24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

法事の服装は喪服がマナーでしょうか?

法事(法要)の服装は規模によって異なってくるでしょう。一般的に四十九日や一周忌はとりわけ規模が大きいものになるため、喪服が一般的です。三回忌以降は徐々に喪の表現が薄れてくるものの、内輪以外の方も参列するのであれば、ご家族やご親族側は、黒ベースのスーツ、ワンピースが無難でしょう。
参列者の立場としては、ご家族よりも平服に近い装いが基本です。案内状で「平服でお越しください」とあれば、正式喪服でない、黒や濃紺、濃いグレーなどの地味な色合いのスーツ、ワンピースがよいでしょう。男性であればネクタイ、女性なら肌色のストッキングやパンツスーツなどでドレスダウンの調節を。

法事の服装の関連記事

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ