24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

四十九日後の位牌の準備を忘れずに。位牌Q&Aも要チェック!

位牌というと、お仏壇に飾られた黒色、あるいは金がほどこされた重厚なつくりのものをイメージする方もいらっしゃるでしょう。一方で、ご葬儀の際にご使用する白木のものも「位牌」と呼ばれています。
今回は、故人様を偲ぶための象徴ともいえる、位牌についてご紹介します。

仮位牌と本位牌の違いとは? 変更のタイミングって!?

お亡くなりになった後に用意される位牌は、白木の「仮位牌」と呼ばれるものです。ご葬儀が終わったら、遺影や遺骨、線香などと共に後飾り壇に飾られ、忌明けの四十九日まで使用します。そして、忌明け後は塗り位牌となる「本位牌」に代わります。
仮位牌は寺院や葬儀社が用意してくれる場合がほとんどですが、本位牌は四十九日までにご家族やご親族が仏壇・仏具店などで購入し、お寺で入魂供養をしてもらう必要があります。注文から手元に届くまで2週間程度はかかるので、四十九日の法要までに余裕を持って手配しておきましょう。
白木の仮位牌は寺院や仏具店に依頼し、お焚き上げで供養したあと処分していただきます。

知っておきたい、戒名のしくみ

位牌には、故人様の戒名(かいみょう)や俗名(生前のお名前)、お亡くなりになった年月日、行年(享年)などが記されています。戒名とは、仏の弟子になったことを意味する名前です。戒名は生きている間に授かり(生前戒名)、仏弟子として生活を送るのが本来ですが、近年では逝去後に僧侶から授与される流れが一般的です。宗派によって戒名はさまざまで、浄土真宗では法名、日蓮宗では法号などと呼び名が変わります。
難しい漢字が並んでいる印象ですが、厳密にはそのなかの2文字が戒名(法名、法号)にあたります。宗派や格式に差はなく、仏教のうえでは誰もが平等に2文字なのです。その前後に寺院によるところの「院号」、職業や雅号などを表す「道号」、お寺への貢献度などを示す「位号」が付けられます(すべて含めたものを戒名・法名・法号と呼ぶ場合もあります)。
ちなみに、かの有名な小説家である夏目漱石の戒名は「文献院古道漱石居士」です。「文献院」=院号、「古道」=道号、「漱石」=戒名、居士=「位号」という構成になっています。
位号は階級のようなものがあり、成年の男性には「信士(しんじ)」・女性には「信女(しんにょ)」、寺院への貢献度が高い場合は、男女それぞれ「居士(こじ)」「大姉(だいし)」と表されることもあります(さらに「大居士(だいこじ)」「清大姉(せいだいし)」もあり)。
ほかにも宗派によって特徴が見られ、天台宗や真言宗では頭に梵字(ぼんじ)、浄土宗や浄土真宗ではそれぞれ「誉」「釈」という文字が入るなど、さまざまです。浄土真宗ではそもそも、位牌をつくらない方もいらっしゃいます。宗派などがわからない場合は、ご先祖様の位牌を仏具店に持参し、確認してもらうとよいでしょう。

戒名ナシでも位牌はつくれる? 位牌に関するよくある質問

ファミーユでは位牌に関する質問にもお答えいたします。そのなかから、よくある質問を挙げてみましょう。

■位牌がいっぱいで、仏壇に安置しきれない場合の対処法は?
菩提寺の僧侶に相談して、「過去帳」か「繰り出し位牌」に移し変えていただきます。過去帳とは、故人様の戒名・俗名・死亡年月日・享年などを記した帳簿のことです。繰り出し位牌は、複数の札板が入れられる箱型の位牌です。

■戒名料の相場はどのくらいですか?
戒名料ではなく、ご葬儀の読経などと併せて「お布施」としてお渡しするのが一般的です。院号などの種類によって金額が前後する場合があり、菩提寺によっても異なるものですが、菩提寺がない方はファミーユでご紹介することも可能です。その場合であれば、お布施の金額も想定できますので、お気軽にお申し付けください。

■位牌は、一人一つが決まりなのでしょうか?
ご夫婦の場合など、連名でも一基にまとめることができます。その際、不要になった位牌は寺院で供養のうえ、処分していただきましょう。また、北関東など一部地域では親がなくなった際、子どもの数だけ位牌をつくり、位牌分けをする風習もあります。

■無宗教でも位牌はつくれますか? また、戒名ナシでもつくれますか?
どちらのケースもつくることが可能ですし、無理につくる必要もありません。戒名を付けないのであれば、生前のお名前(俗名)で位牌を作成できます。位牌には、お名前のあとに「霊位」と刻まれるケースが多いでしょう。依頼する仏具店がない場合はファミーユでもご紹介できますので、ご相談ください。

位牌には、故人様の魂が入っていると考えられています。無宗教でも大切な方と向き合う、供養の対象としてお求めになる方もいらっしゃるでしょう。ご不明な点などがあれば家族葬のファミーユへ。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321までお気軽にご相談ください。メールでのお問い合わせ・資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。