どっちを優先? 結婚式とお葬式の日程が重なったときの対処法

冠婚葬祭において、ご葬儀は急に入ることも多いため、出席予定の結婚式と日程が重なることもあるでしょう。最近ではスケジュールの都合がつけば、両方に出席してもよいとされています。しかし、それも関係性やお付き合いの深さにもよります。どんな判断基準で、どのように対応すればよいか、悩みがちなこのケースについて、ご紹介します。

結婚式とお葬式が同日に! 優先すべきは○○○

お葬式と結婚式の日程が重なってしまった場合、優先順位としてはご葬儀を優先するのが一般的です。結婚のお祝いは後日でも伝えられますが、故人様とのお別れの場となるご葬儀は1回きりです。訃報が届き次第、迅速に結婚式に欠席する旨を伝えましょう。欠席でも、お料理や引き出物の手配をしているでしょうから、出席した時と同じ金額のご祝儀を包んで後日、お祝いの言葉と共に持参するのがマナーです。

判断基準のポイントは?

通常においてはご葬儀優先である冠婚葬祭ですが、結婚式のメインとなる人たちと、ご葬儀で送り出される故人様が自分とどのような関係であるかということで優先順位は変わってきます。例えば結婚式を挙げる夫婦が自分にとって近しい親族で、故人様がそれほど近しい間柄でなければ、結婚式を優先しても良いでしょう。ご葬儀を欠席する際には、弔問できないことに対してお詫びとともにお悔やみを述べた弔電を打ちます。後日、改めてお香典などを渡すのを忘れないようにしましょう。

ご葬儀と結婚式が同日の場合、どんな服装で出席する?

お葬式と結婚式が同じ日のとき、時間が重なっていなければ両方参加することも現代ではよし、とされています。慶事と弔事、同じ日に参加するのは躊躇するかもしれませんが、人の縁を大切にするためにも許される範囲と言えるでしょう。
ただし、服装や持ち物などは注意しましょう。基本的には、小物を慶事用・弔事用に変えれば、服装は黒の礼服着用だけで対応できます。男性の場合、慶事では白、弔事では黒のネクタイ・靴下をつけなおします。女性の場合、結婚式ではネックレスやハンドバッグも華やかなものでよいですが、ご葬儀では弔事用の地味なものに変えましょう。ふくさは紫色であれば、慶事・弔事両方に使えるので一つ持っておくと便利です。同日に結婚式とお葬式に出席していることを様々な人たちに気付かせないようにする配慮がマナーとなるでしょう。

近親者が亡くなり、ご葬儀などを済ませた後の一定の期間、故人様の死を悼んで身を慎むことを「喪中」と言います。喪中期間は結婚式などの華やかな行事を避けることが常識とされていますが、最近では100日や49日の忌明け後を目途にするなど喪中の期間も緩やかにはなっています。お悔やみの気持ち、お祝いの気持ち、どちらの想いも機を逃さず伝える方法を選びたいですね。