エンディングノートとは何ですか?

エンディングノートとは、自分に万一のことがあった時のために伝えておきたいことを記したものです。「終活」の一環で始められる方も多く、「終活ノート」とも呼ばれています。

遺言のように法的な効力はありませんが、ご自身の葬儀や供養の希望、重篤な病気や脳死状態になったときの考えなどを記しておくことで、ご家族を迷わせずにすみます。また、普段は言葉にしにくい感謝の気持ちなど自分の想いを自由に書き綴ることができ、これまでの人生を振り返るきっかけにもなります。

ファミーユでは終活に関するセミナーや相談も承っております。ご希望の方にはオリジナルのエンディングノート「未来ノート」もご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。