24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

警察で安置(検視・検案・法医解剖等)との連絡があった場合には?

日本では年々、病院でお亡くなりになっている方が増え、近年は約8割と言われています。その場合、医師が臨終に立ち会い、死亡診断書を故人様のご家族様に渡します。以降、ご家族様はお見送りの準備へと移ります。

しかし、事件や事故、自殺など、警察が介入する例もあります。帰宅したらご家族様が倒れていて、すでに息を引き取っており、かかりつけの医師が皆無、という場合もそのうちです。身元や犯罪性の有無を特定するため、警察や医師が専門的見地により「検視」や「検案」、「司法解剖・行政解剖・新法解剖などの(法医)解剖」を行いますが、その間お体は警察に預けられたままで、ご葬儀を行うこともできません。

私ども、家族葬のファミーユではそのような場合でも、適宜迅速にご対応させていただきます。具体的にどのようなお手伝いができるのか、説明していきます。

※2018年8月7日公開

警察署にもお迎えに上がります

大切なご家族様が事故や事件に巻き込まれ、命を落とす事態になった場合、警察で一度調べられることになります。その後、お身体は警察署に安置されることとなります。動揺されているなか、警察から聴取を受けたり、引取りを迫られたりすると、さらに混乱し、次に何をすればよいか判断しかねるものです。

警察が介入するといっても、事件性がないと判断され、死因がはっきりしている場合、死体検案書が交付され、早急に故人様のお身体を搬送しなければなりません。その時点で葬儀社が決まっていないと、慌ただしいなかで決断を迫られるのです。

ファミーユは各警察署において、状況に合わせた対応を行い、ご家族様に現在の状況や今後の流れについて、わかりやすくご説明いたします。ご家族様が遠方にいて、すぐに警察署に伺えないという場合でも、電話でスムーズにやりとりができ、警察署へは1~1.5時間でお迎えに上がらせていただきます(道路状況により前後することがございます)。

生前に近いお姿でお見送りしたいという想い

検視・検案の末、犯罪性の疑いがないと判断され、死因が不明な場合は「行政解剖」が行われます。一方、犯罪の疑いがあるとみなされた場合は「司法解剖」となります。「新法解剖(しんぽうかいぼう)」は2013年に施行された、死因・身元調査法に基づいて行われる解剖の一種で、今後も司法解剖、行政解剖と同様、実施件数は増えると予想されています。

解剖の際に必要となる物品(棺・浴衣など)はすべてファミーユでご用意いたしますので、ご安心ください。大学病院などへのお迎えやご家族様へのご説明も行わせていただきます。解剖処置後の傷跡のご処置も承ります。

特に交通事故などでお顔やお身体の損傷がある場合、特殊処置を施し、できる限りご生前のお姿に近づくよう修復に努めます。また、出血が多い場合の止血処置も状況に合わせて対応いたします。

孤独死・DV・ストーカー問題─ファミーユができること

超高齢化社会に伴い、孤独死の問題も無視できないものです。孤独死は、不審死として検視対象となります。

たとえばお一人住まいのご高齢者の方が自宅でお亡くなりになり、発見に時間がかかった場合は、ご遺体の状態がよくないことが想定されます。そのような場合でも状況に合わせ、適切に衛生処置・消臭処置などを行わせていただきます。

さらに身元が確認できない場合はDNA鑑定が行われますが、鑑定結果が出るまで数週間を要することもあります。ファミーユではDNA鑑定による長期ご遺体保管に対応いたします。専用の棺や保管庫にて長期でもお預かりさせていただきます。

そのほか、事件や事故の場合、外部への情報流出・漏洩・マスコミ対策といった、情報管理の徹底にも努めております。DV・ストーカー被害者の方など、所在の特定を防ぐ対策なども行いますので、ご相談ください。

どんなに知識があったとしても、未曾有の状況下では冷静に行動できないものです。そのようなときはファミーユを思い出していただき、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321までご連絡ください。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。