24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

キリスト教(カトリック)の葬儀後に行うことを教えてください。

キリスト教では追悼儀礼について特別な決まりはありません。カトリックでは、亡くなった日から30日~50日の間に行われる納骨式の前に「追悼ミサ」が行われます。また、命日にミサを行ったり、命日に近い日曜日のミサで祈りを依頼することも多いようです。11月は「死者の月」とされ、「死者の日」の11月2日には死者のための特別なミサが行われます。追悼ミサでは、教会に遺族や近親者、友人などが集まって神父の司会のもと聖歌や祈りを捧げます。ミサの後には茶話会などを開いて故人様を偲びます。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。