出棺時に棺が回る!? 熊本県の変わったご葬儀風習

お葬式は地域によって独特の風習があります。しかし、最近では古くからの慣習に従うよりも故人様やご家族の考えを大切にする傾向があり、昔ながらのご葬儀風習も段々と失われつつあります。ここでは、それでもなお、その土地のご葬儀マナーとして受け継がれている風習をご紹介します。
熊本県のご葬儀風習には、残されたご家族様に対する細やかな心配りが込められた独特の習慣があります。

bnr_kumamoto_souginochishiki.png

熊本では、出棺の際に茶碗を割る

熊本県のご葬儀風習には、「茶碗割り」と呼ばれるものがあります。これは出棺する時に、故人様が愛用していた茶碗を割るという儀式です。出棺時に霊柩車のクラクションの音が鳴ると共に家の出入り口で行われます。愛用の茶碗が手元にない場合、葬儀社が儀式のための茶碗を貸してくれることもあります。
「茶碗を割る」ことの意味は、故人様がいつも食事に使っていた碗をこなごなに壊してしまうことで、この世にはもう故人様の帰る場所がないことを表しています。一見突き放しているように見えても、現世に未練なく、心安らかに来世へと旅立ってほしいというご家族様の願いから来るものです。これは熊本だけでなく、兵庫や愛媛などでも今なお、よく見られる風習です。

夜伽見舞い(よとぎみまい)とは?

熊本県には、「夜伽見舞(よとぎみまい)」と呼ばれるご葬儀用語があります。これはお通夜に参列する際に参列者が香典とは別に、お菓子・缶詰・お米などを用意して故人様のご家族様に渡す風習のことを言います。
夜伽とは、熊本県の一部の地域でお通夜を指し、故人様のそばで一晩過ごすことを意味しています。そのため夜伽見舞いには、残されたご家族がお通夜の間それを食べながら故人様との静かな時間を過ごしてほしいといった思いが込められています。
夜伽見舞いをいただいたご家族は、香典返しの品物を多めに返すのがマナーとされています。お通夜の後には、残った夜伽見舞いを皆に配ります。地域によっては、夜伽見舞いを関係者全員で食べるという風習もあり、これにはご家族の淋しさを皆で分かち合うという意味合いも含まれています。

出棺時に棺を3度回す熊本のご葬儀風習

熊本県の各地には、お葬式の出棺の際「三度まわし」または「棺まわし」という風習もあります。
故人様と縁のある親族の男性達数人で棺を持ち上げて運び、霊柩車の前でいったん止まり、棺を持ったままその場で3回回るというのが一連の流れです。その後、棺は霊柩車に納められます。右回りか左回りかは特に決まってはいませんが「棺を3度回す」ことに2つの大切な意味が込められています。
1つは、棺をぐるぐる回すことで故人様の方向感覚を無くし、決して家に戻ってこられないようにするためです。心置きなくあの世へ旅立ってほしいという見送る側の思いが込められています。
もう一つは、「回る」ことそのものに意味があります。お遍路まいりでお遍路さんが色々な聖地を回ること、これと棺が回ることが掛け合わされているのです。この儀式をすることで、故人様が現世で犯した罪を軽くしたいという意味合いが込められています。さらに3度回すの3には「過去・現在・未来」の三つが示されていると言われています。

実は熊本の人口の70%は浄土真宗を信仰しているといわれます。浄土真宗では友引でもご葬儀を行いますので、熊本の火葬場は年中無休というのが一般的です。友引のご葬儀を気にしないのは、浄土真宗開祖親鸞の教えからきています。通常、熊本では午前中に火葬を行い、午後からご葬儀となることがほとんどです。またご葬儀は「葬式組」と呼ばれる近隣の人々によって取り仕切られます。
熊本のご葬儀風習には、こういった地域の結びつきを大事にする県民性を感じさせるしきたりが多く存在しています。
家族葬のファミーユのスタッフは、地域の風習にも熟知しております。お困りのことがございましたら、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321までお気軽にご相談ください。

ご利用いただいた皆さまの声

ご葬儀をお手伝いさせていただいた方から寄せられたエピソードをご紹介いたします。

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」松村雄基さん

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」俳優 松村雄基さん

「厳父との“サシ飲み”」魚住りえさん

「厳父との“サシ飲み”」フリーアナウンサー 魚住りえさん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」脇屋友詞さん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」中国料理の鉄人 脇屋友詞さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」瀬古利彦さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」陸上競技指導者 瀬古利彦さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」上島光(広川ひかる)さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」タレント 上島光(広川ひかる)さん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合(元・久保田早紀)さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「葬儀には、故人の人柄が表れる」  リポーター・ラジオパーソナリティー 東海林のり子さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-881-353

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。