誰かに話したくなるキリスト教アレコレ

キリスト教徒ではなくても、クリスマスを盛大に迎えるのが日本人です。普段はまったく教会に縁がないのに、この時ばかりは教会に赴いて、聖歌に耳を傾ける人もいるのではないでしょうか。日本人には意識が薄いですが、クリスマスはキリスト教の宗教的な儀式の一つです。そこで今回はキリスト教について豆知識をお伝えしたいと思います。

カトリックとプロテスタントの違いって!?

キリスト教といえば「カトリック」と「プロテスタント」の二つの宗派を思い浮かべる人も多いと思いますが、その違いはさほど知られていないようです。
そもそもはどちらも一つでしたが、権威に対する考え方の違いから、ルターの宗教改革をきっかけに二つに分かれました。プロテスタントはこのときカトリック教会から分裂したので、「反抗者」「抗議者」という意味があります。カトリックは神の次に教会を、プロテスタントは神の次に聖書に重きを置きます。
また、同じものを指していても、異なる言葉を使うことがあります。たとえば、カトリックでは「聖歌」「神父」といいますが、プロテスタントでは「賛美歌」「牧師」といいます。

キリスト教で重要なのは「死」の迎え方

キリスト教では死に対する考え方が仏教や他の宗教とは違います。死は「召天」といい、主(神)のもとに召され、最後の審判を受け、復活の日まで天国で過ごすという意味があります。仏教のように死を穢れとは捉えませんし、命の終わりを意味するものでもありません。
カトリックとプロテスタントのご葬儀の違いとしては、次のようなことがあります。
・信者が危篤になったときには神父(カトリック)または牧師(プロテスタント)が立会い、神に祈りつつ死を迎える
・ご葬儀のときは、カトリックではキリスト再臨と死者復活を願い、プロテスタントでは神へ感謝し、遺族を慰めるために祈りをささげる
・カトリックには臨終の信者に油を塗る「終油の秘蹟」という儀式があり、その後パンとぶどう酒を危篤の信者に与える「聖体拝預(カトリック)」を行う。プロテスタントは同じ儀式の「聖餐式」だけを行う。

ご葬儀で知るカトリックとプロテスタントの違い

日本で行うキリスト教のお通夜や献花、香典などは実は日本独自のもので、進行は仏式とほぼ同じです。
納棺式では聖歌や賛美歌斉唱、聖書朗読や説教などが行われ、白い花でお体を飾って棺を黒い布で覆います。
お通夜・ご葬儀は、カトリックでは「通夜の祈り」「葬儀ミサ」、プロテスタントは「前夜祭」「葬儀式」といいます。また、カトリックでは聖書朗読や神父が説教をする「言葉の典礼」や、パンやブドウ酒を奉納する「感謝の典礼」が行われますが、プロテスタントでは祈りを捧げることがメインのご葬儀になります。
さらにキリスト教では「出棺」は自宅から教会へ向かうときをいいます。土葬が基本ですが、日本では土葬が認められていないので、火葬にします。

日本の国際化が進む中で、キリスト教式のご葬儀に参加する機会も増えるかもしれません。キリスト教葬は死に対する考え方も葬儀の方法も仏教のお葬式とは全く異なります。いざという時のために、キリスト教葬についても知っておき、失礼のない行動を心がけたいものですね。