24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

死装束(しにしょうぞく)とは何ですか?

納棺の前にご遺体に着せる服のことです。宗教によって異なり、仏式では麻や木綿の白い単衣に経文を書いた「経帷子」を着せ、手甲脚絆、白足袋・わらじ、六文銭(三途の川を渡るときの心づけ)、数珠をつけます。神式では白い小袖袖が伝統的です。ただし、同じ仏教でも死装束は必要ないとされいる宗派もあり、キリスト教では特に決められた死装束はありません。最近では故人様が好んでいた服や浴衣を着せ、納棺のときに、その上に紙製の経からびらをかけることが多くなりました。死装束の着物は、通常とは逆の「左前」にします。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ