24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

お悔やみの言葉で使ってはいけない表現はありますか?

お葬式の場で使うのを控えるべき「忌み言葉」があります。

(1)重ね言葉 例:「重ねがさね」「くれぐれも」「再び」「益々」などの、繰り返す表現
(2)不吉な言い回し 例:「消える」「大変なこと」など
(3)「死」を直接連想させる言葉

中には普段よく使う言葉もありますので、うっかり口にしてご家族のお気持ちを傷つけてしまわないために細心の注意を払う必要があります。

弔問の基礎知識とマナー。
何よりも遺族の気持ちに配慮を

「心からお悔やみ申し上げます」
「突然のことで、なんと申し上げてよいか言葉もありません」
「さぞお力落としのこととお察しいたします。どうぞ、お気をしっかりお持ちになってください」
など、定番の言い回しを覚えておくと良いでしょう。



★いざという時に備えて「お葬式の疑問を解決」できる パンフレット+冊子を無料で進呈中!★
※葬儀会社とわからない封筒もお選びいただけます。

request.png

▶オンラインでお申込み(無料)はこちら

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。