最近よく聞く家族葬のうそホント

このところ家族葬に注目が集まっています。しかし、「少人数で安価なお葬式」のイメージばかりが先行していて、実際にどんなお葬式なのかよくわからないという声も聞きます。
家族葬には確固とした定義はなく、葬儀社によって内容は異なります。一般葬と変わらない部分も多くありますし、デメリットもあります。
そこで、家族葬を検討する場合に知っておきたいことをまとめてみます。

家族葬の範囲は? 基本的に無宗教ってホント!?

まず、家族葬の基本的なことについて知っておきましょう。
・一般の参列者を招くのが一般葬、招かないのが家族葬
家族葬は近親者で行うお葬式です。直系の家族だけで行うこともあれば、付き合いの深い親族や親しかった友人を招くこともあります。家族葬の人数に決まりはありません。家族の他に親類や友人も参列する場合は、20~30名規模の家族葬になることが多いようです。
・家族葬=安価というわけではない
家族葬でもたくさん人を呼べば、一般葬と同様、費用がかかります。費用が参列者数次第であるのは一般葬と同じです。
・家族葬=無宗教というわけではない、その家族による
宗教と家族葬のやり方には直接関係はありません。一切、宗教的な儀式を執り行わないケースもあれば、お坊さんを招いて一般葬と変わらない流れで行うケースもあります。

メリットから見る、家族葬を選ぶホントの理由

家族葬のメリットはいろいろあります。
・故人と時間をかけてゆっくりお別れすることができる
・ごく親しい人だけで故人を偲ぶことができる
本当に親しい人だけで、人目を気にせず、最後のお別れができるのが家族葬の良いところです。自分のお葬式にそうしたお別れを望む人が増えてきたことも、家族葬が多くなっている理由になっています。
・近親者や親しい人しか参加しないので、気をつかわずに済む
・香典や香典返しが無いので煩わしい思いをしない
・義理で来る人に迷惑をかけずにすむ
・少人数なら自宅でもできる
お葬式は、近親者が亡くなったことに加えて、葬儀に参列者の対応など、ご家族にとっては精神的に辛い時期です。ごく近親者で行う家族葬なら、そんなご家族の精神的負担を減らすことができます。

家族葬=安価はうそ!? その他のデメリットも

家族葬は、よい点もたくさんありますが、デメリットもあります。検討する場合は、デメリットもしっかり知っておきましょう。
・参列者がいない=香典収入がないため、自己費用が増える
・後から「どうしてお葬式に呼んでくれなかったのか」と言われる
・葬儀後に訃報を聞いた人が五月雨式に家に来てしまう
・葬儀は行うものと思っている親類を説得しなければならない
葬儀の参列に関するトラブルを避けるには、亡くなったときに「葬儀は身内だけで行います」と通知をしておくことです。家族葬が故人の遺志である場合は、その旨も伝えましょう。
葬儀後に事後通知になってしまっても、何らかの方法で関係各所には知らせておくようにします。

単純に人数が少なくて済む、費用が安く済むから家族葬で、と考えるのは早計かもしれません。家族葬にすることで逆に気を配ならければいけないこともあります。
家族葬のよい点は、故人と家族がゆっくり最期の時を過ごせるという点です。ここに重きをおき、家族葬にするかどうかを決めるとよいでしょう。
「どんな葬儀にしたいか」は明確には答えられないものです。信頼できる葬儀社とじっくり話し合って決めることをおすすめします。