納骨のいろは。知っておきたい納骨に関する知識とマナー

お葬式のマナー・基礎知識
納骨のいろは。知っておきたい納骨に関する知識とマナー
「納骨はいつ頃するべき?」「納骨式はどのようにするべき?」など、疑問を持っている方は多いはず。お葬式やお通夜に参加する機会があっても、納骨式に参列したことがあるという方は少ないでしょう。今回は、納骨に適している時期や準備、マナーについてご紹介します。

一般的な納骨式の行い方

「納骨」は、火葬した遺骨を納めた専用の壺をお墓や納骨堂へ安置する儀式のこと。

最初に納骨の基礎知識やマナーについて、整理しておきましょう。日取りの決め方や式に招待する人、費用など詳しく見ていきます。

納骨式とは?

納骨式は、亡くなった方の遺骨を納める儀式です。49日法要を行うまでは、自宅で供養するのが一般的。忌明けとなった法要の際に、親族を集めて納骨式が行われます。当日の流れは宗教によって違うため、自分の宗派を確認しておく必要があります。

以前は遺骨を納める場所といえばお墓がほとんどでした。最近はさまざまな供養方法があり、納骨堂や自宅供養、海への散骨、樹木葬など選択肢は幅広くなっています。

納骨式を行うタイミング

一般的には、四十九日の忌明け法要にて納骨式がおこなわれます。仏教では、四十九日までは自宅にて供養を行い、四十九日法要でおこなうというのが通例です。

ただ、お墓を新しく用意する場合は、四十九日に間に合わない可能性が高いです。その場合には、お墓が作られる間、自宅か納骨堂に一時的に安置します。

納骨のタイミングは「いつでも良い」とされています。故人を葬る際に基準となる墓地、埋葬等に関する法律(通称、『墓埋法』)でも、定められていません。そのため、四十九日や一周忌法要で行われることが多いです。

納骨式は誰を呼ぶ?

四十九日法要とともにおこなう場合は、法要に呼ぶ家族や親族、仲の良かった友人などを招くのが一般的です。しかし、特にルールがあるわけではありません。そのため、四十九日法要と納骨式を同時におこなう場合、納骨式だけの場合など、そのときどきに合わせて呼ぶ人が選べます。基本的には、住んでいる地域や信仰していた宗教に則った形式になります。

納骨式の費用相場

費用の相場は、石のお墓の場合に数万円~数十万円ほどかかるといわれています。

具体的には、骨を納めるスペースを作る費用として約20,000円、戒名などを彫刻するために約40,000円などが発生します。他にも、法要のためにスペースを借りたり、卒塔婆を立てたりすると、15,000円~35,000円かかります。

納骨式の準備と当日の流れ

「納骨式に参列した経験がない」という方も多く、当日の流れがわからないという場合も多いでしょう。ここでは、必要となる準備や、当日の流れについて整理しておきます。

納骨式のために必要な準備

最初に納骨場所とおこなう日取りを決めます。納骨場所は、お墓の場合、寺院墓地や公営民営の墓地があります。その他「カロート」と呼ばれる納骨室や、納骨堂など。納骨堂は、一時的に遺骨を預ける場所として利用されていましたが、現在では永代供養のためのお墓として利用されるケースも増加しています。

納骨の際には、僧侶に来てもらう必要があるため、お寺へ依頼しましょう。宗派によって、「卒塔婆」が必要になるため、前もって相談する必要があります。

また、お墓に戒名を彫るため、石材店への連絡も必要です。彫刻だけでなく、カロートの開け閉めなどを依頼することもできるので、必要な項目について依頼しておきましょう。

日取りが決まり、お寺と石材店への連絡が完了したら、参列者へ連絡を行います。四十九日法要とともにおこなう場合には、前もって案内状などを送付しましょう。

さらに、納骨を実施するためには「埋葬許可証」が必要です。死亡届を市町村役場へ提出し、埋火葬許可証を発行してもらいます。火葬が終わったら、埋火葬許可証に証明印を押してもらい、納骨する際に霊園へ提出します。

納骨式当日の流れ

当日は、挨拶、納骨、読経・焼香、会食の流れで行われます。

準備が整うと施主が参列者へのお礼や近況の報告、会食の案内などを含めて挨拶を行います。次に、お墓の納骨室へと遺骨が納められます。納め方については、宗教や地域によって異なります。

納骨が終わると、僧侶が読経を行い、参列者が焼香を行います。「納骨経」と呼ばれる遺骨を納める際の読経は、故人の冥福を祈る気持ちが込められています。最後に、僧侶や参列者とともに会食が行われて、終了となります。

ちなみに、会食は四十九日法要とともおこなうケースに多いです。会食にて故人との思い出話をするのが、目的のひとつとなります。

納骨式で知っておきたいマナー

参列する際に知っておくべきマナーについて、しっかりと確認しておきましょう。服装やお香典、お供え物などの基本を知っておくことで、故人を気持ちよく送ることができます。

納骨式に参列する際の服装

参列する際の服装は季節や主催する側によっても異なりますが、四十九日法要の前におこなう場合は基本的に喪服で参列しましょう。男性は黒のスーツとネクタイを着用し、全体を黒でまとめます。女性は、黒のワンピースかスーツを着て、靴とストッキングも黒で統一します。

四十九日法要の後でおこなわれる場合には、平服でも問題ないとされています。地味な色の服装を選びましょう。地域によっても異なるため、事前に確認しましょう。

納骨式へ用意しておきたい香典

参列するときは、お香典を準備しておきます。香典の相場は5,000円程度といわれています。ただし、会食があるケースでは、10,000円程度とされます。

お香典の表書きは、行われるタイミングによって異なります。四十九日法要までは「御霊前」、四十九日以降は「御仏前」とします。迷った場合には、「御香典」と記載すれば、失礼にはなりません。

お供え物を用意する

当日は、お花やフルーツ、お酒などのお供え物や、線香・ろうそくを用意しておきます。お花は、祭壇に飾るお花なので、一対ずつ主催者が用意する必要があります。

お供え物については、地域や宗教によっても異なるため、事前に確認が必要です。最近は、「御供物料」として5,000~20,000円ほどの現金をお供えするという場合もあります。

納骨しないというケースもある

現代では、葬儀や供養についての考え方が多様化し、「納骨をおこなわない」というケースもあります。「納骨しないとだめなの?」と感じている方もいますので、1つの選択肢としてご紹介しておきます。

場合によっては納骨をしないというケースも

最近では伝統となっていた葬儀やお墓への考え方が変化し、納骨を行わないというケースも増加しています。自宅に遺骨を納めた骨壺を安置したり、散骨したり、樹木葬などの場合です。

自宅にお墓を立てたり埋葬したりするのは違反ですが、自宅で保管する場合、法的には問題がなく、特に手続きも不要です。

納骨していなくても本当に大丈夫?

「本当に納骨しなくても大丈夫なの?」という声もあるでしょう。昔は、「お墓に納骨すべきである」という考えが一般的だったので年上の方ほど違和感があるかもしれません。しかし、「納骨しなければ成仏できない」というわけではないとされています。

納骨しない場合の供養の方法

納骨をしない選択肢もいろいろとあります。具体的には、自宅に安置する、手元供養を行う、山や海へ散骨する、樹木葬をおこなうなどです。

納骨式の流れとマナーを十分確認しておこう

納骨について考えることは、送り出す側としてだけではなく、送られる側としても、「終活」に思いをはせる良い機会になります。自分の場合はどのような納骨の形式を望むのか。残された家族が困らないようにあらかじめ決めておきたいところです。