24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

お悔やみの言葉で使ってはいけない表現はありますか?

お葬式の場では、使ってはならない「忌み言葉」というものがあります。
「重ねがさね」「重々」「度々」「くれぐれも」「再び」「益々」など繰り返す表現である「重ね言葉」は禁句です。不幸が重なるという縁起の悪い理由からです。また、「死亡」「死去」など「死」を直接連想させる言葉や、「消える」「大変なこと」など不吉な言い回しもタブーです。

なかには普段よく使う言葉もあり、うっかり口にしてご家族のお気持ちを傷つけてしまわないように細心の注意を払う必要があります。
「心からお悔やみ申し上げます」
「突然のことで、なんと申し上げてよいか言葉もありません」
「さぞお力落としのこととお察しいたします。どうぞ、お気をしっかりお持ちになってください」
など定番の言い回しを覚えておくと良いでしょう。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ