今年の春のお彼岸はいつから? 秋彼岸との違いとは!?

お彼岸と聞いて、何を思い浮かべますか? 人によっては、お墓参りやお仏壇の掃除、あるいはぼたもちと答える方もいらっしゃるかもしれません。「彼岸」とは、私たちが暮らす、この世(現世)=「此岸(しがん)」の対岸を指す言葉で、いわゆる「あの世」を意味します。

お彼岸は年2回、春と秋に訪れますが、どちらも昼と夜の時間が等しくなる「春分の日」「秋分の日」を中日に前後3日間、あの世とこの世が近づく期間とされています。そのため、彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要が行われたり、ご家族でお墓参りをしたりと先祖供養の機会につながっています。今回は、この日本特有の風習、お彼岸についてご紹介します。

「春分の日」「秋分の日」は、誰がどうやって決めるの?

お彼岸の中日となる「春分の日」「秋分の日」が何日になるのかは毎年異なります。両日とも国民の祝日にあたりますが、法律では具体的な日にちが定められておらず、「春分日」「秋分日」と定義されています(内閣府「国民の祝日について)。

「春分日」「秋分日」は、太陽の通り道と呼ばれる「黄道(こうどう)」と地球の「赤道」の延長線が交わる「春分点」「秋分点」を太陽が通過する瞬間を指します。地球は太陽のまわりを1年で1周(公転)しますが、1年=365.24…日のずれなどから「春分日」や「秋分日」も変動するため、固定で○月○日とは特定できないのです。

国立天文台では地球の運行状態が現在と変わらない前提で、「春分日」「秋分日」を計算し、2030年分まで算出しています(国立天文台ホームページ「よくある質問」)。祝日としての正式な「春分の日」「秋分の日」の日にちは、官報に掲載される「暦要項(国立天文台が毎年2月に発表する翌年分の暦」で知ることができます。

お彼岸にやることといえば─仏壇とお墓のお掃除のポイントをチェック!

「春分の日」「秋分の日」を中日とする7日間が「お彼岸」となりますが、最初の日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」といいます。たとえば、2018年の秋は9月23日(日)を中日に、9月20日(木)に彼岸入りし、明けは9月26日(水)となります。

  春彼岸 秋彼岸
彼岸入り 春分の日 彼岸明け 彼岸入り 秋分の日 彼岸明け
2018年 3/18(日) 3/21(水) 3/24(土) 9/20(木) 9/23(日) 9/26(水)
2019年 3/18(月) 3/21(木) 3/24(日) 9/20(金) 9/23(月) 9/26(木)
2020年 3/17(火) 3/20(金) 3/23(月) 9/19(土) 9/22(火) 9/25(金)
2021年 3/17(水) 3/20(土) 3/23(火) 9/20(月) 9/23(木) 9/26(日)
2022年 3/18(金) 3/21(月) 3/24(木) 9/20(火) 9/23(金) 9/26(月)
2023年 3/18(土) 3/21(火) 3/24(金) 9/20(水) 9/23(土) 9/26(火)
2024年 3/17(日) 3/20(水) 3/23(土) 9/19(木) 9/22(日) 9/25(水)
2025年 3/17(月) 3/20(木) 3/23(日) 9/20(土) 9/23(火) 9/26(金)
2026年 3/17(火) 3/20(金) 3/23(月) 9/20(日) 9/23(水) 9/26(土)
2027年 3/18(木) 3/21(日) 3/24(水) 9/20(月) 9/23(木) 9/26(日)
2028年 3/17(金) 3/20(月) 3/23(木) 9/19(火) 9/22(金) 9/25(月)
2029年 3/17(土) 3/20(火) 3/23(金) 9/20(木) 9/23(日) 9/26(水)
2030年 3/17(日) 3/20(水) 3/23(土) 9/20(金) 9/23(月) 9/26(木)
  春彼岸
彼岸入り 春分の日 彼岸明け
2018年 3/18(日) 3/21(水) 3/24(土)
2019年 3/18(月) 3/21(木) 3/24(日)
2020年 3/17(火) 3/20(金) 3/23(月)
2021年 3/17(水) 3/20(土) 3/23(火)
2022年 3/18(金) 3/21(月) 3/24(木)
2023年 3/18(土) 3/21(火) 3/24(金)
2024年 3/17(日) 3/20(水) 3/23(土)
2025年 3/17(月) 3/20(木) 3/23(日)
2026年 3/17(火) 3/20(金) 3/23(月)
2027年 3/18(木) 3/21(日) 3/24(水)
2028年 3/17(金) 3/20(月) 3/23(木)
2029年 3/17(土) 3/20(火) 3/23(金)
2030年 3/17(日) 3/20(水) 3/23(土)

  秋彼岸
彼岸入り 秋分の日 彼岸明け
2018年 9/20(木) 9/23(日) 9/26(水)
2019年 9/20(金) 9/23(月) 9/26(木)
2020年 9/19(土) 9/22(火) 9/25(金)
2021年 9/20(月) 9/23(木) 9/26(日)
2022年 9/20(火) 9/23(金) 9/26(月)
2023年 9/20(水) 9/23(土) 9/26(火)
2024年 9/19(木) 9/22(日) 9/25(水)
2025年 9/20(土) 9/23(火) 9/26(金)
2026年 9/20(日) 9/23(水) 9/26(土)
2027年 9/20(月) 9/23(木) 9/26(日)
2028年 9/19(火) 9/22(金) 9/25(月)
2029年 9/20(木) 9/23(日) 9/26(水)
2030年 9/20(金) 9/23(月) 9/26(木)


お彼岸を迎えるにあたっては、まず自宅にある仏壇をきれいにします。飾ってある仏具を出し、仏壇の埃を払ったら、黒塗り(漆)の部分を乾いた布などでやさしく拭きましょう。その後、埃や汚れを取り除いた仏具を元の位置に戻します。埃を払うには、筆を使うと便利です。仏具店に行くと、専用の筆が手に入ります。仏壇は湿気に弱いため、水拭き厳禁です。また、指紋がつかないように手袋も用意しておきましょう。仏具の配置を覚えていない場合は、事前に写真を撮っておくと、並べる際に役立ちます。

お墓も、普段より念入りに手入れしたいものです。敷地内の雑草やゴミを取り除き、柔らかいスポンジなどで墓石の汚れを落とします。墓石の文字部分は、子ども用の歯ブラシなどヘッドが小さく、隅まで毛先が届くようなブラシが使いやすいでしょう。洗剤が残らないように、よく洗い流すのがポイントです。花筒や線香皿などの小物もきれいにし、最後に乾いた雑巾などで水分を拭き取ります。仏壇やお墓を掃除する際は、開始・終了それぞれ、ご先祖様へのご挨拶を忘れずに。

おはぎ?それとも、ぼたもち? 春と秋のお彼岸の違いとは

仏壇やお墓をきれいに整えたら、お花やお菓子などをお供えします。特にお彼岸には、「ぼたもち」や「おはぎ」をお供え物として作ったり、集まった人で食べたりする習慣があります。どちらも小豆を使いますが、牡丹の花が咲く頃合の春彼岸には「ぼたもち」、萩の花が咲く秋彼岸には「おはぎ」と区別されています。また、「ぼたもち」は牡丹の大輪のように大きく、「おはぎ」は萩の花に似せて小ぶりでやや長めの俵形に作られることが多いでしょう。

さらには、春の「ぼたもち」はこしあん、秋の「おはぎ」は粒あんという違いもあります。これは小豆の収穫時期に関係するようです。収穫したての小豆を原料にできる秋は皮まで柔らかいですが、春まで持ち越した小豆は皮が堅いため取り除いてこしあんにする、というわけです。

お彼岸の基本知識をお伝えしましたが、大切なのは故人様を想う気持ちです。故人様のことを思い出しながら、イメージに合ったお花や、好きだった食べ物などを選ぶことも供養に結びつきます。

多忙な現代でも、個々で偲ぶことはたやすいかもしれませんが、ご家族で一緒にその時間を共にするのは難しいこと。故人様について語り合う良い機会として、お彼岸という風習を見直してみてはいかがでしょうか。

ご葬儀後のご供養に関しても家族葬のファミーユにご相談ください。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321もしくはメールでのお問い合わせ・資料請求(無料)はこちらのフォームまでお気軽に。どんなささいなことでも、お尋ねください。

ご利用いただいた皆さまの声

ご葬儀をお手伝いさせていただいた方から寄せられたエピソードをご紹介いたします。

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」松村雄基さん

「祖母の鶴の一声で“川浜一のワル”に」俳優 松村雄基さん

「厳父との“サシ飲み”」魚住りえさん

「厳父との“サシ飲み”」フリーアナウンサー 魚住りえさん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」脇屋友詞さん

「信じていなかった“易者の父の言葉”」中国料理の鉄人 脇屋友詞さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」瀬古利彦さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」陸上競技指導者 瀬古利彦さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」上島光(広川ひかる)さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」タレント 上島光(広川ひかる)さん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合(元・久保田早紀)さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「葬儀には、故人の人柄が表れる」  リポーター・ラジオパーソナリティー 東海林のり子さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
お気軽に相談ください
0120-774-887
休日・深夜・早朝対応可
24時間いつでもお迎えにあがります

無料で電話をかける

メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。