法事とは。作法やマナー、準備の手順を解説

法事・法要
法事とは。作法やマナー、準備の手順を解説
法事とは故人の冥福を祈り、供養するための仏教儀式のことです。四十九日や一周忌など法事にはさまざまな種類があり、参加する際のマナーや行事の営み方について知りたい方も多いことでしょう。ここでは法事の場でのあいさつや服装といったマナーに加え、執りおこなう際の手順などについてご紹介します。

法事の意味

「法事」は故人の冥福を祈る「追善供養(ついぜんくよう)」のことで、読経などをおこなう「法要」に加え、その後の会食であるお斎(おとき)などの行事も含まれます。

亡くなった方を偲んだり、魂が極楽に行けるよう祈ったりする場や儀式であり、日単位でおこなわれる「中陰法要(ちゅういんほうよう)」と、年単位でおこなわれる「年忌法要(ねんきほうよう)」とがあります。

法事の種類

仏教では四十九日までの間、亡くなってからの追善供養を7日ごとにおこないます。
これを忌日法要(きにちほうよう・きじつほうよう)といい、それぞれ初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(なななぬか・四十九日)と呼びます。

遺族は故人が亡くなって四十九日までの間は悲しみに打ちひしがれ、故人との思い出にひたります。百ヶ日(ひゃっかにち:約3ヶ月)が過ぎる頃になって、ようやく気持ちが少し落ち着いてくるので百ヶ日目の法事を「卒哭忌(そっこくき:故人を偲んで泣くのを終える法事)」と呼びます。

年忌法要はいつまで執りおこなわれるか

故人が亡くなって1年後に、一周忌を執りおこないます。これは親族のほかに、友人・知人などを招いておこなう法事です。その後は2年後に三回忌、6年後に七回忌となります。

さらに、決まった年数ごとに年忌法要をおこない、最後の法要を意味する「弔い上げ(とむらいあげ)」を三十三回忌まで執りおこなうのが一般的です。ただし、いつまでというはっきりとした決まりはありません。そのため、宗派やお寺、地域によって異なり、五十回忌を弔い上げとする場合もあります。

法事に参列するときのマナー

法事は先祖や故人を偲んで供養する大切な儀式です。招待されたときのために、会場に向かう前に基本的なマナーを押さえておきましょう。

法事の場での挨拶の仕方

法事に参列するときは、受付で丁寧に一礼し、「お招きいただき恐縮です。ご遺族とともに〇〇様を偲ばせていただきたいと思います」などと挨拶をします。

挨拶が済んだら、「どうぞ(御仏前に)お供えください」と、供物料を渡します。会場で遺族と対面したら、手短かに言葉をかけてもよいでしょう。他の参列者もいるため長話は避けた方が無難です。会食に参加するのであれば、その席で故人の思い出話などを語り合います。

法事を欠席するときのマナー

法事は、招待されたらなるべく参列するのが礼儀ですが、やむを得ない事情で欠席する場合もあることでしょう。欠席の意思表示をする際は、法事を取りしきる施主やご遺族に配慮し、故人を偲ぶ気持ちに変わりないことを伝えます。

返信はがきに十分な余白があれば、そこにお詫びの一文を添えます。余白がなければ無理に記載する必要はありませんが、施主側の心情を察すれば、返信はがきとは別にお詫びの手紙を送りたいものです。

法事に参加するときの持ち物・服装

では、実際に法事に参加するときには、どのような服装で何を用意すればいいのでしょうか?

法事の服装

法事の服装は、通夜・葬儀から四十九日、七回忌までは同様のものでかまいません。
遺族は正礼装が基本で、男性はブラックスーツに黒靴下、女性はブラックフォーマルに黒ストッキングを着用します。また、バッグや靴もブラックのものを選びます。エナメル素材や金具が付いたデザインなど光沢のあるものは華美な印象を与えるので避けましょう。スエードといった動物の皮を使用した小物も殺生を連想させるので法事には向きません。
アクセサリーは、結婚指輪や一連パール、一粒パールのイヤリング・ピアスなどは身に着けてよいとされていますが、それ以外のものは避けましょう。

七回忌より後の法事での服装は、近親者のみであれば平服でかまわない場合もあります。ただ、平服といっても普段着でよいわけではないので注意が必要です。男性はダークスーツにシャツ、地味な色合いのネクタイなど、女性は黒や紺、灰色などのスーツやアンサンブルを着用します。バッグや靴も地味な色合いのものであれば問題ありません。

法事の持ち物

法事に必要な持参品は以下の通りです。

・数珠
・供物料または供物(供花)

供物料を用意する場合、それとは別に供物や供花を用意する必要はありません。一般的な仏教の場合、お金は不祝儀袋に入れて、四十九日までは「御霊前(ごれいぜん)」、年忌法要の際は「御仏前(ごぶつぜん)」と表書きします。
供物を持参する場合も同様です。ただし、供物の場合は四十九日の前後問わず「御供(ごくう)」と書いてもかまいません。

法事にお包みする金額の相場

故人と親族・親戚関係の場合は一般的に10,000~50,000円程度、友人・知人の場合は10,000~30,000円程度が相場といわれています。学生や社会人になったばかりの方であれば10,000円というケースもありますが、年齢が上がるにつれて多くお包みする方が増えるようです。

会食に参加する場合は、食事代の相場である約5,000円~10,000円を加えてお包みするといいでしょう。夫婦で参列するときは一人のときと同じ金額でかまいませんが、会食にも参加する場合は人数分の会食費を加えます。このとき、不祝儀袋は夫婦で別々にはしません。連名ではなくどちらかの名前を記載し、ひとつの不祝儀袋にお包みしましょう。

法事を営むときの手順と注意点

法事は招待されることもありますが、逆にこちら側が執りおこなったり、近い親族を手伝う場合もあります。専門の業者に頼むと安心ですが、やはり基本的な心がまえなどは自ら覚えておきたいものです。ここでは、法事を営む際の一般的な手順についてお伝えします。

法事の準備の流れ

法事をおこなうには、会食や返礼品の準備、僧侶への連絡などを手配する必要があります。特に法事の規模が大きい場合は、余裕をもって準備を進めましょう。一般的な準備の流れは以下の通りです。

1.日時を決める
お寺と相談し、日程を決めます。

2.招待者や会食場所の決定
法事への招待者、会食場所を決めておきます。

3.案内状の送付
招待者に法事の案内状を送ります。受け取った側は早めに返事を出しましょう。

4.詳細事項を決める
招待者の席順、会食のメニュー、返礼品などを決めます。

5.お墓の清掃
法事にともなうお墓参りに向けて掃除をします。

当日、施主は早めに会場へ到着して参列者を迎えます。

法事のお返しは何を準備する?

法事のお返しは参列者全員に用意します。金額は4,000円程度が一般的で、お菓子やお茶、タオルなど受け取った側の気が引けないような物がよいでしょう。カタログギフトも、好きな商品を選ぶことができるので重宝することが多いようです。

また、手提げ袋を用意するといった持ち帰るときに困らないような配慮も必要です。缶詰や生鮮食品は持ち帰りに不向きなので、避けた方が無難でしょう。

法事は延期してもいいの?

法事の中心である「年忌法要」(お経をあげること)は、故人の命日である「祥月命日(しょうつきめいにち)」に執りおこなうのが理想的です。しかし、命日が平日だったり、親族で集まるのが難しい日程だったりする場合は、法事の日程をずらすことも可能です。

ただし、昔から、法事を命日より後回しにすることは、故人をないがしろにすることと捉えられています。そのため、やむを得ない事情によって法事を先送りにする際は、親戚などに案内状を送るだけではなく、電話などで事情を説明しておきましょう。

また、命日や命日前にお墓参りだけでもしておくのはいかがでしょうか。「今年は法事が先延ばしになります。お許しください」と、故人に墓前で報告すれば、少しは気持ちも軽くなるはずです。

法事で分からないことはプロに相談を

法事に参列する際は基本的なマナーをしっかりと確認し、遺族に失礼のないよう気をつけましょう。また、法事を執りおこなう側になり、分からないことが多々あるという場合にはプロの専門業者に相談してみるのもおすすめです。法事に関する悩み事を解消して、穏やかな気持ちで故人を偲びましょう。