家族葬と密葬の違いとは。それぞれの特徴と注意するポイントを解説

ご家族の通夜・葬式準備
家族葬と密葬の違いとは。それぞれの特徴と注意するポイントを解説
近年では、家族葬という言葉を耳にすることが多くなりました。同時に密葬という言葉もよく聞くようになったのではないでしょうか。どちらも小規模の葬儀というイメージですが、実際はどう違うのでしょうか。家族葬や密葬が選ばれている理由、マナーや注意点もふまえて、ご紹介します。

家族葬とは

「家族葬」は、主に家族・親族だけで葬儀を営むことを意味します。故人と家族が過ごす最後の時間の確保を最優先にしたお葬式です。
自由度の高さが特徴のひとつです。家族葬では、葬儀・告別式の前日に湯灌(ゆかん・葬儀前にご遺体を入浴させること)をしたり、告別式を音楽葬にしたり、と家族だけの時間を過ごせます。

満足のいく家族葬をおこなうためにも、故人や遺族の希望を受け入れてくれて、よりよい提案してくれる葬儀社を選ぶのが重要です。

家族葬の特徴

家族葬では、通常お通夜と葬儀・告別式をおこないます。一般的に、お通夜の翌日に葬儀・告別式があり、2日間を要します。さまざまな事情があって葬儀に時間がかけられない場合は、お通夜を省いた一日葬を検討すると良いでしょう。

家族葬の相場

一般的に家族葬の相場は100万円前後といわれています。お坊さんを呼ばない、少人数でおこなうなどの場合は50万円以下での実施も可能です。参列人数やサービス内容によって分かりやすい料金プランが提示されているものを選べば安心です。

家族葬の注意点

近年、家族葬の認知度は高まってきました。ただし、一般葬をしないことに違和感を抱く人がいることも事実です。また、家族葬に呼ばれなかった人が喪主によって冷たい扱いを受けたと思い込み、トラブルになってしまうこともあります。どのような葬儀をおこなうのか、予め身内の理解を得ておきたいものです。

また、家族葬は、比較的小規模のため参列者の人数次第で香典収入も少なくなります。そのため、葬儀費用を香典収入では賄えず、持ち出しになってしまうこともあるでしょう。

また、遺族が家族葬後の弔問対応に追われるという面もあります。家族葬をおこなう前には、打ち合わせをする葬儀ディレクターに故人の生前の交友関係をできるだけ伝えておき、参列者の計画をしっかり立てておくと良いでしょう。

家族葬に対する思い込みや勘違い

家族葬は、その名前から「家族以外の参列を許可しない葬儀」というイメージを持っている人もいることでしょう。本章では、そんな家族葬への誤解を解消していきたいと思います。

一般的な家族葬のイメージ

家族葬は、「家族以外は参列してはいけない」と思われがちですが、それは誤解です。
規模が小さく簡素で味気ない葬儀というイメージもあります。また、家族葬は周囲に知られないように気を配るという閉鎖的な雰囲気でとらえられがちです。
いずれも、本来の家族葬とはかけ離れた、誤ったイメージです。

本来の家族葬

本来の家族葬は、人と人との絆をつなぐことを大切にした葬儀です。家族葬を執り仕切る葬儀ディレクターが、故人の生前の交友関係やご近所とのつながりをうかがった上で、時にはご家族以外の方の参列をすすめることもあります。

家族葬は、故人と最後の時間をゆっくり過ごすことができます。経験を積んだ葬儀ディレクターは、家族同士だけではなく、親族や地域の方々との絆も考慮します。

密葬とは

「密葬」は、著名人が亡くなった時に、ニュースや新聞などのメディアで耳にすることが多いのではないでしょうか。密葬の意味や特徴について解説します。

密葬の特徴

密葬は、簡単な葬儀をおこない火葬も済ませてしまう葬儀の形式を指します。後日、対外的に故人の死亡通知を出し、お別れを告げるための本葬(本式の葬儀)や、お別れ会(または偲ぶ会など)を実施します。会社の代表などの場合は、密葬後に会社による本葬「社葬」をすることも少なくありません。

近年では一般の人でも密葬を選ぶ人が増えています。本葬をおこなわずに、四十九日や一周忌のタイミングでお別れ会を開くケースもあります。

密葬は、本葬やお別れ会で親族以外の人も故人とお別れができます。遺族が弔問対応に追われずに済み、心身の負担を減らすことができます。

密葬の注意点

密葬は本葬前に火葬までおこないます。そのため、密葬に参列しなかった人は故人の顔を見ることができないなど、希望通りのお別れができないこともあります。したがって、本葬の有無にかかわらず、身内の了解は得ておくようにしましょう。

また、菩提寺があれば事前に連絡をしておきましょう。密葬後にはじめて菩提寺に連絡をしたら、納骨を断られたというトラブルもよく聞きます。注意が必要です。

密葬費用の相場

密葬は参列者が少ない分、接待料理や返礼品にかかる費用を抑えることができます。相場は40万円〜100万円と幅は広いですが、だいたい一般葬の4分の1から半分程度です。

ただし、本葬をおこなう場合にはその分の費用が発生します。

本葬の代わりにホテルなどでお別れ会をする際も同様に費用がかかります。会費制にする場合は、1人当たり1万円〜2万円とするのが一般的です。

故人とのお別れは、近しい人だけでゆっくりと

密葬でも家族葬でも、故人の遺志や家族の希望に沿って、近しい人たちのみでゆっくりとお別れができるという利点があります。参列されなかった周囲の方達にもその趣旨を理解してもらい、心残りのない葬儀にしたいですね。