喪主になった場合、何をしなければならないのですか?

喪主は葬儀の主催者であり、ご家族の代表者となります。葬儀に関するあらゆることをとりまとめる必要があり、葬儀を仕切らねばなりません。

▶喪主の心得

葬儀前に必要な場所・人への連絡や、葬儀中に弔問を受け、会葬者様への挨拶などをしなければなりません。さらに葬儀後の法要や返礼品の準備なども喪主の役割です。

誰が喪主になるべき?
葬儀での喪主の役割や注意点を解説

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。