喪家に失礼なく贈る供物のマナー

供物(くもつ)とは、故人様への弔意を表す品物のことです。一般的にはご親族や親しい間柄の方々が贈るもので祭壇や仏壇にお供えし、故人様を供養します。ここではお通夜やご葬儀で贈る供物の相場や選び方などをご紹介します。

供物を贈る場合、香典も用意する!?

一般的に供物や供花は香典の代わりになると考えられているため、両方贈らなければならないという決まりはありません。どちらも用意する例としては、友人一同や連名など団体や複数人で供物や供花を送り、個人的に香典をお渡しする、というケースが多いでしょう。故人様と特に生前親しくしていて、偲ぶ気持ちが深ければ、両方贈ってもかまいません。ご葬儀場の都合や家族葬などでお断りしている場合もありますので、贈る前にはご家族に必ず確認しましょう。了承を得た場合は、お通夜前・ご葬儀前日には届くようにします。

TPOに合わせた供物選びが基本?

供物の相場は5,000~10,000円程度で、祭壇のそばに並べても場所をとらないくらいの大きさが好ましいでしょう。注意する点は、品物選びです。仏式では線香や果物、落雁などの菓子折りが多く、生ものは控えます。一方、神式ではお酒や果物、鮮魚が多く、仏式と違って線香はタブーです。キリスト教では供物は贈らず、プロテスタントの場合のみ生花を受け付けています。お供え物は宗教宗派に加え、地域性にもよりますので、担当の葬儀社に依頼したほうが安心です。

喪家様の手に渡るまで抜かりなく、贈り方のマナー

供物を贈る場合、のしはつけません。水引は黒白の結び切りですが、西日本の一部では黄白のケースもあります。表書きは「御供」を使用し、その他、仏式では「御霊前」、神式では「奉献」などと記します。お通夜・ご葬儀に参列するのであれば、受付で「御霊前にお供えください」とひと言添えて渡しましょう。忌明け法要後は「御仏前」となります。

故人様の霊を慰める供物選びは失礼のないように細心の注意を払いたいものです。飾ったときの統一感にも影響するので、ご葬儀を担当している葬儀社に品物から依頼すると良いでしょう。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ