仏教がわかれば、お寺との関係も変わる? 各宗派の特徴をおさらい!

仏教とは、仏様が説いた教えのことです。仏教はインドで生まれ、中国に渡ったのち、日本には538年に伝わったとされています。仏教は聖徳太子の手によって広まり、多くの寺院が建立されました。平安時代には最澄が天台宗を、空海が真言宗を開き、鎌倉時代には浄土宗や臨済宗、浄土真宗、日蓮宗などが生まれ、日本で独自の発展を遂げたのです。
釈迦が開宗した仏教は、日本で様々な宗旨・宗派に分かれました。今回は、なかでも代表的な仏教八宗について見ていきましょう。

最澄は天台宗、弘法大師は?

最澄(伝道大師)が「天台宗」を開いたのは806年のことです。天台宗は、「法華経」に基づき、円・密・禅・戒の四宗を融合した総合仏教で、総本山となる比叡山(延暦寺)では浄土宗の法然や浄土真宗の親鸞、曹洞宗の道元などが学びました。のちに最澄の弟子の円仁・円珍により密教色が濃くなり、真言宗の「東密」に対比して、「台密」と呼ばれたのです。
「真言宗」は、空海(弘法大師)によって開宗され、密教をその教えの重きとし、現世の姿で成仏できるという「即身成仏」を提唱しました。

庶民に親しまれた浄土系の教えとは

平安時代における仏教は貴族中心に栄えており、庶民に浸透するのは鎌倉時代になってからです。特に法然が説いた「浄土宗」は、念仏を唱えて極楽浄土に往生するというわかりやすさで庶民の支持を得ました。法然の弟子・親鸞もその流れを汲みつつ、自力よりも他力、つまり仏の力を信じ、すべてを任せる教えを説きます。親鸞が唱えた浄土真宗からは、「浄土真宗本願寺派」「真宗大谷派」を含め、真宗十派の分派が生まれています。

南無の意味とは? 武士に愛された禅宗と日蓮宗について

数あるなかで、武士に支持されたのが坐禅を主とする禅宗です。代表的なのが、栄西による「臨済宗」と道元の「曹洞宗」ですが、坐禅で悟りを開く教えは同じでも、その内容は異なるものでした。臨済宗では師匠によって与えられた課題「公案」に集中するのに対し、曹洞宗では壁に向かって無心に坐禅を行う「只管打座」を重視するのが特徴です。
そして「南無妙法蓮華経」という唱えで知られるのが「日蓮宗」です。法華経を経典とし、お題目を唱えることで悟りが得られると説いています。「南無」とは「帰依する」という意味のサンスクリット語の音写で、「南無~」は「~を帰依する」つまり「~を信じる」ということです。ちなみに天台宗や浄土宗は「南無阿弥陀仏」、臨済宗や曹洞宗は「南無釈迦牟尼仏」と唱えます。

菩提寺との関係が希薄となっている昨今。「宗派はどちらですか?」と尋ねられても、即答できる方は少ないかもしれません。ただ、いざご葬儀となると、お寺のお世話にならざるを得ない場合も多いでしょう。今回のように、家の宗派の成り立ちを知れば、興味をもつきっかけとなるのではないでしょうか。
菩提寺がない、または菩提寺が遠方で僧侶を呼び寄せられないなどお寺に関してお悩みの方のために、家族葬のファミーユはお寺のご紹介も承ります。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。メールでのお問い合わせ・資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

ご利用いただいた皆さまの声

ご葬儀をお手伝いさせていただいた方から寄せられたエピソードをご紹介いたします。

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」松村雄基さん

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」俳優 松村雄基さん

「厳父との“サシ飲み”」魚住りえさん

「厳父との“サシ飲み”」フリーアナウンサー 魚住りえさん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」脇屋友詞さん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」中国料理の鉄人 脇屋友詞さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」瀬古利彦さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」陸上競技指導者 瀬古利彦さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」上島光(広川ひかる)さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」タレント 上島光(広川ひかる)さん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合(元・久保田早紀)さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「葬儀には、故人の人柄が表れる」  リポーター・ラジオパーソナリティー 東海林のり子さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-881-353

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。