最近の気になるお墓事情とは!? お墓の引越しから自然葬まで

今や4人に1人以上が65歳以上となった日本。少子高齢化が進み、 お一人様シニアも増加傾向にあります。このような社会状況の中、お墓の跡取りがいない、お墓が遠方にあってなかなか行けない、お墓を子どもの負担にしたくない、嫁ぎ先のお墓には入りたくないといったお悩みもあり、お墓のあり方も変化しています。その形も多様化し、お墓の引越しや自然葬、納骨堂などさまざまです。今回は、そんな現代のお墓事情についてまとめてみました。
「お墓」関連のコンテンツならこちらもチェック!

お墓の引越しは家の引越しより大変?

「お墓まで遠くて行ってお墓参りができない」「高齢になって遠方のお墓の管理が難しい」
誰しも先祖代々の墓を大事にしたいという気持ちはあるものの、実際にはいろいろな事情でお墓の管理ができなくなることがあります。
管理できないお墓については、今のお墓を片付けてしまって埋葬しなおす「墓じまい」という選択もあります。しかし、代々のお墓をなくしてしまうことに抵抗がある人も少なくありません。
そこで、お墓を近くで管理したいと「改葬」というお墓のお引越しをする人がこのところ急に増えています。ただし、改葬の手続きは思っている以上に大変で、改葬許可証をもらう、檀家や親戚の承諾を得る、閉眼法要を行なうなど、時間と費用、労力がかかるのが実情です。

注目されつつある永代供養墓

そこで今、注目されているのが「永代供養墓」です。「永代供養墓」は、複数の人の遺骨をまとめて合葬するもので、誰もお墓の管理ができなくなったとしても、お寺がずっと供養をしてくれるというお墓です。家族が代々受け継いでいく従来のお墓とは異なり、継ぐことを前提としないお墓のあり方です。
遺骨を納められる場所としては、お墓のほかに「納骨堂」というものもあります。本来は遺骨の一時保管のための場所ですが、こちらも最近では永代供養墓のような役目を果たすようになってきました。永代供養墓は骨を出して埋葬しますが、納骨堂は骨壺に入れた状態で納めます。
「納骨堂」は屋内にあるので老朽化しにくいことと、利便性が良くて気軽に供養に行けることから近年人気があります。

自然葬、手元供養という選択

また、最近ではお墓に限定しない葬送方法も人気が出てきました。いずれもお墓を継承することを前提としない方法です。
・散骨
散骨は、遺骨を粉砕して海や山川などへ撒くものです。海に撒く海洋散骨や山や霊園敷地内の公園などに撒く樹木葬などがあります。ご本人の遺志で散骨がなされることも増えてきました。
・手元供養
分骨して、遺骨の一部を家族が手元に持つ方法です。遺骨でペンダントや指輪などを作り、家族が身につけるもので、アクセサリー感覚で人気があります。お墓がなくても、亡くなった方を常に身近に感じることができます。

このように、最近ではお墓のあり方、考え方が多様化してきました。しかし、まだまだ「お墓」というカタチにこだわる人が多いようです。バリアフリーなどお参りする人のことも考えた霊園も増えていますし、その人らしさが感じられる個性あるデザインの墓石も登場してきました。お参りしたくなるような工夫から考えるとお墓問題の解決の糸口が見つかるかもしれません。