任意後見制度とはどんなものでしょうか?

将来、認知症などで判断力が低下したときに備えて、元気なうちに後見人を選定する制度です。後見人は、ご親族や友人、弁護士、税理士など信頼できる人から選ぶことができます。実際、判断力がつかないような状態になった場合、任意後見人制度に基づいて財産管理をしたり、日常生活のサポートをしたりしてくれます。