お悔やみはメールで送っていい!? 友人には?気をつけたいポイントをチェック!

本来、お悔やみの言葉は直接伝えるものであり、ご葬儀への参列が難しい場合には手紙や電報を送るのが一般的なマナーとされています。しかし、メールで訃報の連絡を受けたときは、どうしたらよいのでしょうか? お悔やみの言葉をかける側に立つと、メールで返してもよいのか判断に困るものです。もしそのような状況になったとき、どのように対処したらよいか、さらには友人や同僚、上司など関係性によっての返信例をご紹介します。

メールで訃報を受け取ったときはメールで返信してもOK?

第一に、お悔やみをメールで送ることはあくまでも略式であると覚えておきたいところです。メールのメリットは、こちらの気持ちをすぐに伝えられる点です。親しい間柄であれば、離れた場所にいても相手を気遣うメッセージをすぐに送ることができるため、寄り添う気持ちが伝わります。そのため、メールで訃報を受けたときは、メールで返事をしても差し支えありません。ビジネス上の関係でも取り急ぎ、お悔やみのメールを返信しましょう。

お悔やみメールのタブーとは?

お悔やみメールの内容で注意したいのが「忌み言葉」です。「忌み言葉」とは、ご葬儀の場では使用してはならない、不吉なことを連想させるような言葉や言い回しなどのことです。弔電や弔辞と同じく、お悔やみメールでも「忌み言葉」の使用は控えます。「不幸の繰り返し」をイメージさせる「たびたび」や「重ね重ね」などの繰り返し言葉は絶対に使用しないで下さい。「重ねて」や「続いて」の他「再三」など、つい使ってしまいがちな言葉ですが、これらも忌み言葉になります。
また、お亡くなりになった方の敬称にも気を付けてください。故人様が、メールを送る相手の父親なら「ご尊父様」、母親なら「ご母堂様」などです。
メールの場合、文字化けしないように機種依存文字や絵文字の使用は避けます。時候の挨拶は控え、前置きなしでお悔やみを伝える文章から始めましょう。相手が時間を取らずに読めるよう、シンプルな書き出しを心掛けて下さい。件名も「○○(ご自身の氏名)よりお悔やみ申し上げます」など本文が一目で理解できるようなものがよいでしょう。

友人からビジネスまで。アレンジできる、お悔やみメールの基本文例

参考までに、いくつかお悔やみのメール文例を挙げておきます。一般的な汎用例からご友人、同僚、上司など関係性や状況によってご用意しました。ご自身の心境を簡単に追加するなど、心からのお悔やみを表しましょう。

<一般的なお悔やみ文例>
突然のお知らせに大変驚いております。どうかお力落としの無い様にお体をお労り下さい。
この度は誠にご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げますと共に、故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

<友人への文例1>
ご尊父様がご逝去されたと知り、大変驚いています。
お優しい方でしたからあなたもさぞお寂しいことでしょう。
どうかお力落としのないように。
何かお力になれるようなことがあったら、いつでも連絡ください。

<友人への文例2>
この度はご愁傷様です。突然の知らせに言葉もありません。
皆様のご心痛を思うと心が締め付けられる思いです。
どうか無理をされずに、お体をお労り下さい。

<友人への文例3>
ご尊父様ご逝去の知らせにとても驚いています。
ご立派なお父様でいらしたのに、残念でなりません。
知らなかったとは言え、お悔やみが遅くなり申し訳ありませんでした。
ささやかなお花をお送りしたので、御霊前へどうぞお供え下さい。
この度は、心から故人のご冥福をお祈りいたします。

<ビジネス関連の文例1>
突然の訃報に際し、大変驚いております。
本来ならばご葬儀へ伺わなければなりませんが、都合によりこの様な形になり大変申し訳ありません。
心から故人のご冥福をお祈り致します。

<ビジネス関連の文例2>
この度はご尊父様のご不幸に際し、心よりお悔やみを申し上げます。
皆様の御傷心を思うと言葉になりません。
どうかあなたもご無理をなさらず今は心身をお労わりになられる時です。
仕事についてはお気にされず、今はご家族に寄り添われて下さい。

略式とはいえ、お悔やみメールも弔意を伝える手段の一つです。ファミーユでは弔電に関するコンテンツもご用意しております。丁寧な言葉づかいはもちろん、タイミングを逃さず、大切な方を失った方への心配りを忘れないようにしましょう。