まずはここから! シンプルイズベストな喪主の挨拶

喪主の役目というと、ご葬儀の取りまとめはもちろん、僧侶・弔問客への対応や葬儀社との打ち合わせなど思いつくだけでもたくさんあります。
その中でも重要なのが、喪主の挨拶です。どのようなシーンで行うものなのか、それぞれどんなことを述べればよいのか、文例を挙げてわかりやすくご紹介します。

喪主の挨拶のタイミングは?

喪主が挨拶をする場面として、よく挙げられるのが「お通夜の後」「通夜ぶるまい」「告別式の後・出棺時」「精進落とし」です。
どのシーンでも感謝の言葉は共通して述べるものです。まずは、参列してくださったことに対するお礼から始まるのが一般的でしょう。

このような言い回しをいくつか心得ておくと、とっさの時に役立ちます。

「本日はさっそくのご弔問、ありがとうございました」 
「本日はお忙しいところ、父・○○の葬儀にご参列くださり、誠にありがとうございました」
「皆様にはご多忙中にもかかわらず、母・○○の告別式にご会葬賜り、厚く御礼申し上げます」
「本日はご多用のところ、亡き父・○○のためにお集まりくださいまして、誠にありがとうございました」

基本的に「ご弔問」はお通夜、「ご会葬」はご葬儀・告別式の場合に使用します。どちらか迷った場合には「ご参列」で問題ありません。また、故人様が生前お世話になったお礼も一緒に覚えておきましょう。

「皆様の生前のご厚誼、深く感謝申し上げます」
「生前に賜りましたたくさんのご厚意に厚くお礼申し上げます」
「生前にいろいろとお世話になりましたこと、故人に代わりまして厚くお礼申し上げます」
「○○の存命中、皆様方には大変お世話になりました。この場をお借りして深く感謝申し上げます」

簡潔でも、心を込めて丁寧にお伝えすることが大切です。相手の方に伝わるように一言ひとことゆっくり述べると心が落ち着き、話しやすくなります。

簡単だから失敗しない、お通夜・通夜ぶるまいの挨拶例

お通夜の挨拶も駆けつけてくれた方に対し、故人様に代わってお礼を述べるのが基本です。一つ、シンプルな例をご紹介しましょう。

<お通夜の後の挨拶文例>

喪主の○○でございます。
本日はお忙しい中、亡き父○○の通夜にご弔問くださり、故人に代わりましてお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。
父は○月○日○時○分、静かに息を引きとりました。享年○歳でした。生前賜りましたたくさんのご厚意に深く感謝申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

これに通夜振る舞いへのお誘いや告別式のご案内なども含めて、通夜ぶるまいの前の挨拶を省略する場合もあります。通夜振る舞い前後の挨拶例もご紹介しますので、組み合わせるなどして状況によって使い分けてみてください。

<通夜振る舞いの前の挨拶文例>

本日はご多用にもかかわらず、お越しいただきありがとうございます。皆様に見守られて、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。
別室にてささやかな酒肴(しゅこう)を用意いたしましたので、お召し上がりながら故人の思い出話などをお聞かせいただければ幸いでございます。
本日はありがとうございました。

<通夜振る舞いの後の挨拶文例>

皆様、本日はありがとうございました。おかげさまで滞りなく、通夜を終えることができました。
もう夜も更けてまいりました。お話は尽きませんが、遠方からお越しの方もいらっしゃいますので、このあたりで終了にさせていただきたいと存じます。
なお、明日の葬儀・告別式は○時より○○で執り行ないます。
本日は遅くまで誠にありがとうございました。

【例文付き】通夜での喪主の
挨拶のポイントと注意点

出棺の挨拶はシンプルな文例に自分の言葉を添えて

告別式の後、出棺の際には喪主が位牌を持って挨拶を行います。
ご葬儀に参列していただいたお礼と、故人様が生前お世話になったことに対する感謝の気持ちを表現し、最期の様子や今後の支援などについても簡単に述べます。参列者の方々の精神的な負担にならないように、湿っぽい内容は避け、簡潔にまとめましょう。

<出棺時の挨拶文例>

故人の長男の○○でございます。親族を代表して、一言ご挨拶を申し上げます。
本日はご多用中にもかかわらず、亡き父・○○の葬儀・告別式にお運びいただきまして、誠にありがとうございました。故人も皆様のご厚情に感謝していることと存じます。
父は○年前に胃腸を患って以来、入退院を繰り返しておりましたが、○月○日の夜に容態が急変し、そのまま家族が見守るなか○歳の生涯を閉じました。家族には一切つらい様子を見せることなく、今も思い浮かぶのは父の穏やかな笑顔ばかりです。
皆様には今後とも亡き○○の生前と変わりなき、ご支援、ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

ご葬儀が終わったら、「精進落とし」の席でお世話になった方たちをもてなします。
この前の一言が、喪主の挨拶の締めとなります。「お通夜の後」「告別式の後・出棺時」の挨拶は参列者の方々に向けてというのがほとんどですが、「通夜ぶるまい」「精進落とし」といったお食事の場では、主に親族に対しての挨拶となるでしょう。親族のみの場合は、堅苦しい言い回しを省略してもよいかもしれません。

<精進落としの挨拶文例>

本日は亡き父のためにお集まりくださいまして、ありがとうございます。おかげをもちまして、滞りなく葬儀・告別式を終えることができました。これもひとえに皆様方のお力添えの賜物です。改めてお礼申し上げます。
心ばかりではございますが、精進落としの席を用意いたしましたので、どうぞ、ごゆっくりお召し上がりください。本日は誠にありがとうございました。

【喪主の挨拶文例集】
葬儀・告別式のシーンごとに例示

深い悲しみの中での挨拶となるので心の整理がつかず、言葉がつまってしまうこともあるでしょう。
紙に書いて読むといった方法でもマナー違反にはならないので、なるべく心を落ち着けて勤めましょう。葬儀社でも文例を用意してくれるので、そちらも参考にしたうえで自分の気持ちを添えるといったものでも構いません。

葬儀のパンフレットを無料でお届けします

いざという時に備えて「お葬式の疑問を解決」できる パンフレット+冊子を無料で進呈中!
※葬儀会社とわからない封筒もお選びいただけます。

request.png

▶オンラインでお申込み(無料)はこちら

ご利用いただいた皆さまの声

ご葬儀をお手伝いさせていただいた方から寄せられたエピソードをご紹介いたします。

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」松村雄基さん

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」俳優 松村雄基さん

「厳父との“サシ飲み”」魚住りえさん

「厳父との“サシ飲み”」フリーアナウンサー 魚住りえさん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」脇屋友詞さん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」中国料理の鉄人 脇屋友詞さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」瀬古利彦さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」陸上競技指導者 瀬古利彦さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」上島光(広川ひかる)さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」タレント 上島光(広川ひかる)さん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合(元・久保田早紀)さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「葬儀には、故人の人柄が表れる」  リポーター・ラジオパーソナリティー 東海林のり子さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-881-353

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。