通夜ぶるまいでは、どのような挨拶をすればよいでしょうか?

通夜ぶるまいに入る前に僧侶や親族、弔問者の方にひと言挨拶を述べるのも喪主の務めです。お礼とともに、ご葬儀・告別式の日時などをお知らせします。

-----------------------------

<通夜ぶるまいの挨拶例>

本日はお忙しいところ、〇〇のためにお越しいただきまして誠にありがとうございました。

おかげさまをもちまして、とどこおりなく通夜を終えることができました。皆さまがたにお集まりいただき、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。

なお、明日の葬儀・告別式は〇時より〇〇でとり行う予定です。お時間が許すようでしたら、ご参集ください。

別室にてささやかな酒肴(しゅこう)をご用意いたしましたので、召し上がりながら故人をしのんでいただければ何よりです。

-----------------------------

喪主様がご挨拶をされる場面はたくさんあります。挨拶の内容やタイミングなどはファミーユがサポートしますので、ご安心ください。他にも不安な点がございましたら、どんなささいなことでもご相談ください。