「家族葬」と知っても慌てないためのポイント3つ

最近、よく耳にするようになった「家族葬」という言葉。意味合いは何となく理解しているつもりでも、実際のご葬儀で「家族葬」の案内を目にすると、どのように対処したらよいか判断に迷う方も多いようです。ここでは、親しい間柄の方のご葬儀が家族葬だった場合に気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

【その一】「家族葬で送る」との連絡や案内が来た場合

家族葬とは文字通り、ご家族やご親族、友人などごく親しい間柄の方たちで行われるご葬儀のことをいいます。故人様が希望された、また、そうでなくても本当に身近な方々で心を通わせ、ゆっくりと別れの時間を過ごしたいという想いから行われるものです。家族葬には特別なルールはありませんが、よくある特徴として参列ならびに香典や供花などご厚志辞退が挙げられます。
そのような案内が届いたら、故人様やご家族の気持ちを尊重することが大切です。弔意を形にしたいという気持ちはあっても、行動に移す前にご家族がなぜ家族葬を望まれたかを考え、ご葬儀の場所や日時についてのお知らせが特にない場合は「参列」は慎み、電話でのお悔やみも控えるのが好ましいでしょう。

【その二】人づてに「家族葬」と知った場合

ご家族から直接、参列の案内を受けた場合以外は参列を控えましょう。一般葬もそうですが、家族葬では参列者数が限られ、想定外の弔問者が来ると人数ごとに精進落としの御膳など追加料金がかかってしまいます。家族葬は香典収入がないお葬式の場合がほとんどですので、費用の面でもご家族に負担をかけてしまいます。
なかには後日、喪中はがきなどで「家族葬でとり行った」旨をお伝えする場合があるでしょう。人づてで「家族葬」と知ったそばから何らかの対応を行うのは早計ともいえます。

【その三】ご葬儀の後、「家族葬」でとり行ったことを知った場合

家族葬と密葬の違いに明白なものはないと思われていますが、家族葬には密葬で見られるような、後日のお別れの会や偲ぶ会などを行う例は少ないでしょう。そのため、参列できず、お別れの場を持てなかった方々はお悔やみの気持ちを伝えたく、ご葬儀後の弔問を考えるかもしれません。
しかし、この弔問対応がご家族にとって負担になる場合があります。本来であれば、なるべく早く弔問して弔意を示したいものですが、ご葬儀後は喪家様も忙しくされているものです。いったんはお悔やみの手紙を送るなどし、弔問に関してはいつ頃お伺いするのがよいか後日お尋ねするのがよいでしょう。その際、ご辞退を希望されるようでしたら、無理を通さず、ご家族の意向に沿うようにします。

家族葬は、会社や知人、ご親戚さえ呼ばず、小規模で行われることも珍しくありません。その規模ですと、参集するのは皆、気心の知れた方々です。故人様やご家族が家族葬と言う形態を選択する最大の理由は、人生の最期は「世間体の顔」ではなく、心の許せるご家族とゆっくり過ごしたいとの想いが一番です。そのような場に呼ばれたなら、最期の時に立ち合ってもらいたい僅かな人物の一人に選ばれたということ。そう思うと一層、心からのお見送りができそうですね。