夫婦で1冊のエンディングノートを書いてもよいでしょうか?

むしろ好ましいことです。最近、ご夫婦で事前相談に来られる例も増えています。一緒に考え、話し合うことで情報がまとまり、より精査されたエンディングノートが完成するでしょう。
また、エンディングノートは見直し、書き直すことが前提です。どちらかの情報が新たになった時、同時に刷新するよいタイミングとなるでしょう。
さらにエンディングノートの存在を、遺品整理のときに初めて知るケースも少なくありません。ご夫婦だけでなく、ご家族一同が集まった時に内容や保管場所を共有しあうのもおすすめです。
ちなみに遺言はご夫婦であっても1通にまとめることはできません。「最後の共同作業」としてご夫婦ならではのエンディングノートを作成してみてはいかがでしょうか。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ