六曜で知る「友引にお葬式はNG」のホントの理由

ご葬儀を行う際、まず決めなくてはならないのが日程です。それには近い親族のご都合や葬儀場の空き具合などが関係しますが、暦の上での六曜を重視する方もいらっしゃいます。
ここでは六曜の意味やご葬儀を行うのに避けるべき日があるのかどうかなど、知っておきたい六曜の知識をご紹介します。

六曜とは?六曜の種類と意味

六曜とは、陰陽五行説や干支を取り入れて作られた暦上の運勢とも言えるものです。毎日平穏に暮らすために、その日一日の運勢や吉凶の時刻・方位などを読み解きます。
そのため、冠婚葬祭や引っ越しなどの行事の日を決めるときに活用されることが多々あります。
六曜の中でも何をするのにも最も縁起が良い日とされているのが、「大安」です。結婚式も大安に行いたいという人が多いでしょう。
反対に、何をするのにもあまり好ましくない日が、「仏滅」と言われています。そのほか、「先勝」は午前中に何かをするのに適した日であり、「先負」は午後からが物事に取り組むのにふさわしい日とされています。また、午前11時から午後1時までの間に行動するのが吉であとは凶とされているのが「赤口」です。赤が血や火をイメージさせるため、ケガや火事に注意する日とも言われています。
最後に「友引」ですが、昔は「共引」と書かれていて勝ち負けのない平穏な日という意味がありました。大安の次に吉日とされていましたが、「友引」と記すようになってからは「友を引く」という意味合いで用いられることが多くなったのです。この友引がご葬儀と深い関係があると考えられています。

ご葬儀に向き不向きな六曜ってある?

友引にお葬式は行わない風潮があるのをご存じでしょうか? 前述の通り、この日にご葬儀を行うと友も道連れにしてしまうという考え方もあります。結婚式を友引に行うのは友にも幸を呼んで縁起が良いが、ご葬儀には友を死に引き寄せてしまうというわけです。
では、お通夜はどうでしょうか?通常、お通夜は人が亡くなってから翌日以降の夜に行いますが、亡くなった翌日が友引にあたる場合もあるものです。ただ、ご葬儀の場合より神経質になることはないようで、ご葬儀の日が友引に当たらないようにと日取りを考えて、お通夜を友引に行うケースも多いのです。
また、一般的に不吉とされる仏滅に関していうと、ご葬儀を行うにあたっては良い日とも言われています。「今までの物事が滅んで新しく始まる日」という意味合いもあるので、ご葬儀には問題ないという考え方です。

その昔、1月1日は先勝、4月1日は仏滅と決まっていた!?

六曜は基本的に先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順番で繰り返され、法則性があります。たとえば旧暦の1月1日は、必ず「先勝」から始まります。そして1月の末日がどの曜日で終わろうと、旧暦2月1日は「友引」から開始されるのです。ほかの月は以下の通りです。
・1月1日、 7月1日:先勝
・2月1日、 8月1日:友引
・3月1日、 9月1日:先負
・4月1日、10月1日:仏滅
・5月1日、11月1日:大安
・6月1日、12月1日:赤口
六曜の1カ月は30日でしたので、現在の暦にあてはめるとこのルールが崩れます。そのためか不規則に並んでいるように見え、運勢を司る占いのようにも感じるかもしれません。
しかし、六曜はいわゆる曜日のようなもので、仏教など宗教とは関連性がないのです。「結婚式は大安がよい」「友引にご葬儀を行ってはいけない」というのも、迷信や縁起担ぎなのでしょう。実際、友引の日は火葬場の休業が多いこともあり、友引=ご葬儀を避けるという風潮が浸透しているようです。

昔に比べると冠婚葬祭において六曜を気にする人も減ってきたとはいえ、土地柄や家系によっては昔ながらの風習として六曜を重要視する人もいます。
ご葬儀というのは静かに執り行われる大切な儀式であり、皆が心穏やかにその時間を過ごしてくれることを故人様も望んでいることでしょう。やむを得ず友引にご葬儀の日があたる場合は、その日にお葬式を行っても気分を害する親族がいないかどうかを確認したほうが無難かもしれません。できる限り親族皆で相談して、皆が納得できる日取りを決めることが大切と言えるでしょう。
ご葬儀の日程に関しても、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でご相談ください。