【家族葬の流れ】葬儀前から火葬後まで。一般葬との違いも紹介

ご家族の通夜・葬式準備
【家族葬の流れ】葬儀前から火葬後まで。一般葬との違いも紹介
家族葬は、家族や親しい人を中心とした葬儀です。最近は「故人らしさ」をカタチにできる家族葬を選択する人が増えてきています。本記事では一般的な家族葬の流れを、葬儀前から火葬後まで順を追って見ていきます。併せて、一般葬との違いも紹介します。

家族葬の流れ①葬儀前

家族葬には大きく、お通夜をする二日葬とお通夜をしない一日葬の2種類があります。本記事では、最も主流となる仏教形式の家族葬の流れを追っていきます。まずは、いちばん最初の行程「葬儀前の打ち合わせ」を紹介します。

葬儀の打ち合わせの流れ

打ち合わせでは、葬儀の概要を決めていきます。最初の段階で、二日葬と一日葬のどちらにするかを決めます。

次に日程と式場を押さえます。この時、式場はもちろん、火葬場の確保や僧侶のスケジュール確認も重要です。お墓のある菩提寺(ぼだいじ)がない、もしくは遠くて僧侶を呼ぶことが困難なケースでは、葬儀社が僧侶を紹介します。また、火葬場には休業日があるので注意が必要です。これも、葬儀社が把握しているので心配はいりません。
同時に、喪主や世話役(施主)も決めます。喪主は遺族の代表者であり、葬儀の主催者です。一般的には故人と最も縁の深かった人物が喪主となります。夫婦のどちらかが亡くなったときは配偶者が、配偶者がいないときは故人の子どもが喪主を務めます。子どもがいないケースでは故人の親、もしくは兄弟姉妹が喪主となります。

世話役(施主)とは、葬儀の主催者として弔問客の対応をする喪主に代わり、受付や会計などの雑務をする人物のこと。子どもや孫、兄弟姉妹、親戚、故人の最も親しかった友人など、喪主の片腕として信頼のおける人物に依頼します。
葬儀の内容に「故人らしさ」を取り入れられるのは、家族を始めとした少人数で執りおこなわれる家族葬ならではのメリットです。

家族葬では、故人の好物を接待用の料理にしたり、愛用していたものと同じものを返礼品にしたり、好きだったアーティストの曲をBGMにしたりと、オリジナルの葬儀を作っていけます。故人との思い出を振り返りながら、スタッフとの打ち合わせを進めてください。

家族葬の流れ②通夜あり「二日葬」の場合

二日葬の場合は、ご遺体を納棺後にお通夜をおこないます。お通夜は家族が故人の死を受け入れる大切な時間です。まずは二日葬の流れを見てみましょう。

お通夜の流れ

当日の祭壇の設営など、会場の準備をおこなうのは葬儀社のスタッフです。家族はお通夜が始まる約1時間前に会場に入り、供花や会葬礼状、返礼品などの確認をします。

お通夜は、導師(どうし)と呼ばれる僧侶の入場と、読経で開式です。次に、喪主から縁の深い順に焼香をします。焼香の後は僧侶による法話や説教が続くことが多いですが、最近は省略されることもあります。

僧侶の退席後、喪主が参列者に挨拶をするとお通夜は閉式です。僧侶へのお布施は葬儀の前後に渡すケースが多いですが、お通夜の前に渡すこともあります。僧侶が通夜振る舞いを辞退するケースでは、お布施の他に「お膳料」も用意しましょう。

参列者の限られている家族葬はおもてなしの必要が少なく、故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごせます。一般葬は、多くの参列者の対応をする必要があって気を使いますし、どうしてもお別れの時間は限られます。

通夜振る舞いの流れ

通夜振る舞いとは、参列者や僧侶へのお礼としておこなう食事会のことです。故人と親しかった人が集まる家族葬の通夜振る舞いは、故人との思い出話に花を咲かせる場でもあります。所要時間は、約1~2時間ほどです。

葬儀から火葬までの流れ

二日葬の2日目には、葬儀式や告別式を執りおこないます。遺族は、葬儀式・告別式が始まる1時間前には会場に到着し、僧侶に挨拶をしておきましょう。

葬儀式の流れは、お通夜と似たものです。僧侶の読経、焼香へと進みます。いずれも簡略的なお通夜と比べて時間をとっておこなわれます。

閉式前に喪主の挨拶をしますが、通夜よりも長めにするのが一般的です。参列者に対する感謝の気持ちだけでなく、故人との思い出話を盛り込むと良いかもしれません。
葬儀式の後は、告別式です。喪主以外の家族・友人による弔辞や、「別れ花」と呼ばれる、棺にお花を納める儀式をおこない、出棺の準備をします。喪主の挨拶は、この出棺の前のタイミングにする場合もあります。その後、喪主が位牌を、他の家族が遺影を持って出棺します。

棺を霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せたら火葬場へ移動します。火葬する際は死亡届を提出した際に受け取る「死体火葬許可証」が必要です。許可証は納骨の際にも必要なので、大切に持っておきます。

火葬後は「収骨(しゅうこつ)」と呼ばれる、故人のお骨を骨壺に納める儀式をします。骨壺を喪主が持ち帰ります。収骨は「お骨上げ」とも呼ばれます。

家族葬の流れ③通夜なし「一日葬」の場合

一日葬とは、お通夜をおこなわずに、葬儀式や告別式、火葬を1日で執りおこなう葬儀のことです。続いては、お通夜がない家族葬の流れをご紹介します。

一日葬の流れ

二日葬と一日葬の違いはお通夜の有無だけで、基本的な流れは同じです。ただし、法律によって死後24時間は火葬が禁止されているため、亡くなった当日に葬儀を執りおこなうことは不可能です。

そのため、一日葬の場合はご遺体を預けられる場所(自宅や安置所)に搬送します。一日葬の1日目は、故人との別れを自宅や安置所で偲ぶことになります。搬送の前後で遺族と葬儀社が打ち合わせをし、翌日以降に葬儀式や告別式、火葬を1日で執りおこないます。一日葬は比較的新しい葬慣習なので、親族に不満を持つ人がいないかを確認しておきましょう。

一日葬の流れについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

家族葬の流れ④火葬後

ここからは、火葬後に最初におこなう法要である遺骨供養から、初七日法要、そして、法要後の会食(精進落とし)までの流れを追います。

遺骨供養から初七日法要の流れ

遺骨供養とは、お骨を自宅などの後飾り祭壇に安置しておこなう法要のことで、還骨法要(かんこつほうよう)とも呼ばれます。遺骨供養では、2~3段ほどの小さな祭壇を自宅に用意し、お骨や故人の写真、白木位牌(しらきいはい)、故人の好物やお花などを置きます。

一方、「しょなぬか」「しょなのか」と読む初七日法要は、亡くなってから7日目におこなわれる法要のことです。最近は葬儀式や告別式と同じ日におこなうケースが増えてきています。

お骨を後飾り祭壇に安置したら、僧侶の読経が始まります。その後は喪主から順に焼香をおこない、場合によっては初七日法要にそのまま移ります。

初七日法要については以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

法要後の会食(精進落とし)の流れ

告別式や火葬、遺骨法要や初七日法要の後には会食をします。参列者や僧侶に感謝の気持ちを込めて接待する宴席です。法要後の会食を「お斎(おとき)」と言います。

これを「精進落とし(しょうじんおとし)」と呼ぶ人がいますが、本来的には誤りです。精進落としは四十九日の法要後、肉や魚を使った食事を解禁することを意味しています。現在では、法要の簡略化・同時化が進み、かなり混同して使用されています。

故人とゆっくり向き合える家族葬で最期のお別れを

「故人らしさ」を葬儀で表現できるのは家族葬ならではです。ルールも厳格ではないので、家族葬の流れに不安を覚えることはありません。何か困った時には葬儀社のスタッフに相談してください。適切なアドバイスがかえってくることでしょう。最期のお別れに、故人とゆっくり向き合える時間がとれるといいですね。