初盆では何をする?法事の準備や招かれた時のマナーを紹介

法事・法要
初盆では何をする?法事の準備や招かれた時のマナーを紹介
お盆には、先祖や亡くなった家族の霊が現世に戻ってくると考えられています。特に初盆(はつぼん)は故人の霊が初めて里帰りするとされ、近親者や友人が集まって法事をします。この記事では、初盆を迎える準備と、初盆の法事に招かれた際のマナーについて紹介します。

初盆の時期としきたり

初盆、または新盆(にいぼん)とは、四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことを指します。初盆の時期やしきたりは地域や宗派によって異なりますが、代表的なものを紹介します。

初盆の時期

お盆の時期は地域によって異なります。全国的には8月のところが多いものの、東京など一部地域のお盆は7月です。

いずれにしても、13日を「盆の入り」とし、16日の「盆明け」までの4日間を「お盆」とします。ただ沖縄など、旧暦の7月13日~7月15日の3日間をお盆とする地域もあります。初盆の法事をおこなう場合は、事前に「その土地のお盆の時期」を確認しておくとよいですね。

故人が亡くなって四十九日が過ぎる前にお盆を迎える場合は、その年には初盆の行事をせず、翌年におこないます。

初盆のしきたり

初盆を迎える家では、13日までにお墓と仏壇をきれいに清めておきます。そして帰ってくる故人の霊のための精霊棚(しょうりょうだな)を作り、盆提灯を飾ります。

盆の入りである13日には、「迎え火」を焚いて故人の霊をお迎えします。マンションなどで迎え火を焚けないときは、代わりに門灯(もんとう)をつけるか提灯を下げるとよいでしょう。

14日または15日に、家族みんなで墓参りをします。そして、自宅に親族や知人を招き、僧侶を読んで法要をおこないます。その後、集まってくれた人へのお礼の意味をこめて食事を振る舞います。

盆明け16日の夕方には、迎え火を焚いたのと同じ場所で「送り火」を焚き、故人の霊を見送ります。

初盆法要の際の服装マナーは?

一般的に、三回忌までの法要には喪服を着用するのがマナーです。特に僧侶を招く場合は、葬儀と同様の服装を心がければ安心です。

法事をおこなう施主は招かれる側よりも軽装であるのはマナー違反とされます。しかし、暑い時期でもあるため、高齢の方などは体調と相談して無理のない服装を選びましょう。

初盆の準備はどのように進める?

初盆を迎える準備は早めに取りかかると安心です。ここでは、準備の仕方を紹介します。

日時を決める

まずは法要を営む日時を決めます。お盆は僧侶にとって忙しい時期です。菩提寺には早めに連絡し、お経を上げてもらう日時を相談します。

招待客への案内を考えると、お盆の2ヶ月~1ヶ月前までには日時を決定しておくとよいですね。

会食の場所を決める

初盆の法事では多くの場合、集まってくれた人へのお礼として食事を振る舞います。そのため、食事会場の手配をしておきましょう。

かつては精進料理が一般的でしたが、現代では招待客の好みや年齢に合わせた食事を用意します。自宅で会食をおこなう場合は、人数調整のしやすい寿司やオードブルなどが便利です。

招く人を決め、案内を送る

初盆に招く人を決め、案内状を作成します。招かれた側が日程調整できるよう、1ヶ月前までを目処に発送するとよいでしょう。

案内状には初盆をおこなう日時と場所、会食の有無も記載します。返信用はがきを同封するか、往復はがきを使って出欠の返事をもらいます。近親者には案内状ではなく、電話で連絡してもよいでしょう。

返礼品の手配をする

初盆のお返しは不要とする地域もあります。事前に調べておくと安心です。

初盆の返礼品としては、すぐに消費できる「消え物」が基本です。そうめんや調味料のほか、洗剤なども人気があります。かけ紙には、「志」「粗供養(そくよう)」などと記すことが多いですが、地域によっては「初盆志」「初盆供養」なども使われます。

精霊棚、仏具などの手配をする

精霊棚は盆棚とも呼ばれ、お盆の間に位牌やお供えを置く棚のことを指します。先祖や故人の霊を迎えるために、盆の入り前日である12日までに作ります。本来は祭壇を設けますが、最近では住宅事情から簡易的に作ることが多いようです。

簡易的な精霊棚の作り方としては、小さな机などに真菰(まこも)のござや白い布を敷きます。その上に位牌を置き、故人の好物や季節の野菜・果物などをお供えします。そして、お供えのひとつとして先祖の霊の乗り物とされる、キュウリで作った馬やナスで作った牛の飾りを置きます。

また、先祖や故人の霊をお迎えするものとして「盆提灯」も飾ります。初盆の年は普通の盆提灯だけではなく、初盆用の「白提灯」を飾る慣習があります。この白提灯は初盆にだけ飾るもので、初盆が済んだらお焚き上げをするか、菩提寺で処分します。盆提灯は、お盆の間は軒先か精霊棚の前に飾り、夜には灯りを入れます。

迎え火と送り火を焚くための麻の茎「おがら」も用意しておきます。これはキュウリの馬・ナスの牛の手足にも使われます。迎え火・送り火は、ホウロクと呼ばれる素焼きの皿の上におがらを入れて焚きます。おがらやホウロクは、スーパーや仏壇店で購入できます。

僧侶への謝礼を用意する

初盆は通常のお盆に比べて盛大に供養するため、僧侶への謝礼であるお布施も相場が高めです。地域差もありますが、10,000円~30,000円程度とされています。

また、寺院以外に僧侶を招く場合は「お車代」を渡します。さらに、僧侶が食事を辞退された場合は「御膳料」を渡すのが一般的で、それぞれ5,000円~10,000円程度が相場です。

初盆に招かれたときのに注意することは?

初盆に招かれたときに気をつけるべき事柄について紹介します。

近親者は盆提灯を贈るならわしがある

初盆には、近親者が盆提灯を贈るならわしがあります。白い盆提灯は初盆にだけ飾るものなので、白提灯ではなく毎年使える「柄入り提灯」を贈ることが多いです。

また、提灯の代わりにお金を包んでもよいでしょう。その場合、不祝儀袋の表書きは「御提灯代」とします。

初盆のお香典の相場とは?

初盆のお香典の相場は、故人との関係にもよりますが5,000円~10,000円程が一般的です。会食にも招かれている場合は、食事の分も考慮して5,000円~10,000円をプラスするとよいでしょう。

お香典は不祝儀袋に入れ、表書きは「御仏前」または「御供料(ごくうりょう)」とします。表書きには薄墨を使わず、普通の墨で書くのがマナーです。

服装のマナー

初盆に招かれた際の服装は、特に案内がなければ喪服が安心です。 案内に「平服でお越しください」とあるときは、男性は黒や紺、グレーのスーツ、女性は黒や紺、グレーのワンピースやアンサンブルを着用します。

葬儀のときと同様に、露出の多い服装や、つま先の空いたミュールなどはマナー違反です。また、数珠を忘れずに持参しましょう。

初盆にどうしても出席できないときは

初盆の法要をやむをえず欠席する場合は、案内が届き次第、欠席の返事をします。返信書類におわびの手紙を添え、供物・供花または供物料を手配するようにします。供物や供花は初盆の前に届くように送ることが大切です。

供物料の場合、表書きは「御仏前」として現金書留で送ります。出席できないおわびと、追悼の言葉を記した手紙を添えましょう。

初盆の準備は故人への想いを込めて

地域や宗派、それぞれの家庭によって初盆の慣習や過ごし方はさまざま。忌明け後初めての本格的な法要ということもあり、事前の準備が大切です。初めて帰ってくる故人の霊をもてなす気持ちで準備をおこないましょう。