしょう。

献杯の発声は誰がするもの?

喪主としても献杯を誰に依頼するかは、悩みどころでしょう。誰が行わなくてはならないという決まりはありません。思い当たる人がいない場合は喪主自身が行ってもかまいませんが、一般的には親族の代表格となる方、もしくは故人様の兄弟などが例に挙げられます。故人様と親しくしている友人や会社関係の方に頼むのもよくあることです。年長者の方なら経験もあり、頼みやすいでしょう。
献杯を依頼したい方が決まったら、前もってその旨を伝えておきます。ご葬儀の日時をお知らせする際に「献杯をお願いできますか?」なとど声をかけるのが自然でしょう。

急な依頼でも困らない3つのポイントと献杯の挨拶文例

初めての献杯は緊張するかもしれませんが、ポイントを押さえておくと頭に入りやすいでしょう。

【1】挨拶は簡潔に
献杯は故人様を偲ぶ儀式と同時に、会食スタートの合図にもなります。1~2分くらいを目安に手短に済ませましょう。簡単な自己紹介から始まり、故人様との思い出、お悔やみの言葉で締めるのが一般的です。思い出話は長くなってしまいがちですが、挨拶では短くまとめ、会食が始まってから周囲の方々と語り合いましょう。

【2】忌み言葉を避ける

弔事の場では「忌み言葉」は禁句です。「重ねがさね」「くれぐれも」「再び」などの重ね言葉や、「死亡」「死去」などの直接的な表現をうっかり口にしないように気をつけましょう。また、宗派によっても注意が必要です。たとえば「冥福」は、キリスト教や浄土真宗ではタブーです。

【3】参列者に次の行動を促す

挨拶を終えたら、参列者の方にはご尊前に向かい、グラスを持っていただくよう声をかけましょう。その後「それではご唱和をお願いします。献杯。」と献杯を発声してお礼を述べます。

最後に献杯の挨拶の具体的例を挙げてみましょう。親族・友人と関係性によって文例を使い分け、ご自身でアレンジしてみてください。参考になれば幸いです。

<故人様の親族の場合>
「故人の息子の○○でございます。本日はお忙しい中、お集まりいただき、誠にありがとうございます。おかげ様で葬儀も滞りなく済ませることができました。父も安心していることと思います。これからお酒を酌み交わし、父の思い出を語っていただければと思います。それでは、ご唱和をよろしくお願いいたします。献杯。」

<故人様の友人の場合>
「故人様の友人の○○です。故人とは学生時代からの付き合いで、卒業後も友好を深めて参りました。このたびは突然のことで、本当に残念でなりませんが、今日は皆様に囲まれて、故人も喜んでいることでしょう。それでは故人の思い出に浸りながら、皆様の思い出話などうかがえればと思います。どうぞ安らかにお眠りください。献杯。」

乾杯と違い、献杯はおごそかな物言いで進めるものなので、心を落ち着けて臨むのが一番です。不明な点は、家族葬のファミーユのスタッフにお尋ねください。献杯の挨拶文例もご用意いたします。喪家様だけでなく、参列者の方に対しても誠意ある対応を心がけております。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。メールでのお問い合わせ・資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。